C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

昭和天皇記念館

 

昭和記念公園の中に、昭和天皇記念館という資料館があります。

立川駅から徒歩10分、公園あけぼの口から入り、花みどり文化センターという施設にある。公園は有料区域と無料区域に分かれているけれど、ここは無料区域です。

 

入館料は510円。公園の有料区域との共通券だと760円。

本来なら510円+450円=960円なので、200円お得ですな。

 

(1949年全国御幸の昭和天皇

 

館内は撮影禁止なので写真がありませぬ。天皇陛下にカメラなどという毛唐の蛮具を向けるなど不敬極まりないことが理由だと思います(適当)

まぁ画像はwikiにいっぱい載っているので参照し放題ですが。

 

館内では昭和天皇の人生を振り返るビデオが放映されています。

上皇天皇が落ち着いた振る舞いをしているのと対照に、この人かなり動きますね。

手どころか帽子まで振ってるし、自ら積極的に国民に話しかけたり、なんなら爆笑までしていた。皇族が今のスタイルで行くと、爆笑した最後の天皇になるかもしれない。

 

(1928年即位の礼の際の香淳皇后

 

写真は天皇の幼少期から遡って節目の年ごとにたくさんあり、皇后と一緒のものも多くあります。

即位の礼のときの皇后は雛人形にしか見えませんでした。

 

 

天皇や皇族が使う御料車は2006年からトヨタのセンチュリーが使われてますけど、その前はプリンスロイヤルだった。本物が館内に飾られております。

ナンバープレートは一般ピーポーの車と異なり、直径10cmサイズで「皇」と刻まれた銀の円盤が据え付けられている。

ちゃんと車検も自動車重量税もやらなくてはいけないらしい。皇族の車検かぁ。さすがにオートバックスではないでしょうね。

 

ウミウシさん 画像はwikiから ウミウシ - Wikipedia

 

あと皇族の方々は何かしら研究テーマ持ってますけど、昭和天皇は海洋生物がメインだったのね。館内ではホルマリン漬けにされたクラゲやウミウシを眺めることができます。

 

ちなみに昭和天皇は魚を食べてみることも研究の一つと思っており、「ウミウシも食べれるのではないか」と考えられ、お付きの料理人に調理させてみたそうな。

んで食べてみた結論が「あまりおいしいものではなかった」。陛下、もう少しご自愛ください。

なおプレゼントされた大きなタイは食べずに標本にしてしまったという。あのさぁ・・

 

という感じで昭和天皇の人間らしさを次代まで伝えていくという資料館でした。

今後の天皇もそれぞれ資料館つくるのかしら。となると、小室圭ミュージアム爆誕する可能性もニュートリノレベルで存在している・・?

 

おしまい

 

【交通手段】立川駅から徒歩15分

【入館料】510円

【滞在時間】30分

【混雑度】★★★★(すぐ横に人)

【URL】昭和天皇記念館/(公財)昭和聖徳記念財団