神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

Wood Egg お好み焼館(オタフクソース工場見学)

 

広島にはオタフクソースの本社があり、工場見学ができるので予約して行った。

「Wood Egg お好み焼館」という施設の中にある。

広電の井口駅から10分ほど歩くと、見えてくるアレ。

 

 

 

 

いったい何事かと思ったが、これがWood Eggです。

お好み焼きなのに、どうしてタマゴなのかしら。

 

 

1Fのエントランスで、見学時間まで待ちます。

費用は無料ですが、平日しかやっていないので要注意。

公式HPで事前に申し込みます。

 

 

時間になったので、ガイドさんの案内で工場へ向かいます。

5分ほど歩いたところにあるそうな。

 

 

工場に来ました。

 

 

入館します。

 

 

エントランスからエレベーターに乗って上階へ。

 

 

工場への通路。

 

 

その途中で社員食堂が。

 

 

メニューいろいろ。

自社製品も使っているのかしら。

ブルドックソースなんて使ったら、社長室呼び出しになるので気を付けよう(嘘)

 

 

食堂の壁には絵が描かれているが、なぜ戦時中が舞台なんだ?

社食ですらNo more HIROSHIMAの精神なんだろうか。

 

 

さて、工場に入りました。

 

 

さぞかしソースの製造過程が見られるんやろなぁと思っていたら、ソースを容器に注入して箱詰めする過程だけであった。

ちょっと肩透かし感がするが、製造ラインには雑菌なぞ入れてはならぬため、外部の者なぞ入ってくれるなということであろう。

 

 

ソースを容器に注入する機械です。

 

 

ソースの入った容器は封をされて、容赦なく次のラインへポンポン放り込まれております。

 

 

袋詰めされて搬送されています。

 

 

箱詰めされました。

出荷出荷。

 

 

この工場では500gのソースを毎日50,000本製造しているそうな。

そのソースを縦に積んでいったとすると、富士山どころかエベレストまで超えて高度10,000mにまで達してしまうらしい。

 

そんなにオタフクソース使う人、居るの?(問題発言)

 

 

箱詰めされた連中の行先を見に行きます。

 

 

トラックへの積載まですべて機械でやっている。

 

 

流れてきた箱をパレットに移すクレーン?は動物の絵付けがされている。

社会科見学にきたお子様はここで大盛り上がりするらしい。

 

 

別の機械が、箱を積んでやってきた。

全自動で床の上をスイスイ動いている。

 

 

トラックへの積載レーンにまで運んできた。

 

 

いってらっしゃい。

 

 

というわけで工場見学は終わり。

20分くらいだったか。

 

そして終了後に、なんとオタフクソース500gが貰えます。

本日出来上がったばかりのものなので、やけに容器が温かい。

参加無料なのにお土産まで貰えるとは、さては儲かってるなオタフク。

 

 

見学コースはまだ続きます。

最初のお好み焼館にもどって、直接見ることは出来なかったソースの製造工程をビデオで鑑賞。

 

 

ビデオ鑑賞が終わると、今度はお好み焼館の2Fにある「おこのミュージアム」へ。

お好み焼オタフクソースの歴史を展示する博物館である。

 

このミュージアムは、特に予約なしで入ることが出来る。

工場見学コースだとガイドさんの説明付きで回れます。

 

 

ここは戦前だか戦後だかのお好み焼の店舗を再現したのだと思う。

すまん、あまり覚えていない(無能)

 

 

お好み焼が流行りだしたのは20世紀前半とされる。

そのときは「一銭洋食」と言われていた。

一銭で食べられる簡単な食べ物ということで、食事と言うよりお菓子の要素が強かったかもしれない。

 

ちなみに当時はソース掛ければぜんぶ洋食扱いだったので、ウスターソースを掛けて食べるお好み焼も「洋食」と呼ばれていた。

なんじゃそりゃ。

 

 

鉄板の上にオムレツのってますけど?と思ったら、これがまさに一銭洋食。

半分に折りたたんで食べるらしい。

おそらく今と違って、当時は具材がそんなに豊富でないから、折りたためたのだろう。

 

 

 

鉄板台の下を覗いてみる。

 

 

七輪か?

鉄板の大きさに対して明らかに火力が足りていない感がすごいが、まぁお菓子だし多少はね。

 

 

店の奥には普通に住家ゾーンがある。

お好み焼って鉄板と材料があれば簡単に出来るから、住宅街で自宅で店を開いていた人もいるそうな。

特に戦後、戦災で夫を亡くした女性たちが生計を立てるために営業していた。

 

 

キッチンも、鉄板のすぐ横にあって簡易的である。

広島だから蕎麦もありますね。

 

 

こちらはお好み焼の屋台。

1955年頃~1965年頃まで、実際に露店で営業していたもの。

 

 

戦後の荒れ果てた広島へは、海外から救援物資として小麦粉がやたら届けられた。

そして広島には軍事基地が多数あったので、鉄板をそこから拾いだしてきて、小麦を水で溶いて焼いて食べて飢えをしのいでいたそうな。

 

というわけで、お好み焼きは戦後混乱期の広島人を救った、文字通りのソウルフードという面がある。

 

 

屋台には車輪が付けられて、鉄板1枚でどこへでも行けるようになっております。

そう考えると、本当に簡単にできるんだな、お好み焼き。

 

 

パネルや文字が増えてきました(小学生)

この辺はお好み焼についての解説。

 

 

お好み焼の流行はさきほど書いたとおりだが、起源はなんと千利休にあるそうな。

小麦粉を水で溶いて、焼いて味噌ぬって丸めて茶菓子として出したのがそれ。

お茶だいすきマンってだけじゃなかったんですねぇ。

 

 

栄養成分の表示。

お好み焼にはいろいろな食材が入っているから、1枚食べると1食分で必要な栄養をほぼ全て満たしているんだと。

 

最強じゃん、お好み焼き。

これだけ食べてれば何の問題も無しですね。

身体が粉っぽくなりそうだけど。

 

 

お好み焼の具材は、載せる順番がちゃんとあるそうです。

 

 

生地の上に、かつおぶし・キャベツ・天かす・青ネギ・・・

 

 

もやし・豚バラ・麺。

さて、覚えたら実践してみよう!

具材が無いなら全部キャベツとモヤシにしておけばいいよ。

 

 

こちらはオタフクソースの歴史ゾーンですね。

 

 

創業者はこの人。

戦前から酢の醸造や醤油の小売をしてたのだが、戦後になって「これからは洋食の時代・・!」と意気込んで、ウスターソースを製造しだした。

洋食=ウスターソースって発想どうなの?と思うが、ソースがかかっていれば全部洋食と思われていた時代なのだ。

やむなし。

 

(お好みソースの製造メモ)

 

しかしウスターソースの製造業者は既に他におり、販路を開拓できなかった。

ただ飲食店への営業を続けているうちに、「お好み焼ウスターソースを掛けると、液体感が強すぎてすぐに鉄板に流れて落ちてしまい、鉄板上で焦げて掃除が大変だ」という声が多いことを知る。

 

そこでお好み焼に相応しいソースの開発を始めたんだとさ。

 

 

試行錯誤のすえ、ソースにとろみを付けることで、お好み焼に掛けても下に流れ落ちなくすることに成功。

これがオタフクソースの看板「お好みソース」である。

 

ウスターソースが入っているケースを引っくり返すと、ソースはサラサラと下に流れていく。

一方でお好みソースはとろみがあるので、ゆっくりと流れていきます。

 

 

 

ビンが主流になる前は、一斗甕にソースを入れて販売してましたよ。

酒と一緒やね。

 

 

ビンが登場するとこちらが主役になったが、一升瓶を10本載せたこの木箱、めちゃくちゃ重い。

実際、木箱を破壊することが何度もあったそうな。

 

しかもお好みソースはとろみがあるので、ビンから出しづらい。

いろいろと不便がありました。

 

(ビンの変遷)

 

さらに、お好みソースは「爆弾ソース」と呼ばれていた。

保存料を使わずに自然の材料で作っているので、ソースの中で酵母が生存して発酵し、それで生じる炭酸ガスでビンを中から爆発させる事件が起こったそうな。

中国かよ(直球)。

 

なお展示資料ではこの爆発事件について「お好みソースは自然の恵みを活かしているのです」と良い話みたいにまとめているのだが、待て待て待て。

 

 

1982年になると、専用のボトルが出来て問題解決しました。

よかったね。

 

 

新しい容器の登場と共にパッケージも変えてみたのだが、どうみてもマヨネーズである。

やっぱり売り上げも落ちたので、従来のパッケージに戻しました。

 

 

巨大なお好みソースがある。

横から容器を押してみると・・

 

 

展示がひっくり返って、こんなん出てきましたけど。

お好みソースに含まれている材料を示しております。

 

意外と野菜・果物が多く、全体の1/4を占めている。

残り3/4は何かって?

それは企業秘密です。

 

 

スパイスも多種多様に使われており、それらはわざわざ石臼で挽いている。

機械で挽くのと違って熱が加わらないから風味を損なわないそうな。

 

実際にここでスパイスを石臼で挽くことが出来る。

とにかく香りがすごい。

ガンガン匂い立ってきて、鼻が痛い(やりすぎ)。

 

 

デーツという果物も使用されています。

中近東に植生するもので、「神が与えた食物」とも呼ばれ、栄養分も多く人気が高い。

 

 

というわけで、オタフクソースの凄さが分かったら、プリクラを撮りましょう。

 

ミュージアムはおしまい。

 

 

最後にお土産売り場を見ます。

 

 

オタフクソースは、さっきのお好みソースだけでなく、多種多様な商品を販売しております。

ここは様々な酢の試飲ができる。

そういや、もとは酢の醸造屋でしたね。

 

 

さっき出てきたデーツの試食もできるよ。

ただし数に限りがあるため、お一人様に付き1個までとさせていただきます(ショップチャンネル

 

サイズは親指くらいあって、まぁまぁ大きい。

味はプルーンみたいな感じだった。甘みと酸味。

 

 

ソースたくさん置いてまっせ。

私は工場見学でもらったので、十分ですが。

 

 

こういうのもあるよ。

味の素に負けていられませんね。

 

 

お好み焼き用に、ヘラまで。

しかも自分の描いたデザインを刻んでくれるそうな。

MYヘラ。

 

 

マレーシアにも工場が進出しており、イスラム教徒向けにハラールなソースも製造している。

しかし容器が灯油入れみたいなのは、アッラーの教え的に大丈夫なんでしょうか。

 

 

極めつけはソースバーである。

まんま、ソースの試食会場。

 

 

しかも種類はいっぱい。

使い捨てスプーンが置いてあるので、ソースをスプーンに垂らして舐めましょう。

 

なおソースの容器、ちょっとだけ中身を出すのはなかなか難易度が高い。

少しでも強めに容器を圧してしまうと、中身がピュっと勢いよく飛び出てしまう。

私の前の人が思いっきり床に飛ばしてたが、それを見ていながら私も同じミスやらかしてた。

 

床だからまだ良かったが、他の客の衣服に飛ばしたら最悪なことになるな。

皆さんもソースバーに来られる際は、ソースまみれにして良い服装でお越しください。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】井口駅から徒歩10分

【入場料】無料

【滞在時間】120分

【混雑度】★★★(ちらほら)

【URL】

www.otafuku.co.jp