神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

旅行ブログです。地域別カテゴリは最下段から。

朝霞市博物館

朝霞市にある郷土の博物館です。JR武蔵野線北朝霞駅東武東上線朝霞台駅から徒歩15分。

しかし北朝霞駅朝霞台駅ってすぐ隣りあわせなのに、なんで名称一致させなかったんですかね。国鉄と東急の仲の悪さ。

博物館に入館すると、庭の池と水車が目に入ります。池には鯉も泳いでいてなかなか立派。かつて武蔵野と呼ばれたこの地域には、水車を用いた田園風景が広がっており、その再現だそうな。

池を見渡せる休憩部屋では飲食も可能なので、だらだらするには良いかもしれません。人もそんな来ないし(博物館としては問題)

展示室に入ります。写真は受付に申し出れば撮影可能。

朝霞の歴史を何ポイントかに絞って説明しています。

朝霞市内にあった川越街道の宿場町 膝折宿です。「膝折」とは変わった名前である。

室町時代足利義政のお抱え絵師が馬に乗って街道を通っていたところ、盗賊に襲われた。命からがらこの町まで逃げてこれたのだが、馬は疲れ果ててしまい膝が折れて死んでしまったとさ。なので「膝折」です。

縁起でもない名称だなあ。ちなみに山形県には「肘折」という地名があるので、骨折コンビで姉妹協定を結ぶと、いっそう悲惨なことになって良いと思う。

(東京ゴルフクラブ朝霞ゴルフ場の模型)

なので膝折村という地名でずっと続いていたのですが、1932年に名称が変わって「朝霞町」となりました。

東京の駒込にあった東京ゴルフ倶楽部が移転してくることになったのだが、「膝折って名前、縁起悪いね」という室町時代以来の疑問がようやく真剣に議論されるようになったのだ(たぶん)

新たな名称「朝霞」は、ゴルフ倶楽部の名誉総裁である皇族 朝香宮殿下にちなんだそうです。「朝香町」にしなかったのは、殿下の名前をそのまま使うのは畏れ多いから。

確かに「どこ出身?」「朝香」って会話がなされるたびに呼び捨てされてしまうのは殿下が号泣しそうなので、「朝霞」にしたのは正解だと思います(こなみ)

時代は戻って江戸のころです。新河岸川という河川が江戸まで続いているので、舟運が盛んでしたという模型。

新河岸川は「九十九曲がり」と呼ばれていて、つまりクネクネしまくっていた。この形状は、有能行政マンとして名高い川越藩松平信綱が工事したもので、河川の水量を安定させて舟運がしやすい目的であるそうな。狙い通りに新河岸川の通航は盛んになったが、クネクネしているせいで氾濫しやすくもなってしまった。ダメじゃん。

明治以降に再び工事が行われ、直線的な形状になったのだが、水量は足らなくなってしまって舟運はできなくなりました。

川には水車を設置していろいろ使っていたようです。

江戸時代の末ごろから、銅線を作るようになりました。

これらが銅線です。近代工業が発展してくると、電線や機械での需要が増加し、朝霞はこういう金属材料を作る「伸銅」産業が盛んになったと。近代的な道具を、水車なんて前近代的な施設で作っていたのは過渡期らしくて面白いですね。

なお現代では大手企業におされ、朝霞で操業しているのは数社のみになったようです。

(1930年代の膝折駅)

大正時代になると鉄道も通りだしたとさ。膝折駅はいまの朝霞駅です。舟運が使えなくなったので、住民の新たな足である。

(朝霞大仏)

東上鉄道や東武鉄道の経営者で「鉄道王」と称された根津嘉一郎は、なぜか大仏を作りたがった。大船観音とか越前大仏とか、日本各地で“デカい仏像造りたいマン”が一定数いるようですね。

というわけで建造が始まったそうですが、完成を前にして第二次大戦となってしまい物資が足りないから建造中止。壊されてしまいましたとさ、かなしいなぁ。現存していれば朝霞台駅に設置して北朝霞駅方面を睨みつけ、態度のデカい国鉄に天罰を与えられたでしょう。

最後に、展示室内に実物大の水車があるのですよ。それを動かす人型も実物大。

大きいなぁと感心していたら、突然うごきだした。赤外線センサーがついていて、近寄ると作動する仕掛けのようです。動くとき「ガタッ!」って大きな音がするので、普通にビビります。朝霞大仏の恨みじゃ~(棒)

 

おしまい

 

【交通手段】北朝霞駅朝霞台駅から徒歩15分

【入館料】無料

【滞在時間】60分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】朝霞市博物館 - 朝霞市

烏川渓谷緑地

森の中をたらんこたらんこ歩きたいという時に烏川渓谷緑地はなかなか良いかもしれない。長野県が整備した公園で、林の中や川沿いを散歩できるコースが作られています。

何が良いって、人があまりいないことだ。土曜の午後3時くらいに行ったが、私のほかに客は3人しかいなかった。地元の人のウォーキングコースと化している。

場所は安曇野市穂高。最寄りは穂高駅だけれど、公共交通は無いので駅前でレンタサイクルするか、車で来るしかないですね。

入り口は3か所あって、それぞれ駐車スペースは10台分もない程度だったかな。まぁ満車になることは滅多にないとは思う。私はもっとも手前側(須砂渡)の入り口から入りました。

この公園、「水辺エリア」と「森林エリア」の2つがあるんですけど、私は「水辺エリア」に来ております。森林エリアは森だけで川要素が無さそうだが、水辺エリアは両方あるので。

橋を渡って散策路に進入だ。入場料は無料です。

人の気配が全く無いのは、すぐ隣に「国営アルプスあづみの公園」がある影響もあります。規模は圧倒的にあちらの方が大きいし花畑もたくさんあるので、観光客はそっちに流れますね。

なので余計こちらはローカルユーザー向けと言ったところか。犬の散歩してる人いたしな。

11月は紅葉のシーズンということで木々も色とりどりに変身しており、涼しい気候も相まって清々しい気分である。この分だと夏もさほど暑くなさそうですね。冬についてはあまり触れないほうが良い(極寒)

園内は基本的にアスファルト舗装されていて歩きやすいが、ところどころ砂利道になっている部分もあります。砂利は砂利で森っぽくはある。

園内の真ん中を流れているのは烏川。”鳥”じゃありません。”烏”です。群馬県にも烏川ってありますが、あれとは別人である。

この烏川、東の方へ進んでいくと「乳房川」と合流する。その乳房川の上流には乳川(ちがわ)という河川もあるのだ。田舎だから変な名前つけてもバレないとか思ったのだろうか。安曇野市教育委員会は猛省したほうが良い。ちなみに乳首川とか乳輪川はありません。

歩き始めて10分程で、園の中央部分に到着。ここには公園の管理事務所があり、トイレ&自販機ゾーンとなっています。

館内には小さな展示室もあって、虫とか葉っぱの標本を置いている、

展示室は最初入るつもり無かったのだが、外から覗いたときにこの子が見えたのでつい入館してしまった。ちょっと目つきがいかついズーミンですね。標本と一緒に吊るされてるから、ご不満なのかもしれない。

番組の方は終わってしまったので、ぬいぐるみも非売品になったと思う。この公園に居るどんな生き物よりも貴重な種になった可能性が微レ存?

管理事務所の脇には水辺があります。入って水遊びもできるようです。夏は。

北アルプスの山々の雪解け水とかが源流のようなので、水は澄んで綺麗であります。

綺麗な水を見た後に、なんだか汚い沼が出てきたなと思ったら、ビオトープだそうです。草ぼうぼうで木も倒れておりますが。。生き物は汚れた険しい環境の方が繁栄できるのでしょうか。ボウフラとか。

道がグリーンになりました。ペンキで塗ったのではなくて、植物がアスファルトに繁茂しているのです。芝生のようだけれど、よく見るとどうもコケらしい。

ベンチの周りなんて緑一面だ。足で踏むとフワフワ感すらあった。コケの絨毯。物としては良いのだが、コケって名前を聞くとうーん(困惑)ってなりますね。

ただちょっとググってみると、コケは日本庭園でもよく使われており、海外のガーデニングでも取り入れられているそうな。意外と市民権があったのだ。コケコケー。

と言っている間に、園の端っこまで来てしまいました。烏川の岩場を水流が良い感じの音を出しながら通過しております。あとはスタート地点に引き返して終わり。

実はさらに奥に須砂渡ダムがあるんですけど、そこへつながる道が工事中か何かで通行止めになっていました。公式HPに一言も書いてないがな。情報は足で稼げということですか。

 

おしまい

 

【交通手段】車。穂高駅から自転車7km

【入園料】無料

【滞在時間】40分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】烏川渓谷緑地 | 長野県烏川渓谷緑地 公式サイト

武田氏館跡歴史館(信玄ミュージアム)

2019年4月に甲府市がオープンした信玄ミュージアムです。

場所は武田神社の目の前。甲府駅からバスで武田神社行きで15分、終点で降りると良い。

この一帯には、武田氏の居館である躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)がありました。住んでいた武田信玄のほか、父の信虎・子の勝頼3代の歴史を扱っているとのことです。

資料室は無料で見られる常設展と、有料の特別展示室。まずは無料の常設展を見ています。

展示の半分は躑躅ヶ崎館の発掘調査結果についてなんですけど、ちょっと文章量マシマシなパネルが多くて無味乾燥な気がしなくもない。掘り出された土器とか、石垣の形状など内容もマニアックだしね。戦国ガチ勢向けのエリアです。

展示の残り半分は、武田家3代のプロフィール&武田滅亡後のストーリーが説明されており、歴史初見者でも概要を掴めるようになっております。

しかし勝頼の絵・・顔がぼろぼろで残念な人みたいになっている。もっと良い絵があったのでは。織田に敗れた戦犯だから辱めを受けさせているのだろうか。98年ワールドカップ敗退後に水をぶっかけられた城選手みたいですね。

ウィキペディアに貼ってある武田勝頼の画像はちゃんとしてるんですけどね。

どうして甲府市さんサイドは顔ぼろぼろの肖像画を選んだのだろうか。やはり戦犯扱いしているに違いない。

勝頼の代で武田は滅ぼされてしまったわけですが、そのあと甲府に入った織田家臣の河尻秀隆さんは勝頼と違って目つきが鋭く、顔も汚れてないので強そうですね。

躑躅ヶ崎館はまだ残され、政務を執る場所として使われたそうです。

河尻さんも本能寺の変で戦死してしまい、後任の平岩親吉は1590年甲府城を築いたので、躑躅ヶ崎館は不要となり取り壊しになったとされてます。

無料ゾーンは10分くらいで見終わってしまった(発掘調査の展示はテキトーに流したから)

つづいて有料ゾーンの特別展です。300円。中は撮影ができませぬ。

館内ではビデオが放映されてまして、信玄が若かりし頃の躑躅ヶ崎館の様子が映像化されています。

アニメ化した信玄も登場します。いやぁ、ゴツくて強そうですねぇ。

違った、さっきのは戦国BASARAの信玄だった(ミュージアム前にイラストがあった)

ビデオに出てくる信玄はこちらです・・あんまり強そうじゃないですね。中間管理職っぽい。まぁBASARAと比較するなって話ですが。

 

(左が武田菱・右が花紋)

ビデオによると発掘調査の結果、定説をひっくり返したものもあるそうです。

家紋である「武田菱」は武田家によって長年使われていたと考えられていたのだが、発掘された道具をみると、信玄はあまり武田菱を用いておらず、花紋の方を好んでいたと。

「武田の家紋は武田菱と言ってだな」とマウントを取ろうとする歴史オタクに対して「いや、最近の発掘で花紋の方が主流だと分かっています」と答えればワンパンで瀕死にできますのでお勧めです。

有料ゾーンから出て、最後に「旧 堀田家住宅」を見学します。

昭和初期に建築された割烹料亭です。

この建物の特徴は、館内の至る所に武田菱マークが隠れていることですね。

障子にもうっすらと付いている。貴重なんだから破らないようにしていただきたい。

なんと建物の中には24個もの武田菱が隠れているのだ。ぜんぶ見つけると50本限定のボールペンが貰えるそうです。私もちょっと探してみたが、せいぜい5個くらいしか分からん(雑)。24個探し出す前にもう1回武田家が滅亡するのではなかろうか。

フェイントで花紋マークも紛れ込んでいて難易度を爆上げしています。

堀田兄貴はもうちょっと探す人の手間を考えて家を建ててほしい。

離れで茶室も建っており、入ることもできます。

さすがに中で飲食は出来ないが、敷地内にレストラン・軽食どころもあるので、食事やおやつはそちらで。

 

おしまい

 

【交通手段】甲府駅からバス15分

【入館料】特別展示のみ300円

【滞在時間】60分

【混雑度】★★★★(すぐ横に人)

【URL】甲府市/信玄ミュージアム

 

旧 林家住宅(岡谷)

長野県の諏訪と岡谷は明治時代に製糸業が盛んで、大きな工場が幾つもあったんですね。だからこの産業で大当たりした富豪が豪華な屋敷を建てているわけです。

ここもその一つ。林製糸所の経営者 林国蔵のもので1900年前後に建築されました。

岡谷駅からは徒歩5分と近いので良いですね。中央線も飯田線も本数が少ないので、待ち時間つぶしに最適である。屋敷と言っても、どうせ普通の古民家でしょ?そんなに観覧時間かからないだろう。

 

入口にはインターフォンがあるので、これを押して係員さんに見学したい旨を伝えてから入りましょう。

敷地内に入ると館がお目見え。あれ、思ったより大きくて立派だな。

入館料は580円になります。

 

館内ではガイドさんが付いて説明を受けつつ回ることになる。

んで回ってみて分かったが、館内かなり広い。さらに説明も細かく受けていると時間の経過があっという間です。私は1時間の電車待ちだったけれど、だいぶ駆け足で回ったからね。「時間潰しにちょうど良い」とか舐めた口きいてすみませんでした(敗北)

日進日露戦争の軍備は、絹製品の輸出で得た外貨でまかなったなどと言われるくらいに明治時代の製糸業は重要であった。というか他にろくな産業がなかったのだ。

製糸工場は岡谷の人々のみならず伊那や松本、飛騨高山からも出稼ぎが来ていたくらい巨大な働き場所であったし、電気やガスもその資本力で町に通るようになったので、「岡谷の人々は製糸業のオーナー一家に足を向けて寝られない」とガイドさん。

というくらい影響力を持っていた製糸工場オーナーの屋敷なので、金の掛け方が半端ない。

和室はどの部屋にも欄間があるが、宮大工の建築で凝りに凝った意匠となっている。

障子の上に彫られたコレとか珍しくて、まるで影絵のようでシャレオツ。

欄間には人の姿は普通描かれないのだが、それが描かれているのもポイントだそうです。

扉の取っ手も、部屋ごとに全て異なっているのだ。

これはトイレのもので、香辛料の模様。当時はトイレの臭い消しや防虫のために香辛料を置いていたそうなので、それを元ネタにしている。

茶室もあるんですけど取っ手はこれ。足?が妙に長いのが味わい深い。

トイレの手洗い場はこれだそうです。

ただの球体な灯篭にしか見えないんですが。

よく見ると、胴部から出ている竜の頭にひねるところが付いている。これ蛇口なのか。球体の中にあらかじめ水を入れておいて、これをひねって手を洗うのだ。

こんな感じで、何から何まで洒落ております。アイデアが素晴らしいが、いくら掛ったのかは怖くて聞けなかった。製糸商人おそるべし!

デザインだけでなく面白い機能も見ることができます。

この襖の柱の下、なにか付いてますね。

・・ボタンか?なんだかファミレスでよく見るようなやつだな。まさか・・?

そう、ファミレスで押すあの「ピンポ~ン」でした。

ボタンを押すと、女中さんがスタンバってる炊事場に音が鳴り響く。炊事場にはこんな装置があって、ボタンが押された部屋の番号が表示されるのだ。

なんという先進的システム。明治時代からあったとは驚きである。

この分だと林家の製糸工場の食堂には、ドライブスルーとか、くら寿司の皿に被せられているあの妙に開けづらいカプセルみたいなのもあったのかもしれない。

通路の上部にも意匠が施されています。

なんとクモの巣である。ここまでオシャレや先進性で押してきたのに、いきなり風変わりなデザインになった。どうした。ダレンシャンでも読み過ぎてクモの巣食べたくなったのか。

 

ガイドさん曰く、この通路の先に仏壇があるので、「仏壇のある部屋はあまり賑やかではいけない=人通りがないことを意味するクモの巣」ではないかとのこと。

でも仏さまも「クモの巣できるまえに参拝にこいや」って思うかもしれない?

2Fに来ました。来客をもてなす部屋で、柱やら何やら至る所に最高級の材料が使われているそうです。ここで商売相手と一杯やってたのではないかという説明であった。高価な部屋過ぎて杯を持つ手が震えそうである。

酒はきっと「神渡」か「高天」でしょうね(岡谷の地酒)

天井を見るととんでもないことになっていた。装飾が細かすぎる。

林家住宅1番の目玉で「金唐革紙」といい、天井と壁全面に作られています。

金色していないのに金唐革紙?って思いますが、もともとは金色してました。時の経過で剥がれてしまったようです。

これが復元したやつです。黒地に金の装飾が目いっぱい施されています。

金色に装飾された革が江戸時代に輸入されてきて凄い注目を集めたのだが、革なんてそうそう作れたもんじゃない(牛革だったそうだが、日本にそもそも牛が殆どいない)

じゃあ革じゃない代替品でどうにかしようと思い立ち、和紙で作ってしまったのだ。日本人の技術ハンパないな。

この技術は日本政府も後押しして万博に出展したりバッキンガム宮殿の装飾に使われるなど隆盛したが、現在では希少になってしまい、(たしか)9施設でしか見られないそうな。

技術者も1人だけになってしまったので、この人が居なくなったら誰も作れなくなります。じゃあちょっくら私が継承を(無理)

次に進むと、建物内なのに頑丈な蔵がある。普通は屋外にある気がしますけどね。

よほど大事な何かをしまっているのかと思ったら、「来客用の布団」とかだそうな。

どれだけ高価な布団なんでしょうか。ぜんぶ絹で作ったのかな。

最後ですが洋間もあるのです。

製糸工場は屋敷の隣に建っていたそうで、職場からお客さんを連れてくるとまずこの応接室に入るわけだ。

この部屋の隣は茶室があって、ビジネスの話を終えた後・もしくは話がうまくまとまらない時に茶室に招待してリラックスタイムにしたのかもしれない。そのまま2Fの和室に上がって宴会、相手が酔ったところで契約をまとめるとか(あくどい)

 

そんなこんだで見てたら、あっという間に時間が立つのでした。

90分以上は見込んでの来館をお勧めします。

 

おしまい

 

【交通手段】岡谷駅から徒歩5分

【入館料】580円

【滞在時間】60分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】旧林家住宅 - 岡谷市ホームページ