C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

松代象山地下壕

1944年7月サイパン陥落。米軍による本土攻撃の可能性が現実味を帯びた大日本帝国は、海岸線に近い東京に首都機能を置いておくのは危険と判断。大本営・皇居・政庁の内陸移転を検討する。
選ばれたのが、信州の松代(現 長野市)であった。
その理由は・・「信州は神州に通じるから」。は?

 

いや他にも理由はあるわけだが、これはマジです。落ち着いて欲しい。
当時の大本営は本気で「信州人は純朴で人情に篤いから、天皇陛下の御座所に相応しい」「松という字は縁起が良い」として松代を選んでいるのだ。
占星術でスタメンを選んでいたサッカーフランス代表ドメネク監督でも、国を任されたときはもう少しマシな手法を思いついたかもしれない。

f:id:wandercspot:20201201152641j:plain
というわけで松代の山中、10kmに渡る地下壕をブチ抜いてそこに皇居や政府機関を置こうとしたのだ。帝愛の地下シェルターどころじゃない。全工程の8割が完成したが、工事は強制終了となった。終戦を迎えたから。


他の軍事施設もそうだが、進駐軍にバレないよう関係資料は片っ端から破棄されたので地下壕建設の記録は殆ど残っていない。たださすがに東京ドーム半分ほどの面積がある地下壕を埋めるなんてことは(阪神ファンならやるかもしれないが)できませんでした。

f:id:wandercspot:20201201152902j:plain

それを戦争の遺構として保存し、一般公開しているのです。
松代駅バス停から徒歩15分。入場は無料。
ちなみに一連の施設で「大本営舞鶴山地下壕跡」というのが近くにあるのですが、そちらは外から見るだけでトンネル内には入れません。

f:id:wandercspot:20201201153004j:plain

トンネル内のマップ。
さっき書いたように全長10kmもあるんですが、一般公開は500mのみ。他の部分はおそらく予算の都合で落盤防止処理とかされてないのでは。スネークしたいなら止めはしないが、終戦後70年ぶりに殉死者名簿が更新されるであろう。
しかし往復1kmあると思うとこれでも長いやね。

f:id:wandercspot:20201201152950j:plain
f:id:wandercspot:20201201152847j:plain

では入坑しますか。
観光用の鍾乳洞と違って戦時遺構だから、小さい落石の恐れも0では無いので、ヘルメット着用です。

f:id:wandercspot:20201201152656j:plain
f:id:wandercspot:20201201152802j:plain

中は鍾乳洞と一緒で涼しいですね。ライトが設置されているので暗くはないです。
公開用通路以外にはフェンスが張ってあり立ち入りできません。侵入したとしても明かり無さそうなので、漆黒の闇の中を手探りで彷徨う羽目になりそう。コウモリのおやつになりたくなければスネークは控えた方が良い(現地にコウモリはいませんでした)

f:id:wandercspot:20201201152714j:plain

当然ですが戦時中はシールド工法どころか重機すら無いので、手掘りだそうな。岩壁が荒くデコボコしてるのはそのせいでしょう。
松代が選ばれた理由の1つに、この山の岩盤がめちゃめちゃ強固で銃撃されても耐えられる、という点があった。そのクソ硬岩盤を労働者1万人動員して、12時間交代制で突貫工事させていたのだ。帝愛がホワイト企業に見えてきたな。

f:id:wandercspot:20201201152933j:plain

労働者の待遇については、建設時の記録が残っていないので、実際に働いていた人の証言のみ。
地下壕の近くにある山寺常山邸という施設の展示資料によると、
「ダイナマイトの不注意で死者はしょっちゅう」「多い日は1日6人が死んだ」「飯場の葬式に25~6回いった」。とりあえず地獄だということは分かった。
また朝鮮人労働者がずいぶん駆り出されていたようで、これが「強制労働だ」「いや自分から申し出たんだ」と、いつもの話になっている模様。

f:id:wandercspot:20201201152729j:plain
f:id:wandercspot:20201201152744j:plain

掘削現場が生々しく残っている部分もあって、天井にロッド(棒)が突き刺さっていたりする。岩盤を掘る時、この削岩機ロッドを岩に突っ込んで穴を開け、ダイナマイトを仕掛けて発破するそうですが、爆発の衝撃で岩から抜けなくなったロッドが結構あります。

f:id:wandercspot:20201201152817j:plain

坑道内にはトロッコを敷いていて、線路の枕木跡を見られます。掘り出された石くずをトロッコに乗せて手押しで搬出してました。想像するだけで疲れる。

f:id:wandercspot:20201201152832j:plain

そんな遺物はいくつかあるんですが数は少ないので、基本は暗い坑道内を淡々と歩くことになります。回りに誰も居ないと、自分の足音しか響かなくなる。無の世界。耐え切れず「ぬわああああぁぁ」と発狂して叫びそうになったが恐らく入り口付近の人には聞こえてしまうので止めておいた。
そしてここが終点です。あとは引き返して終わり!

f:id:wandercspot:20201201152918j:plain

ところでこの大本営計画、戦時中は皇室に知らされてなかったらしい。戦後になって昭和天皇が松代を訪れたときのコメントが「この辺に戦時中、“無駄な穴”を掘ったところがあるというが」。不謹慎だが大本営必死の大工事が「穴」の一言で切り捨てられてて笑ってしまった。

 

おしまい

 

【滞在時間】30分
【混雑度】★★★(ちらほら)
【URL】松代象山地下壕 - 長野市ホームページ

 

エビスビール記念館

アサヒスーパードライ 198円
キリン一番搾り 205円
プレミアムモルツ245円
エビス 245円
近所のコンビニで売られているビール1缶の値段です。「エビスとプレモルは高級酒」と職場の同僚が言っていたが、50円の差はビール界、、というよりお小遣い制の家庭では生き死にを争う問題らしい。第3のビールしか許されない家ではマッチを擦ると炎の中に恵比寿様が浮かんで見えるとか(翌朝冷たくなって発見される)

f:id:wandercspot:20201130002747j:plain

緊縮財政のご家庭でも、エビスビール記念館に来た時くらいは許してもらえるでしょう。有料だけれど試飲バーがあるのです。
展示室でエビスの歴史を概観し、ビール製造者の奮闘とこだわりを知った後は誰だって1杯飲みたくなるはずであり、奥様もその時くらいは慈悲深い弁財天に。

f:id:wandercspot:20201130002802j:plain
f:id:wandercspot:20201130003132j:plain

入館料は無料。コロナのため入場者制限があり、土日だと少し待つかもしれませぬ。
受付を抜けると、高級ホテルのロビーのような、洗練された優雅な空間。アルコール目的でホイホイ入館した不心得な精神を叩き直すのです。

f:id:wandercspot:20201130002833j:plain
f:id:wandercspot:20201130002849j:plain

では展示室でエビスビールの歩みを見ますか。
横浜に醸造所が誕生した1869年から日本ビール史が始まるわけですが、エビスの発端は1887年日本麦酒醸造会社の設立。
畑や山林だらけの現 目黒区に近代的な醸造所を立ち上げたのだ。突如こんな建物できて近隣住民ビビったろうな。西部開拓時代のアメリカみたいな絵面である。

f:id:wandercspot:20201130002903j:plain
f:id:wandercspot:20201130002917j:plain

記念すべき最初のエビスは1890年販売。
ただ当時のビール1本の値段は20銭で、かけ蕎麦が2銭だった。10倍の差。今で言うと、駅そば1杯400円として、ビール1本4,000円となる。「とりあえずビール」なんて言ったら反感を食らい、口一杯に大麦を詰め込まれてしまうだろう。

Embed from Getty Images

そこでエビスが銀座に開設したのがビアホール。工場から作りたての生ビールを直送してキンキンに冷やしたジョッキで提供したのだ。大評判になり連日満席。ビールの普及が進みましたと。
それでも500mlで10銭したらしい。さっきの計算だと2,000円。口に詰め込まれるのが大麦から小麦に変わったくらいかもしれん。

f:id:wandercspot:20201130003019j:plain
f:id:wandercspot:20201130002931j:plain

ビアホールではおつまみも提供されましたが、人気商品はおでんとか大根スライス。和風ゥ!これはビールより日本酒では。
まぁソーセージなど肉製品はまだ広まってなさそうだからね仕方ないね。

f:id:wandercspot:20201130002947j:plain

売上好調のエビスさんは、ビール輸送専用の貨物線まで工場に引いてしまったようです。これが後の恵比寿駅に繋がります。
すると周辺の地名も恵比寿に改称されたのだ。企業名が地名に影響を与えるケースは時折ありますね(川崎に“東芝”が付く地名がある)。

f:id:wandercspot:20201130003002j:plain

好調そうなエビスさん(日本麦酒)ですが、1906年に札幌麦酒(サッポロ)、大阪麦酒(アサヒ)と合併して大日本麦酒(株)を誕生させます。これで市場シェアはなんと7割に。独禁法違反では。
wikiによると、仕掛け人はエビスのボス馬越恭平。「国内ビール市場は過当競争であり、また輸出を促進するために必要だ」と政府を説いて実現させたとのこと。
国益を持ち出しつつ大資本同士で提携。自分は安全な立ち位置を築いておきながら、対立していた中規模ビール会社を何社も吸収していき、市場は大日本麦酒とキリンの2強状態、、というか他に居ない感じになります。せこい、さすが資本家せこい。

f:id:wandercspot:20201130003033j:plain
f:id:wandercspot:20201130003047j:plain

そんな大手ビール会社も強制イベント「第二次世界大戦」で大打撃。物資不足の深刻化、また贅沢品と見なされたのでしょうか、製品規格が統一化され、オリジナルブランド製造が出来なくなりました。
エビスのラベルは剥がされ、代わりに用いられたのがこちら。ま、、まずそう(まずそう)。消毒用アルコールが入ってそう。

 

戦後になると大企業解体の流れで、大日本麦酒(株)も2社に分割。現在のアサヒとサッポロになります。。。。あれ?
・合併時:エビス+アサヒ+サッポロ⇒大日本麦酒
・解体時:大日本麦酒⇒アサヒ+サッポロ
エビスはどこに行ったのかしら。。

f:id:wandercspot:20201130003118j:plain

なんとエビスビールは消えてしまいました。残念!
ちなみにサッポロビールのHPを見ると、「日本麦酒(エビス)はサッポロの前身です」とある。いや君らの前身は札幌麦酒醸造所だからそれは経歴詐称では。
むむ、これは戦後のどさくさに紛れて旧サッポロ勢がエビス乗っ取りを企てたに違いない。あるいは、合併時に旧エビス社員は全員殺されており、サッポロ社員が成りすましているとか。つまり犯人は・・!(このあと小学生に背後から麻酔針を撃たれる)

f:id:wandercspot:20201130003103j:plain

というわけでエビスビールという商品は無くなってしまったのですが、戦前の人気銘柄なので支持層も多数おり、1971年にサッポロビールより再販売されるのです。
戦前でも本場ドイツの味を表現できていると外国人からも好評でしたが、ドイツ産のホップ使用・長期熟成で円熟した味わいを造りだし、高品質でお客さんの期待に応えましたとさ。めでたしめでたし。

f:id:wandercspot:20201130002819j:plain

というエビスの紆余曲折を見終わった後で、お楽しみの試飲バーへ。客席キャパが少なめなので並びます。私が行ったときは館内自体は混んでいなかったけれど、バーは30分待ちでした。

1杯400円で6種類のビール、1種類のビアカクテルから選べます。

f:id:wandercspot:20201130003146j:plain

来たのがこれ。試飲というか完全に乾杯するボリュームじゃないか。
普段ビール飲まないので相場わからないのですが、観光施設で400円でこれならだいぶお得では。
おつまみも売ってまして、展示室で見たおでんセットもメニューにあります。なので完全に飲み会モードに入ってしまったお客様も。30分待ちになった理由がよく分かったよ(30分の利用制限があるので、永遠に並びっぱなしは無いです)

 

おしまい

 

【滞在時間】120分(バーで50分)

【混雑度】★★★(そこそこ)

【URL】

www.sapporobeer.jp

 

ハーブ庭園 旅日記 勝沼庭園

f:id:wandercspot:20201126164945p:plain

ハーブを中心に色とりどりの花々を楽しめるガーデン、なのだがサジェストで怪しまれていて笑った。槇原敬之伊勢谷友介が買い付けにでも来たのかな?

f:id:wandercspot:20201126163452j:plain
f:id:wandercspot:20201126163438j:plain

いいえ、普通に観光地です。
そこそこの敷地規模、広い駐車場、入場無料、お土産もあるのでツアー御一行さま絶好の休憩スポットである。行ったのは9月なんですが、観光バスがひっきりなしに来てました。
自動車で行くとは軟弱者が!という方は勝沼ぶどう郷駅から甲州市民バスぶどうコースに乗車、「等々力公民館前」から徒歩10分です。1日に3本しか無いので帰りはタクシーですけどね(結局車)

f:id:wandercspot:20201126163530j:plain

まずは園内のガーデンを散策。結構広くて、ゆっくり回っていると20分はかかる。
200種類ものハーブが植生とのこと。それだけではハーブ単騎掛け野郎になってしまうので季節の花々も置いてます。このときはコスモス多めでした。

f:id:wandercspot:20201126163602j:plain

採取したハーブでオリジナル化粧品を作っております。化粧水・石けん・スキンミルクなど。
園内の数か所に置いてあって自由にお試し可能。ただ消毒液ジェルを併用すると全てヌルヌルして分からなくなるので、「ハーブハーブ羽ー生…ブツブツ」とハーブ意識を高めていくと違いを感じられ、竜王戦に勝てます。

f:id:wandercspot:20201126163631j:plain
f:id:wandercspot:20201126163548j:plain

巨石モニュメントが目立つんですが、石和温泉にある「宝石庭園 信玄の里」という施設と同じグループらしいんですね。あちらでも大規模敷地に宝石や岩石ばんばん並べて石の庭園にしているので、そこから流れてきた石ではないかと推測。
ただ売店の人に聞いたら「そういや同じ会社だねぇ。知らんけど」とそっけない回答。合併後のみずほ銀行みたいな内部対立でもしてるのかしら。

f:id:wandercspot:20201126163721j:plain
f:id:wandercspot:20201126163705j:plain

池ではアヒルさんや鯉が泳いでいて、鯉にはエサやりできるのです。
しかしコロナ媧での来客減からか空腹だったようで、投げ込んだ瞬間この有様。岩の上に登りかけてた鯉もいたからね、怖いわ。飢餓状態すぎる。ハーブを食べれば苦痛を忘れて幸せになれるんじゃないかな(違法)

f:id:wandercspot:20201126163514j:plain
f:id:wandercspot:20201126163808j:plain

室内に入ります。ガーデニング用ハーブの売店です。
面白かったのがステビアという種で、葉っぱをちぎって口に含むと甘味が広がるのだ。砂糖の200倍の甘さでカロリーほぼ0。サンドウィッチマンに教えてあげたい。

f:id:wandercspot:20201126163736j:plain
f:id:wandercspot:20201126163751j:plain

もう一つの売店はお土産用のハーブ製品やお菓子がメイン。カフェもあってハーブティを楽しめます。
「世界で2番目に美味しい」というソフトクリームも。すまない、ツッコミ待ちは帰ってくれないか。ラズベリーアイスだったと思う(忘れた)
たしかに美味しかった。世界で2番目かもしれない。でも2位タイが5,000個くらいあるかもしれない。

 

おしまい

 

【滞在時間】1時間
【混雑度】★★★★(すぐ横に人)
【URL】

herb-teien.com

 

クンチョウ酒造

大分県日田市にある酒造です。日本酒メインですが焼酎もあります。周辺の山岳が生み出す地下水は高品質で、昔から酒造りが盛んな地域だそうです。
市内には他に2つ酒造があり、サッポロビールの工場、いいちこの蒸留所も稼働しています。下町のナポレオン、九州の山岳出身かよ。

f:id:wandercspot:20201126151525j:plain

資料館が併設されているとのことで、ブツを入手するついでに寄ることにしました。
日田駅から1.5km。車は、近隣の市営駐車場を選んでどうぞ。日田は「小京都」と呼ばれる街並みがあり、散策を楽しめるように幾つか無料の駐車場があるのです。

f:id:wandercspot:20201126151540j:plain

全体図。右下の建物が入場口&ショップ。まずはここを通り抜けて中蔵にある資料館を見学し、ショップに戻ってきて試飲&買い物という流れ。無料です。ただ酒造りの現場には入れません。
かなり歴史のある建物で、1918年竣工の南蔵を除けば、あとは江戸~明治初期の建造なのだ。

f:id:wandercspot:20201126151637j:plain
f:id:wandercspot:20201126151623j:plain

ショップを抜けて資料館に向かう、、前に「お酒の学習室」なるものがあったので寄ります。
酒の製造工程が掲示されているくらいで、特に展示品は無かった。休憩スペースか。
しかし壁一面に貼られている表彰状の多さ。鑑評会に毎年出展しては何かしら受賞しているようです。

f:id:wandercspot:20201126151653j:plain

奥に進んでいくと突然お米を蒸す匂いが流れてきました。通路で思いっきり炊いております。漂う蒸気と熱気。
飲食品の調理現場を見ると購買意欲が高められるような気がしますが、同様に来園者の脳内も「酒飲みたい」一色に染められ、帰りのショップでは支出計算ができなくなっているのです。計算高いな、クンチョウ酒造(早く飲みたいだけ)

f:id:wandercspot:20201126151709j:plain
f:id:wandercspot:20201126151725j:plain

さてこの階段の上が酒蔵資料館です。1826年建造の貯蔵庫を利用しています。
江戸時代の設備なので、、明かりが全然ないね。展示品が見えなくて笑える。窓から入ってくる日射を頼りにするしかありません。

なるほど、当時の酒造りは暗い中でやっていたから大変だったと体感させるのが目的ですね(錯乱)

f:id:wandercspot:20201126151740j:plain

置いてある品は昔の酒造りの道具ですね。資料館というより、自分ちの物置を一般開放している感じである。
100点近く展示してありますが、酒造機具クラスタでもない限り観覧時間は5分程度で十分かと思います。

f:id:wandercspot:20201126151555j:plain

ショップに戻ると、店員さんが試飲の準備をしてくれています。3種類くらい飲ませてもらったかな。にごり酒の原酒に氷入れてロックにしたのが旨すぎて無限飲酒列車編になるところだった。
あ、飲むのに夢中で写真撮ってませんでした、すまそ。
飲めない方のためにアイスやケーキも売ってましたね。運転手さんは飲酒する同乗者達を呪いながらホールにかぶりついてどうぞ。

 

おしまい

 

【滞在時間】45分

【混雑度】★★★(ちらほら)

【URL】天領日田クンチョウ酒造

 

天領日田資料館

大分県の日田は天領天領は、幕府の直轄領という意味です。政庁が置かれて役人が多かった、ということは商売したい連中も付いてきた。

役所相手の大口契約で大商人や高利貸しが出現。彼らは情報網と資金を持っているので都会の流行を取り入れた建物や振舞いが広まり、京都や江戸のような街並みを作り出しました。

そういう特殊な立ち位置を土壌に発展した日田の町の、歴史と文化を紹介する資料館ってことだそうです。

f:id:wandercspot:20201125171239j:plain

(資料館外観)

日田に来て思ったが、「日田」と「天領」をまるで一単語のように言うのね。天領日田まつり、天領日田洋酒博物館。日田天領水。「カンニング竹山」と同じようなものか(違う)
まぁ天領であることを日田の人々はそれほど誇りに思っていた、ということでしょうか。単に「ひた」って言うより語呂も良いし。

f:id:wandercspot:20201125171208j:plain

(展示室はだいたいこれくらいの広さ。画像は別の博物館です)

展示室は1つだけ。資料を1つ1つガン見しても所要30分ですかね。入館料は320円。

残念ながら内部撮影禁止です。幕府による検閲が厳しいのかな?カメラを取り出した瞬間、刀を構えた武士2名が速攻で寄ってきて、いいちこを口の中に突っ込んでいきます(いいちこ工場が日田にある)

f:id:wandercspot:20201125171225j:plain

天領の歴史は秀吉の治世からスタート。
日田は元は豊後国を治める大友家の所領でしたが、その当主が朝鮮出兵の際に敵前逃亡という銃殺刑なみのチキンをやらかしたので、秀吉怒りのデスロードにより日田は豊臣家に没収されました。
九州各地に繋がる交通の要所なので、この事件が無くとも秀吉狙ってたんじゃないか感ある。
そんなわけで、館内には秀吉による朱印状が飾られています(画像はイメージで武田信玄の書状です)

 

江戸時代には日田藩として大名の統治下におかれた時期もありましたが、基本的には幕府の直轄領で代官が勤務。
1767年には「西国郡代」に昇格。九州全体の直轄地を広く監督する任務を与えられます。

f:id:wandercspot:20201125171147j:plain

(府内藩の本拠 府内城。  大分市HPより)
給料も増えて17万石に。近隣諸藩と比較すると、薩摩藩は80万石程でさすがに規模が違うんですが、府内藩とか臼杵藩など10万石にも満たないところも結構あったようです。

地元企業の社長よりも、大企業の地方支社の営業部長の方が金持ってますって感じでしょうか。きっと3年2か月の過酷な一人旅(単身赴任)で来ているのでしょう。アイアイアイアイ。

f:id:wandercspot:20201125171139p:plain
f:id:wandercspot:20201125171201j:plain

(画像は日田市HPから)

さきほど商人が先進文化を取り込んできたと言いましたが、その成果の一つが祇園祭
京都の祇園祭のまねっこですが、当時日田で流行っていた華道の影響で、山車に幟や御幣、人形にミニチュアハウスまで載せだしたようです。華道ってそんな「麺堅め脂多めニンニク増し」みたいな注文するんですか。
しかしこの家系インスパイアみたいなお祭りがユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録されたわけです。これだったら「家系・つけ麺・蒙古タンメン中本」も登録できるのではないか。

f:id:wandercspot:20201125171136j:plain

明治になると当初は「日田県」が設置。初代知事は、のちに首相まで上り詰める松方正義。若干33歳で就任したそうな。
別府に港を築造して温泉都市を作り上げたり、日本初の近代孤児院を設立したり、大規模な紙幣偽造犯を検挙したりと大活躍。そのため2年で中央政府に引き抜かれてしまいました。
その2年後、日田県は大分県に吸収されて消滅します。歴史おわり。ちゃんちゃん。

f:id:wandercspot:20201125171151j:plain
f:id:wandercspot:20201125171156j:plain

最後に「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」なる、読み仮名を振る気にもならない難読鏡の説明。戦前に日田で発掘されたものですが、なんと三国志でお馴染み、曹操の墓から出土した鏡に酷似しているらしい。中国の最高権力者が持つような宝物が日田にあるとは。むむむっ。
魏志倭人伝では、「魏の皇帝が卑弥呼に鏡100枚送った」と書いてあるそうな。邪馬台国は日田にあった?卑弥呼蒙古タンメン中本をいいちこで流し込んでいたのかもしれない。

 

おしまい

 

【滞在時間】30分

【混雑度】★(誰も居ない)

【URL】天領日田資料館 | おいでひた