C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

オタフクソース工場見学(広島)

(「wood eggお好み焼き館」と工場見学で1本の記事にしてましたが、長いので分けました)

 

オタフクソースの本社が広島市にあり、工場見学ができるのです。公式HPからの予約が必要になります。

集合場所は広島電鉄井口駅から徒歩10分「wood eggお好み焼き館」。広島駅からバス1時間でも来れるようです。

参加費は無料ですが、平日しかやってないので要注意。

受付で待機し、開始時間になるとガイドさんから集合をかけられるので付いていきましょう。

wood eggお好み焼き館から出て、道路を歩くこと5分。オタフクソースの工場に到着です。

さぁ製造場にやってきたぞ!ソースはどうやって作っているのかな?

・・すでに容器詰めされたソースがコンベアー上を超高速で動いております。あれ、野菜をマッシュしたり、ソースを鍋でかき混ぜたりとか、ソースづくりの工程は無いのかな。

ここで見られるのは、容器にソースを詰める→ラベルを貼って袋詰め→箱詰め、という部分です。ソースづくりは衛生面の問題があるので、部外者は立ち入り禁止のようですね。そりゃそうだ。私の髪の毛がソースに混入して世界中の和食料理店に出荷され、外国人に新たな風味と食感を与えるのは控えたいところ。

この工場では1日に5万本ものオタフクソース(500g)が製造されています。ぜんぶ縦に積み上げると、富士山どころかエベレストまで追い越して、高度1万メートルまで達するそうだ。なんかすごい頭悪そうな例えで最高だな。

段ボール箱に詰められたソースが出荷されていくところです。

なんと自動操縦機械が運搬しているのだ。ぴろぴろ~♪と軽快なメロディを流しながら床の上をスイスイ動いている。たしかルパンのテーマだった。

一方では動物の姿をしたクレーンが、コンベアーをやってきた段ボール箱をテキパキと捌いている。すべて全自動で流れ作業になっており、ボーっとしながら無限にみていられる光景です。

校外学習に来たお子様たちはこのゾーンに張り付いてしまうらしい。ガイドさんに尻を叩かれて進み、工場見学はおしまいです。20分程度だったかな。

工場を出るときに、オタフクソースをお土産でもらいました。1人1本、500g。

今朝つくられたばかりということで、手に持つと温かい。新鮮なのでこのまま飲むのが一番だと思われます(錯乱)

見学ツアーはそのあとwood eggお好み焼き館にもどり、お好み焼き専門資料室「おこのミュージアム」をまわります。ガイドさんの説明付きで展示品を見るのだが、けっこうボリュームがある割にツアーはどんどん進んでしまうので全く時間が足りない。

ツアー終了後にも来れるので、あとでゆっくり見ることにします。その模様が↓

lovingcspot.hatenablog.com

最後にお土産売り場です。部屋がかなり広いですが、そんなにソース製品の種類があるのでしょうか・・?

・・ものすごいたくさんあった。ノーマルなものから辛い物・甘い物、野菜多め・果物多め・塩分50%OFFに糖質50%OFF。ユーザーのニーズに合わせ過ぎである。注文住宅か。

お好み焼き用のヘラもあります。自分専用のMYヘラも作ってもらえるそうだ。オタフクのロゴは漏れなく付いてきますがね。嫌ならその部分だけヘラで削り落とせばよい(非道)

ムスリムの皆さん向けにハラールのソースもある。しかしこの容器はムスリム仕様なのでしょうか。使い終わったら灯油でも入れられそうですね。

極めつけはソースバー。あの大量に種類のあるソースを試食できるのだ。あなたにピッタリの一品を見つけよう。そのまえに喉が渇いて飢え死ぬ可能性もありますが。

 

おしまい

 

【交通手段】井口駅から徒歩10分

【見学料】無料

【混雑度】★★★(他に数組)

【ツアー時間】90分

【URL】

www.otafuku.co.jp