神奈川Cスポ探索日記

神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

猫の美術館

 

山手にある猫の美術館は、猫の美術品をひたすら扱う美術館である。

 

 

 

思いっきり人ん家にしかみえないので、なかなか躊躇する。

ちなみに正面のアパートは美術館と関係ない。

 

 

 

ポスト。

 

 

 

 

美術館は、アパートに突き当たって右手にある。

 

 

 

 

中に入るには、玄関のインターホンを押さなくてはいけない。

玄関近くに管理人がいればすぐ開けてもらえるようだが、この時は少し離れたところにいたのか、数十秒ほどのタイムラグがあった。

 

 

 

「 作品の中には著作権料が発生するものがあるので、作品個々をバッチリ撮るのはだめだけど、室内を広く写すようなものであればよい」と許可をもらって撮影。

 

 

 

 

とにかく猫グッズだらけ。

絵画から陶器から、クッションやまねき猫まで。

 

 

館内は1F部分だけが観覧可能で、ざっと10畳程度だろうか。

 

 

 

2Fはおそらく普通の住居だと思う。

上からTVの音声がした。

そして飾り切れずに置かれてる絵画たち。

 

 

 

趣味で美術品を集めまくっていたら一杯になってしまったので、これで美術館やるか的なノリで始まったらしい。

別に猫グッズ集めたくてやってたわけじゃなくて、気づいたら猫グッズが多かったとのこと。

だからごくたまに、猫に関係ない作品もある。

 

hamarepo.com

 

 

 

 

Tシャツなど、買えるものもある。

 

 

 

開館日は土日祝日だけで、かつ午後しかやってない。

あと、この美術館は山手聖公会教会の横にあったのが移転してここに来たらしいのだが、移転前の場所に「移転しました」看板が置いてあって、その看板では月曜日も開いていると書いてあるけど、それは引っ掛けなので注意されたい。

 

 

以上。

 

【交通手段】元町中華街駅から徒歩15分

【入館料】300円

【滞在時間】20分

【混雑度】★(誰もいない)

【URL】

www.galerieparis.net

 

 

     

広告を非表示にする