C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

菅公歴史館(太宰府)

f:id:wandercspot:20211010094427j:plain
f:id:wandercspot:20211010094503j:plain

太宰府天満宮といえば、宮中に祟りを起こしまくった菅原道真公をなだめるため祭神として祀っているところ。

祟りの内容としては

・道真の大宰府追放の首謀者、藤原時平が謎の熱病で、源光が泥沼に転落して溺れて死亡

・道真追放時の帝 醍醐天皇の皇太子さらにその嫡子が病没。

・宮中に落雷直撃して火災発生、醍醐天皇の側近 藤原清貫をはじめ死亡重傷多数。

・この災害のショックで醍醐天皇が倒れ、そのまま崩御

 

落雷事件は道真死去から30年ほど経過しているにもかかわらず道真のせいにされているので、当時の人々がいかに道真にブルっていたか分かりますね。今朝お腹が痛かったことも、牛車がちゃんと動かなかったのも、岸田総理が何か発言するたびに日経平均が下がっているのも全部道真の祟りだから小泉進次郎あたりを人身御供にし「レジ袋有料化してすみませんでした」と謝っておいた方がよい。

f:id:wandercspot:20211010094514j:plain

というわけで(?)、天満宮本殿の裏手にある菅公歴史館で道真公の生涯その他いろいろ展示しています。博物館というより社員寮か事務所のような見た目なので気が引けますが、展示内容が道真の怒りを買って雷を落とされても非木造建築なので耐えられるメリットがあります。同じ轍は踏まぬのだよ(本殿に落とされた場合は除く)

f:id:wandercspot:20211010094536j:plain
f:id:wandercspot:20211010094525j:plain

入館料は200円。

展示の半分は菅原道真の生涯における重要シーン16場面を、伝統工芸の博多人形で再現したもの。なお現在は用いられていない古い工法で作られたそうな。見た目以上に凄まじい金額が掛かっていると思われる。

f:id:wandercspot:20211010094548j:plain
f:id:wandercspot:20211010094601j:plain

幾つか見てみましょうか。

弓矢を引いているのが道真26歳。官吏登用試験の受験直前、その試験官のホームパーティーで弓の会が行われ、道真がやったらど真ん中的中。いやあ文武両道ですね道真公^^ ってエピソード。

なおこの試験官と道真は不仲だった説もあり、そんな相手の家に乗り込んで弓矢打ち抜いて帰ってくるあたり道真けっこうなサイコパスと思われる。

 

官吏就職後は朝廷が発する文書の作成、そして道真の専門は紀伝道(歴史)なので、何事も前例主義である宮中において「こういうことやりたいけど前例あるの?」という意見照会への回答。つまり天皇藤原氏の行動にお墨付きを与える重要な役割を担ってました。

f:id:wandercspot:20211010094613j:plain

なのでずっと京都にいたのだが、42歳の時に讃岐守に任ぜられ、うどん国へ赴任。現地では善政を敷いて民に慕われましたーという場面。

ただ本人はこの異動がよほど嫌だったらしく、出発前の送別会で悲しみのあまり号泣したあげく途中で家に帰る暴挙を果たしている。じゃあ残った人だけで二次会いきますか。

なお4年の任期を終えて戻ってきたときも「もうやりたくない」旨の言葉だか漢詩だかを残しており、慕ってあげたのにクソほど拒絶されてしまった讃岐の人々に憐憫の情を禁じ得ない。

 

讃岐から戻った後は宇多天皇により重用され政事の中心人物として君臨しましたがアンチ勢力も増え、突然の太宰府追放。道真の娘が宇多天皇に嫁いでおり、その子を天皇に担ごうとした罪で訴えられたので、左遷というより罪人扱いですね。

f:id:wandercspot:20211010094637j:plain
f:id:wandercspot:20211010094648j:plain

そんなわけで九州上陸。一番後ろで荷物担いでいるのは味酒安行(うまさけのやすゆき)という安居酒屋の神様みたいな名前のオッサンですが、道真を慕って九州まで付いてきて、死去後は道真の墓所に廟や寺を建て、それが現在の天満宮になりました。オッサン有能。

 

と、こんな感じの人形が16体あるわけです。

残りの半分は、天満宮のイベントとか、郷土グッズの紹介コーナー。

f:id:wandercspot:20211010094744j:plain
f:id:wandercspot:20211010094808j:plain

この雅な雰囲気の宴会は「曲水の宴」。8世紀に大宰府に赴任した大伴旅人くんが、古代中国で行われた歌詠みイベントを真似て開催したものですが、現在は毎年3月に実施されます。道真公は罪人として配流されてきたので、彼の時は開催されていないと思われる。

庭を流れる小川の上流から酒盃が流されるので、それが自分の前を通り過ぎる前に和歌を短冊に書き込み、盃を受け取る。これ実は、時間内に詩が作れないと目の前を延々と酒が通り過ぎてっていつまでも飲めないという、残酷きわまりない時限式ゲームではないか。

f:id:wandercspot:20211010094820j:plain

縁日の輪投げではなくて、神へのお供え物です。

米粉で作った餅に、赤・白・黄色の彩を施した「覧粢(らんじ)」で太宰府独自のもの。室町時代以降に献じられていたとされ、なので道真くんは知りません。

本人の知らんもの多いな。人の家に、本人が持ってない据置ゲーム持ち込んで本人が居ない間にみんなでスマブラやってる感がある。

f:id:wandercspot:20211010094722j:plain

最後に福岡特製の天神こけしですが、従来のこけしの定義をぶち壊すような体のつくりと前衛的ヘアースタイルです。怒髪天をつく。道真の怒りリスペクトでこうなったのかしら。

 

というわけでした。おしまい。

 

【滞在時間】30分

【混雑度】★★(ほかに数人)

【URL】菅公歴史館 | 太宰府天満宮

【読んだ本】

 『天神様の正体 菅原道真の生涯』森公章

 『大学的福岡・太宰府ガイド』

 『菅原道真 見果てぬ夢』三田誠広

 

掛川城(御殿・天守)

f:id:wandercspot:20210911121050j:plain

掛川城は15世紀中頃に今川家が建築し、そのあとは遠江を支配した徳川家へ、家康が秀吉によって江戸に飛ばされた後は山内一豊が入り、近代的な城下町を築いたということです。

なお本丸あたりは、元は墓地だったのを埋め立てて城にしたらしい。このあと今川家では当主の義忠が暗殺されて内乱が起こるとか、次代 氏親の子は長男と次男が若死にして三男と五男で跡目争いをし、三男が破れて自害するなど、しっかりフラグ回収します(勝ったのが今川義元)。墓の供養はちゃんとしようね。

f:id:wandercspot:20210911120808j:plain

現在の主な遺構は御殿と天守閣。名産の煎茶や抹茶を頂ける茶室では、将棋の王将戦も行われるそうです。

掛川駅からは徒歩10分くらい。入館料は410円。

まずは御殿に入ります。なぜかというと天守は高い位置に築かれていて、結構な石段を登ることになるので私の体力が既に悲鳴を上げているからです。これも潰された墓の呪いか(違う)

f:id:wandercspot:20210911120855j:plain
f:id:wandercspot:20210911120928j:plain

(御書院 上の間。城主が公務を執り行った部屋)

御殿は1861年建築。結構新しいじゃないかって?ガッカリする前に事情を聴いてほしい。

東海地方では1854年に「安政の大地震」が発生。この地震はいわゆる「南海トラフ地震」で、震度7クラスの揺れと大津波が押し寄せ、掛川では天守閣が全壊しています。天守が壊れるんだから御殿なんて爆発四散したのではないか。だから再建せざるを得なかったのでしょう。

南海トラフ地震は100~150年周期で生じており、1854年の次は1940年代だったから、そろそろ危ないというわけです。ひえ~

f:id:wandercspot:20210911120819j:plain
f:id:wandercspot:20210911120831j:plain

という緊張感を覚えたところで、御殿入って最初の展示が、つまようじで組んだ城。地震が来たらこの城だけでなく製作者のメンタルまで大破消滅するのではないか、と思うくらいには芸が細かい。天守シャチホコまで再現されているが腰のあたりに楊枝ぶっ刺されてて哀愁を感じさせる。鍼灸治療かな?

ちなみに展示は掛川城だけでなく松本城など各地の名城10点ほど揃ってました。つまようじ消費されすぎて、掛川のつまようじ市場はコロナ勃発期のマスクくらい値上がりしたのではないか。1本30,000円!

f:id:wandercspot:20210911120843j:plain

時報代わりの太鼓で、当時は2時間に1回叩かれていました。

「庶民に時間という概念を教える=時間を守る規律を叩きこむ」的な精神で、埼玉の川越や岩槻では街中に鐘つき台を設けて鳴らしていた記憶があります。

掛川ではどうなんでしょう。太鼓だと城内は良いが、城下町まで届くのでしょうか。「鐘は費用が掛かるから作れないが、気合入れて叩けば遠くでも聞こえる」と労働集約的作業をしていた?ウチの職場を思い出してしまうから止めてほしい(´・ω・`)

f:id:wandercspot:20210911120906j:plain
f:id:wandercspot:20210911120917j:plain

廊下に出ると、キャンドルナイト?さっきまでお金ないから太鼓叩いてたのに、一気に先進的になりました。鐘がなければキャンドルにすれば良いじゃない。掛川城はディナーにフレンチでも出たのでしょうか。

キャンドルではなくて電飾でした。放棄されている竹林の竹を用いて作ったそうです。

f:id:wandercspot:20210911121004j:plain

裏手の方に進んでいくと、床は板張りに代わり下士官向けな雰囲気が出てきました。冬は寒そう。下級武士や足軽が出入りしていた部分です。御殿は政庁としての機能も持っていたので、市役所玄関あたりの寒々しいタイルはこの時代から受け継がれているのかもしれません(適当)

f:id:wandercspot:20210911121038j:plain
f:id:wandercspot:20210911121026j:plain

そんなちょっと暗い通路ですが、大名行列の模型で飾られており・・長い。長すぎる。写真に収まっているのは全体の半分程度で、これ廊下曲がった先にも残り半分がまだ続くんですよ。人の話と行列は短い方が良いというのは、オリンピックの選手入場とトーマス・バッハでよく分かったから結構です。

 

ということで御殿はおしまい。

f:id:wandercspot:20210911121101j:plain
f:id:wandercspot:20210911121112j:plain

次は天守閣に登ります。辿り着くまでに結構な量のドでか石段を攻略しないといけませんが、天守の中にはさらに恒例の急階段。死んでしまいます。

ところで掛川城は不落城と呼ばれていて、桶狭間の戦い後、この城に籠った今川氏真を捕えるべく徳川軍が包囲したんですが、当時屈強と言われた家康の兵でも落とせず、最後は調略で開城させていることが由来です。

でも「掛川城は落ちない城!」とか受験生に宣伝したりはしないんですね。まぁ受かる落ちるの前に今川家滅んでますからね。

f:id:wandercspot:20210911121123j:plain

途中にあるフロアでは、掛川の歴史が何パネルにもなって説明されていました。鎌倉時代に始まり、今川氏による遠江制覇・徳川による獲得と武田との争い・そして山内一豊への明渡まで、と相当に細かい内容。体力が尽きていない方向けです。

f:id:wandercspot:20210911121210j:plain

そして最上階でフィニッシュ。この辺は平野部なのか、城より高い建物は無いようで、平べったい景色が続いている印象でした。なので風が入ってきて大変涼しい。階段でどちゃくそ汗まみれになった方は休憩してからお帰りしてどうぞ。

 

おしまい

 

【滞在時間】60分

【混雑度】★★★(客はまわりにちらほら)

【URL】掛川城|静岡県掛川市

 

掛川市ステンドグラス美術館

掛川には、英国のステンドグラス大好きお医者さんが居て、どれくらい好きかというと、現地キリスト教会の窓を飾っていた本物のガラスを買い取ってくるレベルだった。その数70以上。鉄オタでいうと海外の鉄道車両買い取ってくる位の物理攻撃力と言える。

 

しかしそのお医者さんも高齢になり、掛川市にコレクションを寄贈して、美術館としたそうです。その人の息子さんも相続財産をステンドグラスで渡されても、こういうときどんな顔すればいいかわからないのになってしまうし嫁がキレるから、掛川市は市民生活を救ったといえる(息子がいるかどうかは知りません)

f:id:wandercspot:20210826125135j:plain
場所は掛川城の一角なので城とセットで回ると良いんじゃないでしょうか(セット券あり)。

まぁ天守閣や御殿を見た後にステンドグラスなので、お茶を飲んでるときにフィッシュアンドチップスを口に突っ込まれる程度の違和感はありますが、和洋折衷ということです。

f:id:wandercspot:20210826125217j:plain
f:id:wandercspot:20210826125301j:plain

館内は撮影可能です。コレクションの大半は、英国ステンドグラス産業が大いに盛り上がっていた19世紀の製造で、実際に教会の窓として使われていました。

 

しかし20世紀後半になって移民が増え、キリスト教徒人口が減ったことで教会の数が多すぎる状態になり、荒廃・閉鎖するところも発生。そうした教会の備品は廃棄されるのもあれば、コレクターの手にわたって保存されるものもありましたとさ。

そんなガラスを日本人医師がどうやって入手したかは美術館ガイドさんも知らないようでしたが、コレクターは人脈ありそうだから現地に伝手があったんでしょうね。

f:id:wandercspot:20210826125148j:plain

ガイドさんに聞いた話だとこのお医者さん、1960年代頃から収集してたそうですが、ググったところ当時は1ポンド=1,000円くらいなんですよね。2021年8月時点では150円。当時の超クソ高ポンドレートでAmazon prime送料無料もないのにバカスカ個人輸入してたんですか。鈴木政昭(お医者さん)、、恐ろしい子!本業の収入だけで出来るとは思えないから、実家が相当太い地主か、もしくは嫁の怒りを完全スルーするだけの強靭な精神力があったと察せられる。

 

19世紀のステンドグラスですが、このビクトリア王朝期の芸術品ってのはファンが根強いけどアンチも多いらしいんですね。なんでかは知らん。だから教会閉鎖に伴い廃棄された品も多くて、それが遠い異国の日本でこんだけ保存されているのは珍しいそうな。

f:id:wandercspot:20210826125315j:plain

個人コレクションなのに保存状態もとても良いそうです(展示前に修復はしている)。

ひび割れや色褪せが無く、100年以上も前に製造された品だとは思えません。古さを感じないので、サイゼリア店内にはめ込まれてるステンドグラスとあんま変わらんなとまで思ってしま(銃声)

f:id:wandercspot:20210826125203j:plain
サイゼリアのステンドグラスにはミラノ風ドリアでも描かれているのかもしれませんが、ここは教会なので聖書の1シーンが題材です。文字を読めない人でも神の言葉が分かるようにしているのだ。

しかし16世紀頃は金持ち貴族が、自分や家族をイエスヨハネの横に描いたガラスを作らせ、それを支配下の教会に飾らせ、一般人民参列者にそれを拝ませるという成金プレイをかましたため、宗教革命時にヘイトの対象となってばんばん壊された歴史があるそうです。だから19世紀より古い作品はレア度がSSSSSSSSSSSSSRくらいまで上がるという。

f:id:wandercspot:20210826153023j:plain
f:id:wandercspot:20210826153038j:plain

(ガラス制作工程の展示もあったがよく分からんかったので写真もこれだけ)

ところでこうしたステンドグラスは教会がガラス工房に発注して製造されるわけですが、お幾ら万円なんでしょうね。1910年に製造された作品で支払記録の残っているものがあり、そこから推測すると当時の一般的な年収で8年分になるそうです。

単純に今の感覚に置き換えると、平均年収450万×8年=3,600万円か。家1軒建ちそう。ますます鈴木氏の財力が気になりますね(コナミ

 

という感じでした。美術的な観点には全く触れない記事になってしまいましたが、あとは現地に行って君自身の目で確認しよう(ファミ通

 

おしまい

 

【混雑度】★★(ほかに数人)

【滞在時間】30分

【URL】掛川市ステンドグラス美術館|静岡県掛川市

 

ふじのくに茶の都ミュージアム

静岡と言えばお茶大国。生産量は国内NO.1!、、と思ったら近年は鹿児島県に猛追されており、2019年には産出額ベースだと負けていた。

www.at-s.com

ただ緑茶への支出金額ではまだまだ静岡は強くて(強いってなんだ?)、2020年は静岡市浜松市が1位2位フィニッシュを飾っており、静岡市なんて全国平均の3倍の金を緑茶に掛けている(静岡県HP)。

もはや静岡県民がお茶を作ってるのか、お茶が静岡県民を作っているのか分からないですね。

f:id:wandercspot:20210813141650j:plain
f:id:wandercspot:20210813141033j:plain

国内でも有数の生産地 牧之原台地、巨大なミュージアムを2017年に建てました。

車なら東名や新東名のICから来れそうですが、そうでない場合はJR金谷駅からコミュニティバスを利用しましょう。1日に5本くらいしかないですけどね。まぁ3㎞弱なのでタクシーでも大した金額にはならんでしょう。

しかし大井川鉄道に乗る以外の目的で金谷駅を利用する旅行客ってどれだけ居るんでしょうね。

f:id:wandercspot:20210813141117j:plain
f:id:wandercspot:20210813141048j:plain

空腹だったのでレストランに入りました。新しい建物は綺麗で良いですね。まだお昼前だったので最初の客です。

メニュー表を見よう。うわー日本酒いっぱい種類あるなぁ、、と思ったら全部お茶だった。県内の各産地で採れた一番茶をボトリングしたCRAFT BREW TEAです。2合瓶に詰めているせいで日本酒にしか見えない。

f:id:wandercspot:20210813141132j:plain

頼んでみましたがどう見ても日本酒ですね。公共の場で飲んだら間違いなくヤバいやつ認定されるので、健康的にヤンキーぶりたい方にお勧め。

香りもお楽しみ要素なのでワイングラスを使っています。

f:id:wandercspot:20210813141203j:plain

7種類のうち、川根茶と天竜茶を頼んでみました。色は天竜茶がオレンジに近い濃さ、川根茶は淡い黄色。味は見た目どおり、天竜茶の方が渋みや苦みがどっしりしていて、このとき抹茶チョコが付け合わせで貰えたのですが、その強い甘みと対照的でよく合います。川根茶はさらっとすっきり系で食中酒・・じゃなくて茶に良いと思いました。こなみ。

f:id:wandercspot:20210813141217j:plain

食事を終えたので展示を見ます。入館料は300円。

3F→2Fという順路で、3Fは世界のお茶について。お茶の起源から、各国で飲まれている様々なお茶、ティータイムの過ごし方などが紹介されています。

f:id:wandercspot:20210813141245j:plain

お茶を最初に利用し始めたのは中国東南部 雲南省に住む山岳民族。それが他のアジア、特に漢民族に伝わって広まったとされています。樹齢1,000年近くにもなる巨大な茶樹を大切に使い、茶を収穫しているそうです。

・・というか、茶って木なんですね。野生だと高さ10mにも達しますが、栽培用だと1m程度に刈り込んでるそうです。10mの木々の間をターザンロープで滑空しながら茶葉を摘むとなると相当な訓練が必要だし、農業者というより妖怪に近くなってしまうからでしょう。

f:id:wandercspot:20210813141259j:plain

「茶」は各国で「ティー」とか「チャイ」とか呼ばれてますが、なんと発祥はどちらも中国。中国の広東語では「ちゃ」、福建では「てー」と言っていた。広東語の地域から来た日本や西アジアでは「ちゃ」。インドやトルコの「チャイ」はこれ。

福建ルートで来たヨーロッパでは「tea」とか「tee」になったとさ。

f:id:wandercspot:20210813141315j:plain

ポルトガルだけは「cha」と、欧州各国と異なるんですが、この国は大航海時代に東洋進出したのが最も早くて広東語ルートで仕入れたのが、あとでオランダにボコボコにされて勢力圏を失い、そしてオランダが福建ルートで欧州中に交易したからです。お茶を学びに来たのに、こんな思わぬところで母国屈辱の歴史を思い知らされるポルトガル人観光客が不憫でならない。

f:id:wandercspot:20210813141356j:plain
f:id:wandercspot:20210813141411j:plain

お茶の起源は雲南省だったわけですが、世界各国で栽培されるうちに様々な種類の茶が出来ていきました。

そんな茶葉を片っ端から集めたので、匂いを嗅いで違いを比べてみてね。引き出しを開けると茶葉が入ってます。とても面白いコーナーなんですが、種類多すぎである。ぜんぶ見てたら1時間は飛びますね。

なお日本国内で栽培しているお茶だけでも100以上の品種があるそうです。

f:id:wandercspot:20210813141426j:plain
f:id:wandercspot:20210813141441j:plain

世界のお茶と文化の紹介。

中国にある「茶楼」という喫茶店では、店内で音楽の生演奏があったり、国内各地のお茶を取り揃えていたりとお上品な時間を楽しむことができます。ジャッキーチェンの映画だとしょっちゅう店内で乱闘したりバイクが突っ込んできたりして破壊されている気がします。

f:id:wandercspot:20210813141455j:plain
f:id:wandercspot:20210813141509j:plain

チベットの“現代”住宅です。最新型ですよ。何も知らない観光客が「良い古代建築ですね」と言って家主にエルボされる絵が浮かぶ。

チベットではバターや岩塩を入れた茶を飲む習慣がありますが、これを飲まないと鼻血が止まらなくなるそうです。前世でなんの罪を犯したのでしょうか(高地で農耕が難しいので栄養素の摂取が難しいことが関係?)

f:id:wandercspot:20210813141342j:plain

東南アジアでは「食べる茶」があります。お茶の葉を漬物にするそうです。写真だと真ん中に盛り付けられている物ですね。これを色々な具と和えるのですが、最後に味の素を掛けるそうです。それ「食べる茶」ではなく「味の素」じゃないですかね。

f:id:wandercspot:20210813141525j:plain

3Fが終わって2Fへ。この階では国内の茶の歴史や生産方法を展示していますがほとんど撮影禁止なので書くことがありません。まぁ十分書いたから、もういいでしょう(適当)

写真は県内の茶の産地を示してますが、静岡西部だけで20種類くらいありますね。

f:id:wandercspot:20210813141552j:plain
f:id:wandercspot:20210813141606j:plain

お茶関連製品の紹介。酒のボトルに入れるだけでなく、ついにスパークリングまでさせてしまった。緑茶ハイのハイボール抜き。そこまでいくともう特殊性癖である。

天然緑茶を使った香水もあります。

f:id:wandercspot:20210813141620j:plain
f:id:wandercspot:20210813141635j:plain

あとはお土産コーナーと庭園を見て、バスの待ち時間を潰してください。土産品は多数のお茶の他、茶を使ったお菓子や抹茶アイスもありました。

 

おしまい

 

【滞在時間】3時間(食事込み)

【混雑度】★★★(周りにちらほら他の客)

【URL】

tea-museum.jp

 

香りの博物館(磐田市)

f:id:wandercspot:20210811145303j:plain
f:id:wandercspot:20210811145044j:plain

香りをテーマにした博物館は日本に2か所しか無いそうです(もう一つは大分の別府)。

豊田町駅から徒歩10分弱。歩道沿いに行くと一目で分かる行政用建築物で「あぁ、あれだな」って察するんですが、正面から見るとファンシーな門扉が付いて宮殿感があって少しワクワクします。

 

しかしなぜ磐田で「香りの博物館」なんでしょうね。そんな街だっけ。

ヤマハ発動機の本社があるので、バイク工場で働くガテン系ゴリゴリお兄さん達が醸し出す汗と涙と濃厚な芳香が町中を潤しますということかもしれないが単純に公害なのでアイドリングストップでお願いします。

f:id:wandercspot:20210811154329j:plain

(ufotableの公式で貰える壁紙です)

この地域は藤の花が有名だそうで、行興寺という寺の藤が天然記念物になったとか香料工場があったりして、まぁ町おこしで「香りを推す」ってことにしたんでしょうね。

別に某鬼退治漫画のブームに乗ったわけではありません(念押し)。が、映画公開されだした時期に博物館で販売している藤の花の香水がバカ売れしたらしい。アニメ第2期に合わせて「遊郭御用達香水」も販売してブームに乗ろう。そしてPTAと市議会で問い詰められて市長が謝罪するだろう。

f:id:wandercspot:20210811145309p:plain
f:id:wandercspot:20210811145314p:plain

入館料は310円です。

2F建であり結構広くて香り系の展示ガッツリ置いている・・と思ったんですが、実は展示室部分は2Fのみで、常設展はさらにその半分なんですね。

f:id:wandercspot:20210811172311j:plain

残りは企画展示室ですが、私が行ったときにやっていたのは「飛び出す絵本」展でした。香りまったく関係ないですね。ページを開くと香りが飛び出す仕様なら良かったんですが。絵本に鼻を擦り付けてクンクンすれば多少は何か嗅ぎ取れたかもしれませんが、警察を呼ばれる気がしたので止めておきました。 

f:id:wandercspot:20210811145103j:plain
f:id:wandercspot:20210811145135j:plain

というわけで香りの展示は建物全体の1/4程度の部分に留まります。

写真は「香りの小部屋」で、メロンの部屋に入るとメロンの香りがしてきます。同時にメロンの解説映像が流れますが、香りの解説というより「この街ではメロンの生産が★◎◇⁉~」と社会科の資料集に載ってそうなセリフが読み上げられるので、そういうとこやぞ公務員という思いを新たにしました。

f:id:wandercspot:20210811145117j:plain

古代エジプトの香り」部屋もあります。ピラミッドの隅にこびり付いたカビ・埃の臭いとかを警戒して入室しましたが、当時使われていた香料の再現で、匂い自体は普通だったのでホットしました。

ただ「この香料はミイラの保存に使われるものであり、ミイラを作るには死体の鼻から脳みそと内臓をほじり取って空っぽにし、そこに植物を詰めます」という大変分かりやすい解説がこのあとの展示であり、そういうとこやぞ、と思いました。

f:id:wandercspot:20210811145150j:plain
f:id:wandercspot:20210811145205j:plain

「なんの香りか当ててみよう」コーナーです。瓶の蓋をあけて匂いを嗅いでみよう。フルーツとか野菜がメインです。ソムリエ試験みたく「馬の汗」「湿った土」のような不意打ちは無いので安心してください。トマトの匂いをもろに嗅ぐと結構気持ち悪いということが分かりました。

f:id:wandercspot:20210811145219j:plain

常設展。古代文明から現代までの香料の歴史を映像付きで解説していますが、なんだか部屋が暑かった。じっと映像を見てると、うげーとなってくる感じ。映像は30種類くらいあって全部見てたら1時間近くなりそうでしたが集中力全切れだったので飛ばしてしまいました。

 

展示室おしまい。1Fに降りました。自分だけの香水が作れる「香りの体験コーナー」がありますが今回はスキップ。

f:id:wandercspot:20210811145234j:plain
f:id:wandercspot:20210811145249j:plain

あとはショップとカフェですね。カフェではローズジュース・ハーブティなどそれっぽいものが頼めますが、、、なんの脈絡もない「おっぱいアイス」が来館者の注目を集めるでしょう。だから香りと関係あるものを出しなさいよ。ネーミングが狙いすぎている。-114514点。もうすでに市長謝罪案件があるのであった。

 

おしまい

 

【滞在時間】40分

【混雑度】★★(ほかに数人)

【URL】磐田市香りの博物館