神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

茅ヶ崎ゆかりの人物館

 

 

茅ヶ崎ゆかりの人物館は、茅ヶ崎にゆかっている人を紹介する館である。

 

 

 

開館は2015年2月と、ずいぶん新しい。

2棟からなっており、正面にあるのが展示館。

左側のがイベント用の多目的館である。

 

 

 

入場料は200円だが、となりの開高健記念館と合わせると300円。

 

常設展は無く、すべて企画展である。

半年ペースで内容を変えている様子。

 

残念ながら館内は撮影禁止なので、以下wikipediaとかで拾った画像を切り貼り。

 

 

 

今回の企画展は、戦前の結核病医師である高田畊安(たかた こうあん 1861-1945)と、彼が茅ヶ崎に建てた結核専門病院「南湖院(なんこいん)」についてである。

 

高田は東京帝大の医師であったが、兄を結核で亡くしており、また自身も結核に感染しながら大磯での療養で一命をとりとめている。

こうした経験から、結核の専門病院を都内に新設する。

 

 

(療養の様子)

 

しかし結核は空気感染なので、患者が集まってくることを近隣で嫌がられる。

また患者の療養のためには良い自然環境が不可欠なので、当時ど田舎(直球)だった茅ヶ崎に分院として「南湖院」を建設する。

 

 

そのあたりの「南湖(なんごう)」という地名に由来するのだが、高田先生は濁音がなぜか嫌いであったらしく、「なんこう」と呼ぶことにした。

 

 

(1926年頃の南湖院の空撮写真)

 

高田先生はもともと国内での結核治療の第一人者であったため、南湖院にはけっこう上流階級の患者が来たそうな。

 

最初の患者は妻の祖母だったが、この人は勝海舟の妻であった。

ほかにも国木田独歩本人、平塚雷鳥の親族、高名な作家・詩人・官僚など。

 

 

 

そういうわけで南湖院は知名度を高め、病院の規模も拡大。

最初は5000坪の土地でやっていたが、最盛期には5万坪もの巨大敷地を有していた。

 

衛生面では細心の注意が必要となるため、施設も最先端の設備を揃えていた。

洗濯機や乾燥機はわざわざドイツで購入し、徹底した飲料水検査や独自の下水処理施設の整備、看護学校の設立。

治療に関係あるからという理由で、なぜか気候観測所まで建てている。

 

 

 

 

なお高田先生はクリスチャンであり、病院でも礼拝を毎週やっていたのだが、イエスを「医王」と呼んでおり、「医王堂」というところで祀っていたらしい。

ちょっとずれてるかな(宗教性のちがい)

 

なおクリスマスには「医王祭」というお祭りを開催し、これには地域住民の他、総理大臣や高名な医学者なども多数参席していたという。

つよい(確信)。

 

 

 

南湖院には地方からも患者が受診に来たが、なかには入院するための財力の無い者もおり、そういう患者は周辺にある下宿に滞在した。

医療従事者も多く居るから、自然と企業城下町みたいになり、ど田舎(直球)だった茅ヶ崎は発展していくのである。

 

ところが1927年に鉄道省によって茅ヶ崎海岸が海水浴場に指定されると、地元住民は病院の存在を疎い、反対運動を始める。

これだから田舎は(偏見)。

 

 

 

 

高田先生は地元の説得を続けるも、1945年2月に死去。

5月には海軍により南湖院は接収され、8月に終戦となると今度は在留米軍の駐屯地とされ、以後1956年まではキャンプ・チガサキとして利用される。

 

当然ながら病院は解散となり、医院の病棟はダンスホールや映画館として米軍に使われる。

 

最終的には高田家に返却されたわけだが、その頃にはすでに結核医療技術は発展しており、南湖院のような専門病院は不要となっていた。

残された広大な敷地は、貸別荘としてしばらく利用されたが、結局は土地の半分を売却し、残りは老人ホーム敷地となっている。

 

 

ちなみに南湖院のなかで一番古い病棟はこの老人ホームの敷地内に保存されており、見ることができる。

だいぶ文章が長くなったので、詳細は別記事にて。

 

 

 

というなかなか激動の歴史を展示館でみたあと、となりの多目的館へ。

 

ただこちらはイベントスペースであり、めぼしい展示は無し。

南湖院で診療を受けた有名人についての紹介パネルがおいてあったポロポロおいてあったくらい。

 

以上。

 

 

【交通手段】茅ヶ崎駅から徒歩20分

      茅ヶ崎駅からバス5分「東海岸北五丁目」下車、徒歩5分

【入館料】200円(開高健記念館とセットで300円)

【滞在時間】20分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】

www.city.chigasaki.kanagawa.jp