C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

日本スキー博物館

スキーシーズンに野沢温泉に行くと凄まじい混雑で、ただでさえ狭い道路に大勢の観光客がひしめき合っている様はアメ横とか原宿の竹下通りにも劣らない。

「田舎の温泉街だから空いてそう」という知人の言葉を信じて行った数年前の私は迫り来る人波ビッグウェーブに飲み込まれ、千曲川下流で冷たくなって発見された。吉村と村田はダウンヒルの途中で息を引き取った。

f:id:wandercspot:20201222161132j:plain

(東京の野沢温泉こと原宿竹下通り)

それだけ野沢のスキー場は人気があって、2019年度には述べ34万人が訪れている。稼働時期は12月~3月のせいぜい4カ月だから、もし1年中雪が降り続けるなら34万×3=102万人。私の集客力は102万です。遊園地入園者数ランキング4位のとしまえん(112万)に近い数字だ。潰れてしまったので説得力皆無だが。

f:id:wandercspot:20201222161102j:plain

というわけでスキーの博物館があるんですね。”日本”スキー博物館と、国名を冠につけるとは大きく出たもんだ。しかし、この名前がまったく大袈裟で無いことを思い知らされるのです。
入館料は300円。

f:id:wandercspot:20201222161116j:plain

まず最初の展示室。ぐるっと1周、説明パネルやスキー用品・記念グッズで囲まれています。300円ならこれくらいのボリュームかと思ったところで、奥に続いている通路が目に入ります。まだあるのかな?

f:id:wandercspot:20201222160905j:plain

ありました。このサイズの部屋があと2つ+ビデオゾーン。結構広い。

古代から現在までのスキー用品を並べてあるのですが恐らく数百点ある。ゆっくり見てたらだいぶ時間かかりますね。

f:id:wandercspot:20201222161046j:plain
f:id:wandercspot:20201222160920j:plain

んで更に、最初の展示室の階下にも広がっているんですよ。ここが一番ヘビーで、「冬季オリンピックを第1回から全て振り返るコーナー」「各大会の記念グッズたち」「雪国で使われていた民具」「他のゾーンに分類できないものをまとめましたエリア」。

全部じっくりみたら2時間はかかる。これで僅か300円とはデフレの極み。日銀の黒田総裁が知ったら怒りのマイナス5000%金利発動する恐れがあるので日銀職員は教えないように。

f:id:wandercspot:20201222160834j:plain

じゃあ最初の展示室から軽く見てみますか。内容は野沢温泉スキー場の発展の歴史。
我が国にスキーが本格導入されたのが1911年ですが、野沢温泉には1912年とずいぶん早く伝わったそうです。当時のスキーはスポーツではなく、大雪でも使える交通手段として普及されたので、雪国の野沢でも必要だからこそ導入したんでしょうね。

f:id:wandercspot:20201222160721j:plain

とはいえスポーツとしての人気も高まったようで、1924年にはスキー場開設。
写真は当時のスキージャンプ練習のところ。人生\(^o^)/オワタ 式で飛ぶと芸術点が上がるのでしょうか。

f:id:wandercspot:20201222160736j:plain

1930年には世界的な指導者ハンネス・シュナイダー野沢温泉を訪問してスキー教室を開催。「銀嶺の王者」と呼ばれていたこの人はスーツ着用、ズボンは膝までたくし上げという摩訶不思議なファッションと温度感覚で地元を熱狂させました。寒くないの?

f:id:wandercspot:20201222160818j:plain
f:id:wandercspot:20201222160847j:plain

1949年に国体(写真左)、高度経済成長期でのスキーブーム、長野オリンピックではバイアスロン開催(写真右)と、国内有数のスキー場として地位を確立。ピーク時には100万人/年もの利用者があったそうですが、バブルがはじけてレジャー産業は爆死。利用者数も1/3以下まで落ちこんだものの、民間事業者を入れて奮起したことで40万人まで数字を戻しましたとさ。
wikiでは「村営だったころは団体客を優先したため個人客を逃し、そのあと団体客も来なくなった」とプギャー感を隠し切れない書き方で笑える。野沢温泉に恨みでもあるのだろうか。野沢菜が鼻に詰まって死にかけたとか。

f:id:wandercspot:20201222160934j:plain

冬季オリンピックの歴史コーナー。量が多すぎるので見るのは第1回大会だけね。
1924年にフランスのモンブランで開催されました。16か国出場したがノルウェーフィンランドが強すぎて他大勢ボコられる展開だったらしい。日本は前年に関東大震災が起こったため欠場、第2回大会で初参加しました。
写真真ん中の男性”ナチスの某男性”感すごいけど違います。選手宣誓のシーンです。宣誓!僕たち、私たち、戦争が好きだ。

f:id:wandercspot:20201222161001j:plain
f:id:wandercspot:20201222161015j:plain

最後に岡本太郎。全国どこにでも出没する妖怪みたいになってますが野沢温泉にも来てます。スキー大好きらしくて本まで書いてるんですね。このスキー板とお湯マークのデザインをしたそうです。

板の方はあまり奇抜ではないけど、お湯マークはどう見ても岡本太郎ですね。こんなデカい蜘蛛みたいな温泉があってたまるか。

おしまい

 

【滞在時間】40分

【混雑度】★(誰も居ない)

【URL】

www.nozawaski.com