wandercspotの日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています。

観音崎自然博物館

 

観音崎自然博物館は、観音崎の自然と動植物を片っ端から紹介する博物館である。

 

 

 

 

京急バスに乗って終点の観音崎で降り、徒歩10分程度。

トンネルをくぐり、

 

 

 

坂道を下り

 

 

これである。

 

見るからに昭和の行政施設という感じがして、わくわくする。

 

 

 

受付で入館料を支払い、入場。

館内はフラッシュを焚かなければ撮影可能。

 

 

 

まずは観音崎の植物コーナー

本物を置いているようで、植物の匂いがすごい漂ってくる。

 

 

 

となりにあるのは昆虫コーナー

 

 

特に説明もなく置かれているハチの巣。

 

 

 

生き物も普通に飼育されている。

 

 

 

 

ここからは海洋生物。

養殖漁業の方法などが詳細に掲示されているが、細かすぎるので本気で読んでると、退館まで数時間かかりそう。

 

 

 

突然あらわれるイカのホルマリン漬け?

目がすごい不気味だし、一番右とかでかくなりすぎて怖い。

 

 

 

タイも漬物になっている。美白。

 

 

 

動物ゾーンでは、ペット色々。

最後のカメは、箱のガラスに甲羅ガンガン当ててて、常にその音が響いてた。

 

 

 

熊とかワニも登場。

なんでもありだな。

 

 

 

いきなり脳が出てきてびっくりする。

 

 

 

文字がすごいチープで、昭和っぽさを感じる。

 

 

 

 

突然の暗闇ゾーン

 

 

 

深海ゾーンだった。

この巨大ガニはボス戦で出てくる気がする。

 

 

水族館要素もあり。

ほんとにいろいろあるな。

 

 

 

でもやっぱりホルマリン漬けは好きらしい。

 

 

最後は船ゾーンでおしまい。

 

 

というわけで展示の種類がやたら豊富なうえに、普通に生き物が動いているので軽い動物園や水族館要素も楽しめたのであった。

観音崎では遊泳客が多いけど、ここは空いてるし。

なにより昭和っぽい建物がイイネ

 

以上

 

 

【交通手段】横須賀駅京急大津駅等から京急バス観音崎」行。終点「観音崎」から徒歩10分

【入館料】400円

【土日の混雑度】★★(他に数名)

【URL】観音崎自然博物館(横須賀市)

 

 

 

広告を非表示にする

信楽寺 坂本龍馬の妻おりょうの墓

 

横須賀市にある信楽寺(しんぎょうじ)の墓地には、坂本龍馬の妻であった楢崎龍が埋葬されている。

 

 

 

 

 

最寄りは京急大津駅

 

「龍馬は土佐なのに、なぜ妻は横須賀?」という話だが、

龍馬死後のおりょうは土佐や京都では居場所が無く、関東に来て呉服商の西村松兵衛と再婚した。性格が悪いので追い出されて関東に移ったという話があるが、真偽不明らしい。

 

 

 

 

再婚先の西村家もそのあとで事業失敗したのか、晩年は夫婦で貧乏長屋暮らしをしていたとのこと。

そこへ、旦那をなくして未亡人になっていたおりょうの妹が移り住んできたのだが、西村松兵衛とその妹がデキてしまい、おりょうを残して2人で出奔しよったんだと。

悲しいなぁ(小並)

 

詳しくはこち

楢崎龍 - Wikipedia

 

 

 

開いているのか分からない商店街を抜けていく。

 

 

 

とりあえず横須賀市も「おりょうの街」として売ってはいて、おりょうを忍ぶ祭りも秋に催されている模様。

 

 

 

いきなり現れる看板

 

 

 

 

住宅街を抜けて到達。

 

 

 

 

 

 

 

入って右が境内、左が墓地。

 

 

 

変わった賽銭箱だな

 

 

 

見返りに何かくれるのだろうか

 

 

 

 

おりょうの墓は最奥の高台にあるので見つけやすい。

 

 

 

埋葬後しばらくは、この墓碑はなかったらしいが、

龍馬のかつての知人・関係者らで資金を集めて建立したとのこと。

 

 

亡くなった時は西村姓であったはずだが、先述の通り西村さんに出奔されておるので、あくまで「坂本龍馬」の妻である。

 

 

 

 

掲示板ひび割れまくってますが・・

 

 

 

 

墓地のすぐ上は崖である。

こういうところが横須賀っぽい。

 

 

 

 

ちなみに駅前の行政センターは移転して、廃墟となっていた。

 

 

以上

 

【交通手段】京急大津駅から徒歩10分

【入場料】無料

【土日の混雑度】★(だれもいない)

【URL】13.信楽寺(浄土宗)・坂本龍馬の妻龍子の墓|横須賀市

 

 

澤田美喜記念館

 

澤田美喜記念館は、その名の通り、澤田美喜さんと彼女のコレクションを記念する館である。

ここ、すごい面白かった。

 

 

 

 

そもそも澤田美喜って誰?」ということであるが、

この人は三菱の創業者である岩崎弥太郎の孫娘にあたる。

クリスチャンの外交官と結婚したことでキリスト教に改宗し、海外生活をしていた際に訪問した孤児院の活動に感銘を受け、自らも国内で1948年から孤児院の経営を行った。

 

 

 

 

孤児の多くは、進駐軍と日本人女性の間に生まれながら放置された「GIベビー」であり、孤児院は周辺住民だけでなく日本政府・進駐軍からも当初は冷遇されて、経営は窮乏していたそうだ。

それでも澤田さんの頑張りにより、1955年には昭和天皇も来園されるなど、活動は実を結んでいった。

1958年には、NHK紅白歌合戦の審査員にも選ばれている。

 

 

 

 

その孤児院からはじまったのが、この入り口右手の「エリザベス・サンダース・ホーム」で、敷地内には学校も建つ。

記念館に行くには入って左手に進むのだが、間違えて右手に行くと警備員さんから怖い目で見られるので気を付けないといけない。

 

 

 

階段をのぼっていく。

 

 

けっこう険しい(大汗)

 

 

 

 

そしてどかんと現れるのが記念館。

こんな形をしているのは、ノアの箱舟をイメージしたんだと。

 

 

 

 

玄関への手すりが十字架だらけでびっくりする。

 

 

 

 

館内は澤田美喜さんについての展示というより、この人が持っていた隠れキリシタングッズが殆どだった。

 

 

 

まずは有名な踏み絵。

もともとは信者から没収したキリスト系グッズをもとに、右上のような紙に絵を描いて、それを踏ませていたらしい。

だが紙だとすぐぼろぼろになるので、その後は教科書で見られるように、十字架を板にはめ込んでそれを踏ませることにしたようだ。

 

 

 

 

隠れキリシタングッズはかなり面白い。

続いては、剣の鍔である。

禁教がされる前の鍔は、このように堂々と十字架をあしらったものになっているが

 

 

 

禁教後は十字架要素はなくなっている。

しかし写真だと見づらいのだが、鍔の中に人が描かれていて、その人の胸のあたりに小さく十字架が金で刻まれている。

こんな風に、目を凝らさないと分からない範囲で、十字架をこっそり書き込んでいる。

 

 

 

 

 

こちらは、正面から見るとただの地蔵だが

 

 

 

背中にはおもいっきり十字架。

仏壇とかに置いとけば、この背中を見られることはないからね。

 

 

 

 

その発展形が、この観音像である。

テレビのリモコンみたく背中が外れ、中に十字架をしまい込む。

匠もびっくりの荒技である。

 

 

 

 

極めつけはこれ。

家康の像なのだが、なんと首が着脱可能で、その首の下に十字架が彫ってある。

禁教令を出した家康自身の首に描くこと自体がすさまじいアイロニーであるし、像とは言え家康の首を引っこ抜いたら幕府の武士たちも首チョンパである。

まさに灯台下暗し。

 

 

 

紹介するとキリがないほど、隠れキリシタングッズがあった。

というか、よくこれだけ集められたな、澤田女史。

 

 

十字架グッズもすさまじい量である。

 

 

 

東方の三賢者とおぼわしき像。

ロウソク台になっちゃってるけど、いいのだろうか。

 

 

あと、期間限定で展示されているのは、魔鏡。

見た目は普通の鏡なんだけれど、光に反射させてみると像が浮かび上がって、あら不思議というもの。(上の写真は鏡の裏面で、表面は普通の鏡になってる)

京極夏彦京極堂シリーズで題材にされてたけど、実物をみれるとは思わんかった。

 

 

 

 

魔鏡に光を当てると、こういう像が浮かび上がる。

仕掛けを書くと長くなるので、Wikipediaをご参照ください(笑)

魔鏡 - Wikipedia

 

見た目は普通の鏡なので、幕府の武士たちもまさかキリシタングッズとは気づかないだろう。

こうまでして信仰心を守る隠れキリシタン、壮絶である。

 

 

 

ちなみに澤田美喜さんの経歴については、配布資料のように束になって部屋の隅に置かれている。

各自みといてくださいねーって感じ。

まぁ澤田美喜記念館というより、澤田美喜さんの隠れキリシタングッズ資料館になっているからね、仕方ないね。

 

 

 

2階部分は礼拝堂。でおしまい。

 

 

 

というわけで、思わぬ収穫を得られるマイナー資料館の鑑、といった場所であった。

あと(ほかに客がいなかったからだと思うけど)、スタッフさんが展示品について丁寧に解説してくれたのがありがたかったな。

大磯駅前にあるので、この駅で降りる際はぜひ寄って行ってもらいたい場所である。

 

以上

 

 

【交通手段】大磯駅から徒歩2分

【入館料】500円

【混雑度】★(だれもいない)

【URL】澤田美喜記念館

 

 

広告を非表示にする

旧島崎藤村邸

 

国道1号を進んでいると、上り線側に突然案内表示が現れるのが、島崎藤村邸だ。

 

 

 

表記の通り進んでいく。

完全に裏道だが、大丈夫か?

 

 

また案内板。

 

 

 

最初の表示から徒歩2分。すぐ着いた。

しかし向かい側には・・

 

 

 

 

完全に普通の民家なんですが。

まわりも民家だらけなので、溶け込んでしまっていて最初わからなかった。

 

 

 

 

ただ入り口に小さな看板があったので、とりあえず安心。

 

 

 

ちなみに駐輪場もあるよ。

 

 

 

門をくぐると、人感センサーに反応して、「てれれれれ~れれれ~♪」とメロディが鳴り、ずっこけそうになる。

そのメロディを聞きつけて、おそらくこの建物の奥にいた受付の人が現れる。

 

 

 

島崎藤村といえば「夜明け前」なので、木曽のイメージしかなかったが、

本人は大磯をえらく気に入っていたようで、最後はここで没したようだ。

 

 

 

かなりの収入があったと思われる文豪にしては落ち着いた住まいだなと思いきや。

受付でもらったパンフレットによると、当時のサラリーマンの30年分の年収を費やしてこの敷地を買ったとのこと。

はんぱないな、文豪。

 

 

 

庭は昔のままであるようだ。

 

 

しかし建物の中へはあがれないのが残念だね。

縁側に座って中を覗き込むくらいしか許されないのである。

 

 

 

まぁこうして邸宅跡が残っているだけでも、執筆当時の風景を知れて良いのかもしれませんね。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】大磯駅から徒歩10分

【入場料】無料

【混雑度】★(だれもいない)

【URL】旧島崎藤村邸/大磯町ホームページ

 

 

 

広告を非表示にする

大磯町郷土資料館

 

大磯町郷土資料館は、大磯に関するいろいろを展示する資料館である。

 

 

 

吉田邸地区の対面にあるのが、城山公園。

 

 

 

 

 

 

 

涼味や華やいだ感じのある吉田邸地区とは打って変わり、鬱蒼とした感じをしている。

 

 

 

 

 

 

これが資料館。

吉田邸の方は観光客が結構いたが、こちらにその姿は見えない。

 

 

 

 

館内で撮影をするには、受付で申請する必要がある。

申請書に氏名や住所を書くだけで、すぐに交付してもらえた。

 

 

 

入り口をくぐると、いきなり目に入るのがこの三角頭の欄間である。

サイレントヒル2を思わせる。

 

 

 

このあたりは三井財閥でおなじみ三井家の別荘が建てられていた。

そのうち総領家が保有していた城山荘をオマージュして建築されたのが、この資料館。

確かに写真左の城山荘と、この資料館の外観は似ている。

 

 

 

 

この城山荘、全国の社寺の古材を利用して建築されたとのこと。

さっきの欄間も、そうして作られた装飾の一つである。

 

 

 

 

欄間には龍が彫られている。

意味は分からんが、良い感じ。

 

 

 

 

奥の資料室までの廊下。

 

 

縄文・弥生時代の土器?

 

 

短歌的なもの。

 

 

 

 

資料室はけっこう広い。

 

 

 

宗教・祭りゾーン

海に山もあるということで、それらへの信仰も強かったようだ。

 

 

 

 

別荘を持っていた人たちの図。有名どころがとても多い。

まぁほぼ跡形もなく消えてしまっていて、西園寺邸は悪の組織みたいな厳重ガード装甲で近寄れないし(居住者がいるのだろうか)、伊藤博文邸は大磯プリンスホテルの施設になっているようだが、近くを通ったら営業している感じが無かった。

 

 

 

三井家の別の別荘模型。

 

 

 

城山荘の骨組み模型。

どうしてさっきみたいな完成型でなく、骨組みだけにしたのだろうか?

 

 

 

展示品はバリエーションがあって、あとは横穴古墳とか

突然エモい骸骨だ。

 

 

 

サーフィンが日本で始まったころの、古いボードだとか

 

 

 

海洋生物のトロピカルな展示まで。

宗教から別荘から古代に生物まで、幅広く扱う資料館である。

 

 

 

館内は無料なうえに空いてるし、大磯観光で小休止としては良いポイントだなと思いましたとさ。

 

以上。

 

 

【交通手段】大磯駅からバス5分、「城山公園」下車。

【入場料】無料

【混雑度】★(誰もいない)

【URL】郷土資料館/大磯町ホームページ

 

 

広告を非表示にする

旧吉田茂邸地区と吉田邸

 

 

大磯は、吉田茂の自宅があった土地である。

その屋敷周辺は、旧吉田茂邸地区として公園整備されている。

 

 

 

 

大磯駅から吉田茂邸地区までは歩くと30分程度。

バスは10分単位で出ていて、最寄りの「城山公園」までは5分。

タクシーだらけでバス停の位置が分かりづらいが、道路わたって右手の方である。

 

 

 

 

「城山公園」で下車し国道1号を西へ向かってちょっと歩くと入り口。

 

 

 

 

 

土日はガイドもやっている。

 

 

 

 

公園への入場門。

サンフランシスコ講和条約締結時に、記念として建てられたものだそうだ。

 

 

 

 

入園して最初に見えるのは、日本庭園。

予想以上の規模。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭園から上への階段をのぼり、吉田茂像へ

 

 

 

 

 

鬱蒼とした道を抜けると、開けた道路。

 

右手に太平洋が広がるのだが、潮風を防ぐため松が大量に植えられている。

よって海は見えないが、ところどころ木の間を風がくぐり抜けてきて、それが涼しい。

 

 

 

逆光で見えづらくなっているが、吉田茂像。

 

 

ここからなら海が見渡せる。

 

 

 

さらに奥のほうへ。

 

 

坂を下って、入り口方面に戻っていく。

海側へは松が多かったが、この辺りの樹木は様々で、木かげ木かげ。

 

 

 

入り口の日本庭園の前に戻ってきたら、今度は庭園の向かいにある旧吉田邸へ。

 

 

 

吉田茂の邸宅自体は2009年になんと火災で焼失してしまったのだが、

再築されて2017年から一般公開されるようになった。

 

 

というわけで邸内はやたら新しい。

受付で入場料500円を払って右手に行くと、まずは応接間。

 

 

 

椅子の間隔ちかいな

 

 

 

吉田茂とゆかりのある人々

 

 

階段上がって2階へ

 

 

 

和室になっている。

新築なので、木の香りがすごい。

 

 

うらやましいヒノキ風呂。

 

 

書斎。

和室の片隅に書斎を設けるってなかなか珍しい。

 

 

 

書斎の本棚。

 

 

官邸直通の黒電話があったそうだ。

8年ほども首相をやっていたからこそだが、大磯まで直通電話引いてるってすごいな。

 

 

 

蔵書?

「スポーツ人生万歳」なんてハイテンションだな。

 

2階から降りて1階へ。

 

 

この石あとは、旧邸宅焼失前には建物があった箇所らしいが、

再築はされなかった部分である。

おそらく予算の事情なのだろう。

 

 

 

ただ再築されたおかげでエレベーターが設置されるなど、

バリアフリー吉田茂である。

 

 

 

壮大な食堂部分。

庭園が見えるのがgood。

 

 

高知にルーツを持つ吉田は、その地酒の司牡丹がお気に入りだったようだ。

左のラベルいいな。

 

 

 

食堂からは庭園が見渡せる。

基本どの部屋にも大きな窓があって、外が見えるのが良いところ。

 

 

食堂を出ると、本館はおしまい。

ここからは新館部分である。

 

 

 

これは金の間。室内にいろいろ金が使われているそうなのだが・・

 

 

いまいちよくわからないな。

 

 

 

 

この取っ手の部分がそうなのだろうか。

 

 

 

額縁や襖も、ほんのりゴールドな気がする。

 

 

 

これまたヒノキ風呂。

 

 

 

あと1つあるのが、書斎兼寝室である銀の間。

ベッドと本棚しかない、けっこう侘しい部屋である。

この部屋の銀要素はよくわからなかった。

 

 

吉田邸おしまい。

 

 

 

 

邸宅部分は有料だったけど、庭園部分は無料だし広いから、のんびりするにはいいかも。

案外たのしめる場所でした。

 

以上。

 

 

【交通手段】大磯駅からバス5分、「城山公園」下車

【入場料】500円(吉田邸のみ)

【混雑度】★★★(同じ部屋に数人)

【URL】大磯町郷土資料館・旧吉田茂邸サイト

 

 

 

山手234番館

 

山手234番館は、外人向けアパートとして1927年に建築された。

木おおいな!

 

 

 

なぜ「234番館」なのかというと、ここの番地が山手234-1だからである。

 

 

壮観な建物であり、山手西洋館の一群をなしているのだが、

なぜかGooglemapでは観光スポット扱いされていない。

 

 

 

 

 

建物は2階建て。

アパートだったこともあり、左右シンメトリーで部屋数は多め。

 

 

 

 

 

玄関入って左手はリビングとしての展示。

レコード機器が置いてあって、頼めば使わせてもらえるらしい。

シックですな。

 

 

 

 

食器棚かと思いきや、建物の破片とかも羅列されているのであった。

 

 

 

 

 

 

 

逆光のせいで暗くなってしまったが、キッチンは現代的。

 

 

 

 

この建物自体は、1980年代まで実際にアパートとして利用されていたこともあり、

他のアンティークな西洋館と比べて現代的・機能的な感じ。

 

 

 

 

 

第一展示室。昔の備品とか置いてある。

山手資料館の詰め込み具合を見た後で来ると、けっこうスペースに余り感がある。

 

 

 

 

第二展示室は、模型とパンフレット場。

 

 

 

 

 

玄関まで戻って、今度は右側に行くと

インフォメーション&ショップコーナー。

 

 

 

 

大きな蓄音機が存在感を発揮。

 

 

 

 

奥の廊下には、234番館の歴史。

 

さらに奥に行くと、殺風景な事務室しかないので引き返し。

 

 

 

 

事務室の近くには自販機もあります。

 

 

 

 

 

階段で2階へ

 

 

 

 

2Fはギャラリー&会議室。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真展&絵画展という感じ。

 

 

 

 

奥はまた殺風景な事務室。事務室多くないかなあ。

 

 

 

 

建物中央には吹き抜けの中庭があるけど、

広さが中途半端なので、当時の住人はこのスペースを使えていたのだろうか。

 

 

 

西洋館というにしては、アンティーク家具が少ないのと内装が現代的なので、

どちらかというとギャラリー要素を強く感じるのであった。

外観は好きだけどね。

 

 

以上

 

 

【交通手段】元町中華街駅から徒歩10分

      桜木町駅からバス15分「元町公園前」バス停下車すぐ。

【入館料】無料

【土日の混雑度】★★★(写真を撮ると他人がインカメ)

【滞在時間】15~25分

【URL】

www.hama-midorinokyokai.or.jp

 

 

広告を非表示にする