神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

徳富蘇峰記念館

 

徳富蘇峰記念館は、ジャーナリストの先駆け的存在でありながらA級戦犯容疑者でもある徳富蘇峰を記念する博物館である。

 

 

 

 

 

 

二宮駅から、閑静な住宅街を1kmほど歩く。

 

 

 

近くまで行くと、ところどころに案内看板が。

 

 

 

到着。

 

 

 

そもそも徳富蘇峰って誰?ということだが、

明治のジャーナリズム勃興の時代に、20代にして『国民新聞』(今の東京新聞)を始め幾つかの雑誌を創刊。

坂の上の雲』の時代である。

 

 

 

当初は平民からの視点で報道していたが、日清戦争後の三国干渉で日本国の力の無さに悲憤し、国粋主義に転じていった。

戦前にあっては政権寄り、戦時中は軍部と結んで軍国主義の思想を喧伝し、この時代の言論の中心を成した一人といえる。

 

ばりばり左傾化してる今日の東京新聞と全く違うのは、この時代の反動からだろうか。

 

 

 

そんなわけで大戦が終わった後は、「いろいろ搔きまわしてくれたな」とGHQからA級戦犯容疑を掛けられる。まぁ高齢ってこともあって不起訴になったから、A級戦犯にはなっていない。

 

ただそのあとは病気もあり、表立った活動はなく、熱海に移って静かに執筆活動に勤しむこととなる。

 

 

 

門を抜けていくと、いきなり無機質な巨大施設が登場して面食らう。

 

 

 

 

ぽつんと佇む入口。

 

 

 

 

 

いきなりドアを開けようとしてはいけない、カギかかってるから。

チャイムを押して、中の人にあけてもらう。

 

 

 

 

記念館は1階の常設展と2階の企画展。

撮影可能。

 

 

 

徳富蘇峰先生のお写真。

 

 

 

 

まずは蘇峰の紹介ビデオを鑑賞。

20分くらい。

 

 

 

 

つよそう(こなみ)

 

 

 

常設展の展示品は、半分近くが蘇峰の蔵書であり、あとはその他所持品。

蔵書は付箋だらけである。

 

 

 

作家の徳富蘆花実弟である。

なんか仲悪かったらしいが、その後和解して、全集までそろえちゃった。

 

 

 

あと徳富蘇峰といえば、『近世日本国民史』。

戦前の56歳の時から書き始め、晩年の90歳で完成させ、全100巻。

読む方の身にもなってくれというレベルの大著である。

 

 

 

2階は企画展で、蘇峰の友人たちからの手紙や贈り物など。

 

 

 

 

戦前の論壇を沸かせた人物として、さすがに交友関係がめっちゃ広い。

この記念館には蘇峰宛ての手紙4万通以上が保管されているとのこと。

そんな大量の手紙、生前はどこにしまっていたのだろう。

 

 

 

読売新聞社長として有名な正力松太郎による書。

 

 

 

すっかりイメージがハードゲイになってしまった同志社に在学していたけど、学生運動のごちゃごちゃで中退している。

それでも記念式典に出席しているのは、大学の創設者である新島襄を深く尊敬していたからだと思われる。

 

 

 

 

ちなみに、この記念館は二宮にあるけど、徳富蘇峰は別に二宮に住んでたわけじゃないらしい。

蘇峰の秘書をやっていた塩崎彦市氏が、蘇峰から大量の遺品を預かっており、それを自身の邸内に展示したとのこと。

 

 

 

蘇峰の記念館は、ここを含め全国で6か所ある。

記念しすぎである。

凄まじい影響力だな。

 

 

 

2013年には、くまモンも来館している。(写真は記念館HPから)

彼は熊本に関係なくどこにでも出てきてしまうので「またかよ」感があるが、

蘇峰は熊本出身なので、今回は的を得ている。

 

 

 

あと敷地内には梅園もあって、「神奈川花の名所100選」に選ばれている。

ひょっとしたら記念館よりこっちの方が有名なのかもしれない。

 

 

でも入館料700円はちょっと高いよなー

 

以上

 

 

 

【交通手段】二宮駅から徒歩15分

【入館料】700円

【滞在時間】40分

 【混雑度】★(だれもいない)

【URL】

www.soho-tokutomi.or.jp

 

広告を非表示にする