神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

秋野不矩美術館

 

浜松市の二俣町に、日本画家である秋野不矩(あきの ふく)の美術館がある。

天竜二俣駅から徒歩15分弱。

 

 

 

美術館は少し高いところにあるので、登っていかないといけない。

疲れるなぁ(老並感)

 

 

 

この敷地は谷と尾根からなっており、敷地入口が谷にあたって、そこから尾根部分にある美術館に登っていくことになる。

当初は谷の部分に美術館を建てる予定だったらしいが、秋野が嫌がったので尾根のところに上げたという話。

 

 

 

美術館までの道中には、現代のアーティスト達が作ったと思われる作品が、まぁ適当に突き立てられている。

 

 

 

ご到着。

建物自体はかなり気合を入れて作られていて、コンクリートのお堅い洋式建築と、藁や板を用いた農村っぽさを醸し出している。

 

 

 

入場料は300円だが、特別展開催中は800円。

市立美術館にしてはまぁまぁ強気のお値段設定。

 

 

 

館内は撮影禁止なので、あとは浜松市HPとかから借りた写真。

 

中は土足禁止であり、入り口で靴を脱ぐというあまり無い仕様。

秋野の絵の汚れなさと土足は合わないという考えのもと、こうなったらしい。

 

 

確かに、白い清潔さが目立つような内装である。

 

 

 

さて秋野不矩(1908-2001)についてだが、20代から公の展覧会で賞を取るなど活躍しており、ただこの頃は受けが良い風流雅な日本画がメインであった。

次第に西洋的要素を取り入れて典型的日本画からの脱却を図り始めるが、それが本格化したのが50代にインドに渡ってからである。

 

 

(「渡河」)

 

特徴的なのは、黄金のような黄色がギラギラ用いられまくっていることらしい。

この絵は水牛が洪水した川を渡っているところなのだが、川ですら黄金色である。

ちょっと生活用水には使えないっすね(日本人)

 

(「砂漠のガイド」)

 

地面も砂だらけなので、ざらざらと黄色である。

こういう画調なので、美術館の内装を白にして、さらに黄色が映えるようにした可能性。

 

 

(「少年群像」)

 

「救いようのない熱さの中で、わっと泣いている子供を描きたい」とか本人は仰せになっていたらしい。

容赦のない自然や大地の過酷さと、その中で発現する生命力といった感じを、このきついような黄色が意味しているのかもしれない。

 

というような評論は、↓のサイトをご覧ください。

www.akinofuku.jp

 

 

ちなみに秋野本人は2度も離婚しながら子供が6人おり、さらに自宅が2回も火事で焼けている。

ちょっと自分を追い込み過ぎじゃないですかね(困惑)

 

 

 

そんな秋野画伯は絵本の挿絵も担当しております。

画風ぜんぜん違いますねぇ。

 

 

絵本って、絵の中に文章を入れるスペースが無いといけないので、構図上の制限を受けることになる。

さらに小さい子供でも物語が分かるように描かないといけないので、かなりの高等テクニックを要するようである。

 

 

日本画っぽい絵本だなぁと思ったら、ちゃんとインド的な絵本も描いておりました。

 

 

 

このときは特別展で他の絵師の絵本もあった。

個人的に印象的だったのは朝倉摂

主人公の男の子の脱力的な描き方と、それと対照的にやたら筆致が細かくて異界感のある龍、絵具ばらまいてカオスな配色になっている背景といったところ。

 

 

 

福井江太郎の駝鳥。

画力高すぎて、もうこれ(子供向け絵本かどうか)わかんねぇな。

 

 

なおストーリー自体も陰鬱な展開となっており、トラウマになる子供の続出まったなし。

 

 

 

あと館内に絵本がいろいろ置いてあったんだけど、この「いないいないばあ」の犬みたいなやつが変質者然とした表情していて、FNAFのアレを思い出して怖かったでござる。

 

 

 

というわけで秋野不矩の絵画や建物の作りなど注目点が複数あるスポットでした。

コンクリうちっぱの2階部分も渋くて良い感じである。

 

 

 

以上。

 

 

【交通手段】天竜二俣駅から徒歩15分

【入館料】300円(特別展開催時は800円)

【滞在時間】60分

【混雑後】★★★(一部屋に数人)

【URL】秋野不矩美術館/浜松市