神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

南湖院記念 太陽の郷庭園

 

これは南湖院の第一病棟である。

現在は老人ホーム 太陽の郷の敷地内に保存されている。

 

 

 

南湖院の概要については、茅ヶ崎ゆかりの人物館の記事で書いたので、そちらを参照。

 

南湖院の敷地のうち、半分程度を売却し、残った部分を老人ホームとして高田畊安の子孫が経営している模様。

 

南湖院の建物はほとんど解体されてしまったが、1899年に建築された第一病棟だけは記念として保存され、2015年に茅ヶ崎市に寄贈されて一般公開となった。

 

 

 

 

なおグーグルマップで南湖院までの経路を検索すると、西側(西浜高校側)から入るようルートが出るが、それは罠である。

 

東側(西浜中学側)にしか入り口は無いので、要注意。

 

 

 

 

正確には病院ではないと思うのだが、昔のなごりで表札を残しているのだろうか。

 

 

 

 

 

奥の方へ進むと、第一病棟が見えてきた。

 

 

 

海側に見える大層な施設は、老人ホームである。

 

 

 

正面から第一病棟を見た図。

 

 

 

最低限の補修くらいはしていると思うが、時代を感じさせるためにわざと荒廃させているのだろうか。

もしくは予算の都合(以下略)。

 

 

 

この第一病棟は、高田畊安の母の名を取って「竹子室」と名付けられており、高田先生にとってよほど思い入れのある建物と考えられることが保存の理由の1つかと。

 

 

 

 

ドアのガラス越しに、中を見た図。

 

現時点では建物内には入れない。

整備が完了したらオープンする予定らしい。

 

まぁしかし2015年に寄贈されてもう2年経つわけなので、おそらく内部公開時期は「未定(すっとぼけ)」である可能性。

 

 

 

建物の西側を見ると、こんな感じ。

グーグルマップの案内で西側からきてしまうと、あの門にあたって入れないことになる。

 

 

 

近くに野外トイレがあるが、よほどの覚悟がないと利用でき無さそう。

 

 

 

高田畊安の慰霊碑。

 

 

 

もうひとつ古い建物があったが、これは院長室だったらしい。

1926年の建築とのこと。

人物館では特に言及はなかった気がする。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】茅ヶ崎駅からバス5分「団地中央」下車、徒歩5分

【入場料】無料

【滞在時間】20分

【混雑度】★(だれもいない)

【URL】

www.city.chigasaki.kanagawa.jp