C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

香りの博物館(磐田市)

f:id:wandercspot:20210811145303j:plain
f:id:wandercspot:20210811145044j:plain

香りをテーマにした博物館は日本に2か所しか無いそうです(もう一つは大分の別府)。

豊田町駅から徒歩10分弱。歩道沿いに行くと一目で分かる行政用建築物で「あぁ、あれだな」って察するんですが、正面から見るとファンシーな門扉が付いて宮殿感があって少しワクワクします。

 

しかしなぜ磐田で「香りの博物館」なんでしょうね。そんな街だっけ。

ヤマハ発動機の本社があるので、バイク工場で働くガテン系ゴリゴリお兄さん達が醸し出す汗と涙と濃厚な芳香が町中を潤しますということかもしれないが単純に公害なのでアイドリングストップでお願いします。

f:id:wandercspot:20210811154329j:plain

(ufotableの公式で貰える壁紙です)

この地域は藤の花が有名だそうで、行興寺という寺の藤が天然記念物になったとか香料工場があったりして、まぁ町おこしで「香りを推す」ってことにしたんでしょうね。

別に某鬼退治漫画のブームに乗ったわけではありません(念押し)。が、映画公開されだした時期に博物館で販売している藤の花の香水がバカ売れしたらしい。アニメ第2期に合わせて「遊郭御用達香水」も販売してブームに乗ろう。そしてPTAと市議会で問い詰められて市長が謝罪するだろう。

f:id:wandercspot:20210811145309p:plain
f:id:wandercspot:20210811145314p:plain

入館料は310円です。

2F建であり結構広くて香り系の展示ガッツリ置いている・・と思ったんですが、実は展示室部分は2Fのみで、常設展はさらにその半分なんですね。

f:id:wandercspot:20210811172311j:plain

残りは企画展示室ですが、私が行ったときにやっていたのは「飛び出す絵本」展でした。香りまったく関係ないですね。ページを開くと香りが飛び出す仕様なら良かったんですが。絵本に鼻を擦り付けてクンクンすれば多少は何か嗅ぎ取れたかもしれませんが、警察を呼ばれる気がしたので止めておきました。 

f:id:wandercspot:20210811145103j:plain
f:id:wandercspot:20210811145135j:plain

というわけで香りの展示は建物全体の1/4程度の部分に留まります。

写真は「香りの小部屋」で、メロンの部屋に入るとメロンの香りがしてきます。同時にメロンの解説映像が流れますが、香りの解説というより「この街ではメロンの生産が★◎◇⁉~」と社会科の資料集に載ってそうなセリフが読み上げられるので、そういうとこやぞ公務員という思いを新たにしました。

f:id:wandercspot:20210811145117j:plain

古代エジプトの香り」部屋もあります。ピラミッドの隅にこびり付いたカビ・埃の臭いとかを警戒して入室しましたが、当時使われていた香料の再現で、匂い自体は普通だったのでホットしました。

ただ「この香料はミイラの保存に使われるものであり、ミイラを作るには死体の鼻から脳みそと内臓をほじり取って空っぽにし、そこに植物を詰めます」という大変分かりやすい解説がこのあとの展示であり、そういうとこやぞ、と思いました。

f:id:wandercspot:20210811145150j:plain
f:id:wandercspot:20210811145205j:plain

「なんの香りか当ててみよう」コーナーです。瓶の蓋をあけて匂いを嗅いでみよう。フルーツとか野菜がメインです。ソムリエ試験みたく「馬の汗」「湿った土」のような不意打ちは無いので安心してください。トマトの匂いをもろに嗅ぐと結構気持ち悪いということが分かりました。

f:id:wandercspot:20210811145219j:plain

常設展。古代文明から現代までの香料の歴史を映像付きで解説していますが、なんだか部屋が暑かった。じっと映像を見てると、うげーとなってくる感じ。映像は30種類くらいあって全部見てたら1時間近くなりそうでしたが集中力全切れだったので飛ばしてしまいました。

 

展示室おしまい。1Fに降りました。自分だけの香水が作れる「香りの体験コーナー」がありますが今回はスキップ。

f:id:wandercspot:20210811145234j:plain
f:id:wandercspot:20210811145249j:plain

あとはショップとカフェですね。カフェではローズジュース・ハーブティなどそれっぽいものが頼めますが、、、なんの脈絡もない「おっぱいアイス」が来館者の注目を集めるでしょう。だから香りと関係あるものを出しなさいよ。ネーミングが狙いすぎている。-114514点。もうすでに市長謝罪案件があるのであった。

 

おしまい

 

【滞在時間】40分

【混雑度】★★(ほかに数人)

【URL】磐田市香りの博物館