神奈川Cスポ探索日記

神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

時宗 当麻山 無量光寺

 

無量光寺は、時宗教団発祥の寺である。

 

 

 

寺門まわりの風景。

 

神奈川県民でも存在を知らないという、JR相模線の原当麻駅から徒歩15分。

 

 

 

ここはもともと一遍上人が草庵として利用していた土地。

一遍の死後に、弟子であった他阿(たあ)が信徒を教団としてまとめ上げ、本拠の寺として建てたのが無量光寺である。

 

 

 

当麻「山」ということで、坂を上っていく。

 

 

 

坂を上り、墓地を通り抜けると、山門。

17世紀の建築だそうだ。

 

 

 

さて、無量光寺時宗の本山として開基されたわけだが、3代目の死後に跡目争いがあり、分離する形で出来たのが藤沢の遊行寺である。

 

あとの流れは遊行寺の記事で書いたので端折るが、いまでは遊行寺が総本山であり、無量光寺は、まぁ多少はね?

 

 

 

山門の中へ。

 

 

 

道の左手には現代的な建造物が。

 

左は永代供養墓。

 

 

 

 

右のは北里大学医学部が建てた納骨堂で、医学部に献体してくれた人たちを弔うものである。

 

 

入口の道を、奥まで進む。

 

 

 

一遍上人の像。遊行寺も置いてたな。

 

ちなみにこの場所には本堂があったらしいが、明治時代に焼けてしまったらしい。

 

 

 

 

本堂跡の前には、灯篭。

 

 

 

けっこう新しい。

歴史ある寺だと、檀家もいるのだろう。

 

 

 

手水。

 

 

みんなどうしても龍にするんだな。

やっぱ好きなんすねえ。

 

 

 

鐘は遊行寺と違って、突くことができます。

これはポイント高い!(迫真)

 

 

 

経典を収めておく経堂も、やたら新しい。

 

 

 

 

木の周りを囲ってなにか飾られてる。

 

 

 

手水の水を落として音を鳴らす水琴窟。

水が流れてないようですが(すっとぼけ)。

 

 

 

もっと大きい木もあります。

 

 

 

山門からみて右奥にある本堂はこちら。

 

 

 

この本堂、「仮」であるらしい。

もとの本堂はさっき一遍上人像があったところだから。

でもその本堂焼けたの明治時代なんだってば(困惑)。

 

 

 

賽銭箱のうえには提灯が。

 

 

 

そして賽銭箱のむこうは全面ガラス戸という斬新さ。

内部には、一遍上人が作成に加わったと伝えられる像があり、10月の開山忌法要の際に見られるようだ。

 

「三」の紋章は遊行寺にもあったので、時宗の紋章と思われる。

 

 

 

引き返し、今度は山門から見て左方向に行くと、鬱蒼とした林になる。

 

 

 

池。

 

 

 

鯉もおります。

カメもいるらしいが、発見できず。

 

 

 

橋を渡った先は用具室だと思われる。

 

 

やたら大きな木が池の上に倒れている。

 

 

 

倒れているけど保存しないといけないらしい。

 

 

 

境内はこんな感じでした。

 

あと公式HPみると、「松平家の祖先である得川親氏がこの寺に入った後、三河へ移って松平家を興し、徳川家へと続いた」ってあるんだけど。

一方で遊行寺さんサイドは「親氏は遊行寺に入山した」って言ってるし。

 

 

両者で徳川の祖先争いをしているのだが、まぁ双方の過去の争いは坊さんでも簡単に洗い流せないということだろう(適当)。

 

 

そもそも松平家の祖先が得川親氏ということ自体に確たる証拠がないため、松平・徳川家のでっちあげ説がある。

得川家は新田源氏の末裔であり、つまり松平・徳川家は源氏の末裔なりと主張したいがための作り話であったかもしれない、なんだってさ。

 

 

 

 

しかし公式HPで、こういう可愛い散策マップを載せたりしているので、応援したくなったりはする。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】原当麻駅から徒歩15分

【入場料】無料

【滞在時間】30分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】

www.muryoukouji.or.jp

 

 

横浜市技能文化会館 匠プラザ

 

横浜市技能文化会館には、職人たちの技能や道具を展示する匠プラザがある。

 

 

 

技能文化会館は地下鉄の伊勢崎長者町駅すぐにあり、ここの1Fが匠プラザである。

 

 

 

建物自体には技能体験セミナーや就労支援・会議室など様々な機能があり、普通のビルである。

 

 

 

入口くぐって目の前にあるのが、これ。

 

 

 

 

中はこんな感じ。

裁縫セミナーとか職人の技実演会とかたまにやってるらしい。

 

開港後の横浜には多くの技能職人が集まったので、それら職種について説明し、その道具を所狭しと並べまくっている。

 

 

 

入口右手から回ると、最初は大工コーナー。

 

 

 

 

こんな風に、それぞれの道具について説明書きがある。

 

 

 

 

ショーウインドーの中に展示がされていて、手前側にある説明書きは読めるんだけど、奥の方に置いてあるやつ見えないんだよなぁ(老眼)。

 

 

 

カンナ。

ミスチルの曲と、ポケモンの四天王で名前は知ってたけど、実物を知ってる人って多いのかしら。

 

 

 

技能職人たちの像。

左の会議机といい、ほんとうに敷き詰められている感である。

 

 

 

石工。

 

 

石ばっかり(当然)

白いのは花崗岩と思われる。

固いので明治初期には扱えなかったが、明治30年代頃に技術発展で使用され始めた。

 

 

 

竹で壁の下地(木舞)を作る、木舞屋という職業があるらしい。

 

 

 

その肝心な木舞が奥に置いてあるが、手前の絵のせいでよく見えない。

 

 

 

左官屋さんがペタペタ塗るやつ。

 

 

 

畳屋さん。

 

 

 

畳屋さんの神様は、浦島太郎のモデルこと彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)らしい。

この人が竜宮城みたいなところへ行ったところ、そこのボスの海神が八重の畳を用意して出迎えたと日本書紀にあるので、きっと畳で迎えられた史上初の人なのだろう。

八重であって、八畳では無いので注意。

 

 

 

「生活関連コーナー」。

だが最初に錨が展示してあるんですが、それは。

 

 

 

印鑑職人は手彫りの高難易度。

 

 

 

見えづらくてすまんが、印鑑はこんな器具に固定して彫る模様。

 

 

 

時計屋さんと眼鏡屋さん。

 

 

時計の道具。

置き方にセンスを感じる。

 

 

こんな道具もあるんだな。

 

 

 

かみそり。

 

 

 

職人の手にかかれば、これくらい速攻である。

しかし今の子供たちはウルトラマンどれくらい知ってるんだろうか。

 

 

最後に、アイロン。

 

 

 

石炭アイロン見るたびに、煙やばくないか心配になる。

あと下手に触ったら超絶やけどしそう。

 

 

 

以上。

 

【交通手段】伊勢崎長者町駅から徒歩5分

【入館料】無料

【混雑度】★★(他に2~3人)

【滞在時間】20分

【URL】

gibun.jp

 

 

横浜山手・テニス発祥記念館

 

ここは日本におけるテニス発祥について語る記念館である。

 

 

 

 

中はログハウスな感じ。

 

 

 

外は現役のテニス場。

 

 

 

入口正面にあるのが、この展示。

 

 

 

右側は昔のテニスボール。

石を芯にして、布で包んで糸で巻いているらしい。

なにそれ痛そう。

 

 

 

 

15世紀頃のラケット。

手袋みたいに着用して使うらしい。

痛そう(確信)

 

 

 

裏はこんなかんじ。

 

 

 

ラケットに隠れて見えづらいが、この絵のような感じでプレーする。

手で打つもんだから、やたら至近距離である。

 

 

なお元々は素手で打ち合っていたが(震え)、手の防護のためラケットを使いだしたらしい。

 

 

 

ラケットいろいろ。

 

 

 

変った形のもある。

 

 

 

子供用はこんなんだったらしい。

虫取り網みたいだな。

 

 

 

ボールは、この幼女が手に持ってるやつ。

もはやバトミントンである。

 

 

 

テニスの歴史は古く、人々が球を打ち合う様は、紀元前15世紀エジプトの壁画に描かれていたりする。

それが12世紀頃にヨーロッパに伝わって、先ほどの手で打ち合う痛そうなスポーツとしてフランスで流行り、さらに広まっていった。

 

 

 

現在のテニス形式は、1873年にイギリス軍人ウィングフィールド少佐が考案したもの。

これが芝生の上で行う「ローンテニス」。

 

ウィングフィールド少佐は「スフェリスティキ」という名前で呼んでいたそうだが、呼びにくいので誰もマネしなかったようである(涙)

 

 

 

またウィングフィールド少佐のテニスコートは、ずいぶん不思議な形である。

1877年の第1回ウィンブルドン選手権では、現在のように長方形にされた模様。

 

 

 

テニスは英米で流行し、ラケットのほかネットやポールも合わせたテニスセットも登場。

 

 

 

ボールも現在のものに近くなってくる。

右のは饅頭みたいだが。

 

 

 

女性のスポーツ着はこの時代なかったので、まさかのドレスである。

案の定、裾をふんでコケることが多く、裾をたくし上げる用具まで開発された。

だれか体操着つくってやれよ・・

 

 

 

そんなテニスも日本に伝来し、横浜の外国人居留地でも1876年にプレーされたという記録がある。

今のところ、日本でこれより早くテニスがプレーされた記録が無いようなので、横浜がテニス発祥の地なのである(大勝利)。

 

 

 

テニスとお茶は、英国人にとって酸素レベルで必要だった模様。

 

 

 

ステンドグラスまで作ってしまった。

 

 

 

 

歌まで書いてしまった。

 

 

 

 

しかし竹久夢二が書くと、とてもテニスに見えないのである。

 

 

 

ボール入れいろいろ。

 

 

 

なんと天皇皇后陛下のテニスプレー写真が。

 

 

 

最後に、昔のラケットに触れるコーナー。

ただガットがだいぶ怪しいので、注意が必要である。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】石川町から徒歩10分。桜木町駅などからバス20分。

【入館料】無料

【滞在時間】30分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】

www.hama-midorinokyokai.or.jp

 

 

神奈川県埋蔵文化財センター

 

埋蔵文化財センターは、神奈川県で発掘された埋蔵文化財を飾っているところである。

 

 

 

 

開館時間は主に平日だが、第二土曜日も開いている。

殆どの利用者は研究者か学校教育と思われるので、この開館日時は一般利用者には厳しい仕打ちかもしれない。

 

 

 

 

エントランス。

案外きれいだね(驚愕)。

 

 

 

 

巨大カメくんのお出迎え。

 

 

 

 

2つ目から早速よく分からないのが出てきた。

 

 

 

鐘を作るのに使った土台らしい。

真ん中の底の部分。

 

 

 

 

 

これは小さい子供の棺桶としての甕壺だそうだ。

 

 

 

神奈川県内の遺跡の数。

多スギィ!

 

 

 

エントランスを通り過ぎて、受付。

一般向けの展示室は3Fだが、その前にここで一声かけなくてはいけない。

 

 

 

 

階段を登って、展示室へ。

エントランスとは打って変わった内装ですな(遠い目)。

 

 

 

 

室内はこんなかんじ。

 

建物内はほとんど会議室や内部職員のための施設であり、一般人が入れるのはここと、専門資料だらけの図書室くらいであるようだ。

 

 

 

縄文時代後期の貝塚の断面図。

 

 

 

ドアップにすると、うーんこの。

 

 

 

銛の先にはこんなのを付けていたらしい。

 

 

 

 

打製石器は小さなものから大きなものまで。

小さいのは木の棒に括りつけてナイフっぽくしている。

 

 

 

 

動物の毛皮などを切り裂く掻器は、イラスト付き解説。

 

 

 

磨製石器はさすがになめらかである。

 

 

 

土器もいろいろ。

 

 

縄文中期頃には蛇型の紋様?とされる土器が多く出現したらしい。

 

 

 

 

 

 

古墳時代になると、従来の素焼きである右の土師器と、より高温で丈夫に焼き上げる左の須恵器に大別され始める。

須恵器は半島から製作技術が伝来され、ろくろが使われだしたそうだ。

 

 

 

須恵器は余っているのか、その辺にごろごろ置いてある。

 

 

 

ふくろう。

お前誰だよ。

 

 

 

櫛。

これは古墳時代のだが、古くは縄文時代にもあったとされる。

 

 

 

奈良時代になると釉を使った陶器が出てくるが、お金持ちしか買えないんだな。

 

 

 

この時代では人型の木細工も登場。

土偶みたいなもんだろうか。

 

 

 

お馴染みの三角縁神獣鏡くんも。

 

 

 

鎌倉時代

 

 

江戸時代。

この辺だと、けっこう綺麗な状態で発掘されている。

 

 

 

時代が前後するが、古墳時代のミニチュア土器。

べつにおままごとしてたわけじゃなくて、祭祀用。

 

 

 

土偶

顔こわすぎ。ムジュラかよ。

 

 

 

 

このへんの土偶たちは、何か呪いを掛けに来ているのだろうか。

 

 

 

アニメチックなフクロウ。

もとは土器の一部分。

ようやくこのフクロウの由来が分かったところで展示終了。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】阪東橋駅から徒歩10分

【滞在時間】20分

【混雑度】★(誰もいない)

【入館料】無料

【URL】

www.pref.kanagawa.jp

 

 

 

旧英国七番館

 

旧英国七番館は、山下公園近くにある西洋館である。

 

 

 

 

 

1922年、イギリスの貿易会社であるバターフィールド&スワイヤ商会の横浜支社として建築された。

「山下町7番地」に建てられたので、7番館である。

 

 

 

スワイヤグループは、現在も世界中で13万人以上を雇用する巨大商社である。

19世紀初頭にリバプールにて起業。

清朝末期のドサクサで中国へ進出。

アヘン戦争絡みで有名なジャーディン・マセソン協会などと上海や香港で利権を握り、清朝中国を支配する4大外資企業となった。

 

 

 

 

震災前の外観写真。 

現在の規模は、当時の1/3程度だという。

 

 

そんなスワイヤさんが建てた横浜支店であるわけだが、悲しいかな建築翌年に関東大震災に見舞われ、中身は全焼。

ただ全壊は免れたので再建され、外国商館としては唯一残る貴重な建物となっている。

 

なおスワイヤさんはこの地震で嫌になったのかは知らないが、いまは日本に支店を持っていない模様。

 

 

 

 

ところでこの建物、現在はかの創価学会が所有しており、「戸田平和記念館」として開放されている。

というわけで、門にも創価学会と刻印されている。

 

 

 

 

館内の展示は数年周期で変わるようだが、基本は反戦的なものであり、このときは核兵器に関するものであった。

内部は撮影禁止となっているので、残念ながらお写真は無し。

 

 

まぁ内装は山手の西洋館と異なり、あくまで普通の展示室であって、特に西洋館要素は見当たらず。

展示内容自体も核兵器の非人道性を主張するもので、政治的や宗教的なものはあまり無かった。

 

ただ2Fの一番奥に「池田大作先生ご使用のボールペン」ってのはあったけど。

 

 

 

 

あと入館したら「組合活動できるじゃない!」って入信勧誘されるんじゃないかとビクビクしてたが、そんなことはなかったので安心されたい。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】元町中華街駅から徒歩5分

【入館料】無料

【滞在時間】10分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】平和・文化・教育運動の紹介 | [東海道] 神奈川創価学会 | KANAGAWA SOKA

 

 

広告を非表示にする

藤澤浮世絵館

 

藤澤浮世絵館は、辻堂駅近くにある浮世絵専門美術館である。

 

 

 

ココテラスというビルの7Fにある。

このビルにはアトリエや書道教室、サッカー教室や塾など様々な学芸施設が入っている。

 

一方で藤沢市の下水道や建設部局など、思いっきり相反する部署も入居している(失礼)

 

 

 

 

エレベーター6Fで降りると、いきなり浮世絵館満載である。

 

 

 

奥の方が入り口。

 

 

 

入場は無料である。

しかし傘立て多すぎないか(困惑)

 

 

 

 

受付でパンフレットをもらい、中へ。

 

 

 

まずは浮世絵の画法についてお勉強。

 

 

 

頭髪の部分を彫ることが一番難しいらしい。

やはり髪はいつの時代も重要である。

 

 

 

ずらーっと浮世絵が並んでる。

 

 

 

ここで展示されているのは、歌川広重の「東海道五十三次」。

やはり藤沢としては、東海道の宿場町であったことを全力で推したいのだろう。

 

この絵は「品川」である。

 

 

 

ところが帰ってきてから「東海道五十三次」について検索すると、同じ「品川」なのに全然違う絵が出てきた。

どういうこっちゃ。

 

 

どうも歌川広重は「東海道五十三次」を、30種類以上描いているらしい。

すぐ上に挙げたのは一番有名な「保永堂」シリーズであり、浮世絵館で展示しているのは「人物東海道」シリーズである。

 

「保永堂」シリーズなど有名どころはwikipediaにも載っているのだが、人物東海道はなかなかヒットしないので、私のつたない写真で勘弁してクレメンス。

 

 

 

これは「戸塚」である。

早くも富士山が登場しているが、静岡に入った時に富士山だらけにならないか心配である。

 

 

 

ご当地「藤沢」はこれ。

こんなに雪降るところだっけ?

 

 

 

「大磯」。

ここまで登場人物は徒歩の姿だったのに、ついに疲れたのか籠に乗っている。

 

 

 

「原」

 

 

 

「吉原」

 

 

「蒲原」

 

 

やっぱり静岡に入ったら、富士山だらけになってしまった。

戸塚で使わない方が良かったのでは。

 

 

ちなみに、歌川広重東海道を歩いたことを題材に「五十三次」を描いたと思われていたのだが、実は歩いていない疑惑が浮上しているらしい。

 

詳しくはこちら 

東海道五十三次 (浮世絵) - Wikipedia

 

 

 

 

 

五十三次を見終わって、藤沢コーナーへ。

 

 

 

東海道の街並みは色んな浮世絵師が描いているので、藤沢が題材の絵も多くある。

 

これは渓斎英泉の「美人東海道」シリーズだが、もう街とかどうでも良いレベルで美人(古典)が全面に出ている。

 

なお渓斎英泉は歌川広重とともに「木曽街道六十九次」を描いているが、木曽街道と言いつつ実はほとんど中山道について描いていることは秘密である。

 

 

 

これは上方の中井芳瀧という浮世絵師の「五人男客気白浪」。

上方と江戸では顔の描き方や、刷りの濃さが違うらしい。

これもうわかんねえな。

 

 

 

あとは江の島&企画展である。

 

このときの企画展では、海外の画風の影響を受けた浮世絵特集だった。

 

 

 

時代的に欧州で印象派が流行っていた時なので、その影響を受けているらしい。

川瀬巴水という人の「相州七里ガ浜」である。

 

 

 

 

もっとごわごわした浮世絵チックなのが好きな人は、定方塊石の「江之島稚兒ヶ渕の富士」がおすすめである。

名前からしてごわごわしている。

 

 

そんな感じで、展示室はおしまい。

 

 

 

もとの部屋に戻ってきた。

 

 

 

大きな絵。

 

 

小田急の路線案内だった。

 

 

 

浮世絵すごろく。

250円だって。

 

 

 

浮世絵のできるまでのフローチャート

 

説明してなかったが、浮世絵には直接筆で描いた「肉筆画」と、「木版画」がある。

 

肉筆画だと1枚しか作れないが、木版画であればたくさんコピーできるから、当時は木版画が主流である。

 

 

 

 

 

小学校の図工を思い出す感じ。

 

 

 

 

体験もできます。

 

 

 

なぞなぞコーナーもあった。

 

 

 

以上。

 

 

 

【交通手段】辻堂駅から徒歩5分

【滞在時間】30分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【入館料】無料

【URL】

fujisawa-ukiyoekan.net

 

 

 

 

 

 

   

広告を非表示にする

ふじさわ宿交流館

 

ふじさわ宿交流館は、藤沢宿の様子の展示&公民館的なやつである。

 

 

 

藤沢は東海道のほか、大山街道・江の島道など大規模中規模の街道がわらわら集まってくるところであり、自然と人も集まるところであった。

 

さらに遊行寺も隆盛したので門前町として栄え、江戸時代には徳川将軍の休憩どころとして藤沢御殿なるものがあったらしい。

つよそう。

 

 

 

 

 

 

2階建てだけど、1Fの半分と2F全部は会議室など公民館要素であり、残りの1F部分が資料室である。

 

 

 

 

 

最初に目につくのが、江戸時代頃の藤沢最盛期のジオラマ

手前に見える橋が「遊行橋」であり、これをまっすぐ行くと遊行寺である。

 

 

 

橋を渡って最初の角の右斜め前にあるのが、この交流館である。

 

 

 

なお現在の遊行橋はこれ。

 

 

 

この斬新なボタンを押せば、音声解説を聞くことができる。

 

 

 

ジオラマに向かって右の展示から見ていく。

 

これは「浪花講」の定宿帳である。

浪花講という大阪の組合が、安全健全な旅籠を認定して一覧にし、さらに道中案内も載せたもの。

江戸時代版るるぶである。

 

 

 

 

旅をするにも関所を抜けないといけないので、そのための身分証明書。

 

 

 

旅の道具たち

 

 

 

 

右が弁当箱で、左が酒器。

 

弁当箱の簡素さに対して、この酒器である。

持ち主の本気度がうかがえる。

 

 

 

枕。

貴重品は引出しに入れて寝れば、窃盗も防げるという画期性。

でもその前に、角に頭打ちそうである。

 

 

 

 

ジオラマ向かって左の展示へ。

源義経の伝説である。

 

源義経の処刑後、その首は腰越の浜に捨てられたが、黄金の亀の背中に乗って境川(さっきの遊行橋がかかってた川)を上っていく。

遭遇した藤沢の第一村人に「弔ってクレメンス」とお願いし、村人は藤沢本町駅近くにある井戸で首を洗って葬ったという。

 

まぁ義経については、生き延びて大陸に渡ってチンギスハンになったとかいろいろ伝説があるからねえ(雑)。

 

 

 

藤沢宿で発掘された陶器。

ろくな形で残っていない。

 

 

それに比べて酒器は完璧な形で発掘されている。

藤沢の人々の本気度がここでもうかがえる。

 

 

なお発掘調査自体は1990年代後半から始められたという、ずいぶん最近の話である。

 

 

 

最後に、こんなゲームがあった。

 

当時の藤沢宿の中を歩けるというものである。

ただ村人と話したり、民家に入って壺を割ってルピーを得たりは出来ず、お外を歩き回るだけではある。

 

画質はやたら良いので、それにステータス全振りした感がある。

 

 

 

以上。

 

 

【交通手段】藤沢駅から徒歩15分

【入館料】無料

【滞在時間】20分

【混雑度】★(誰もいない)

【URL】

www.fujisawa-kanko.jp

 

 

広告を非表示にする