神奈川Cスポ探索日記

Cスポット探索日記

観光地って言えるかどうか微妙なスポットを主に巡っています。他地域版と統合しました。カテゴリは最下段から。

宮川香山 眞葛ミュージアム

 

眞葛ミュージアムでは、明治の陶工である宮川香山の作品を展示している。

 

 

 

横浜駅のきた東口を出て、ベイクォーターのショッピングモールを抜けてポートサイド方面へ。

駅から徒歩10分。

 

 

 

これ。

入場料は800円とお高め。

以前は500円だったが、値上げされたらしい(涙)

 

 

館内は撮影禁止なので、以下の画像はミュージアム運営主体である三陽物産HPや、展示品の所有者のブログから拝借。

 

kozan.blog.so-net.ne.jp

 

 

 

 

展示室その1は、宮川香山の経歴と作風の変遷について。

 

とりあえず乱雑にまとめ。

 

1.幕末に近い頃、京都の高名な陶工の家に生まれた宮川香山は、早世した父や兄のあとを継いで陶磁器制作の道へ。「香山」というのは父が朝廷から得ていた称号であり、それを用いた。

 

2.めっちゃ有能で皇族にも作品を献納するレベルまでになった香山くんは、陶磁器の海外輸出を試み、開港直後の横浜に進出。京都の真葛が原に実家があったので、「眞葛窯」と名付ける。

 

3.当時の薩摩焼は金を大量に消費するのでこれを止め、「高浮彫(たかうきぼり)」路線に変更すると、国際的にヒットする。

 

 

 

これが高浮彫である。

陶器に下地として絵を描くのではなく、もはや外側に彫刻を彫り付けてしまう斬新さ。

 

こういう作品が1876年フィラデルフィア万博に出品され、宮川香山の作る「眞葛焼」は世界的に有名になる。

なお明治政府はこの万博において、日本が欧米と同様の文明国であることをアピールするために全身全霊をかけていたようであり、眞葛焼きは大役を果たしたようである。

 

 

 

 

展示室その2。奥の畳敷きの部屋が良い感じ。

 

というわけで海外の好事家から大人気になってしまった香山の作品はガンガン輸出された。

国内には僅かにしか無かったらしく、逆に戦後になって日本人が買い戻すことになる。

 

 

一方で香山くんは、「派手な彫刻付けるより、静か目にした方がジャパニーズぽくて外国人にウケんじゃね」と気づき、作風を変えていく。

 

 

こんな感じ。

 

 

静かにたたずむ日本の美って感じかな(表現力不足)

 

 

 

 

最後の展示室では、特に解説は無いストレートな作品展。

 

 

 

高浮彫withねずみ。

 

 

 

カニと器。

これは香山晩期の作品。

 

1916年に香山は死去するが、「宮川香山」という号は養子が2代目として引き継いだ。

だが3代目は1945年横浜大空襲で死亡してしまい、急遽跡を継いだ4代目は才能に恵まれなかったらしく、この4代目死去をもって宮川香山は廃業となる。

 

 

 

ところでこのミュージアムは、三陽物産(モンテローザ)の社長である山本博士氏がコレクションした香山の作品を展示しているという。

前掲のブログの著者である。

 

 

別に「Dr.山本」ではなく、本名が山本博士さんなんだと。

よほど陶磁器好きなのか香山好きなのか、本まで出版している。

 

 

 

 

なんとその山本博士さんはサッカートレーニングの本まで出版している。

これもうわかんねえな

 

たぶん同姓同名の別人だろうけど。

 

あとこのミュージアム、土日しかやっていないので気を付けられたい。

 

 

以上

 

 

【交通手段】横浜駅きた東口から徒歩10分

【入館料】800円

【滞在時間】30分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】

kozan-makuzu.com