神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

旅行ブログです。地域別カテゴリは最下段から。

服部民俗資料館

 

川越の蔵造り街にある、1棟です。

1893年の大火事でこの地域一帯は焼け野原となったが、そのあとに防火対策を施して建築されたのがこれら蔵たちであり、その中の一つである。

 

 

ここに住んでいた服部家は、薬やら傘やら下駄を販売していた。

当時からの建物をそのまま資料館にしている。

ということは、今でもここの奥に住んでいるのだろうか。

 

 

山新という屋号だったとさ。

入場は無料です、もとい室内の一部はグッズ売り場になっている。

 

 

館内撮影禁止だけど、館員さん(屋主?)の好意により、1枚だけ撮らせてもらいました。

商家らしく、薬箱や草履のほか、枕や火打石などの旅道具、店の看板が展示されていた。

左奥の方には当時のお店スペース再現部分も。

 

しかしこれ以上写真を撮っていないので、書くことが無いのだ、悪かったな!

ふらっと入って、江戸~明治期の日用品見学を軽く楽しむには良いと思います。

 

 

以上

 

【交通手段】本川越駅から徒歩15分

【入場料】無料

【混雑度】★★(他に2~3人)

【滞在時間】20分

【URL】

www.kawagoe-yell.com