C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

小さな絵本美術館(岡谷)

f:id:wandercspot:20200812224904j:plain

ばばばあちゃん』シリーズの作者さとうわきこの美術館です。国内・国外の絵本作家の作品を紹介しています。メルヘンな建物を予想していたら、コンクリ打ちっぱで武骨な外観。美術館だと気づかずに通り過ぎるところだった。ばばばあちゃんはこの要塞に立て籠もっているようです。

 

下諏訪駅から徒歩25分。岡谷駅からコミュニティバス(シルキーバス)もあるのですが、本数が少ない上にあちこち寄っていくから、徒歩の方が早かったりする。

入館料は700円です。

f:id:wandercspot:20200812224951j:plain

これが「ばばばあちゃん」シリーズ。出版している福音館書店HPをみたところ、1987年から刊行して20冊弱、最新作は2013年にも出ているそうです。意外と最近。

近所の動物たちを従えて登山をしたりスキーで遊んだりと相当アグレッシブで、はしゃぎたいお年頃のお子様たちに「こんなばあちゃん居たらいいな」と思わせるでしょう。君のお父さんもお母さんも仕事で疲れてるのよ。

ちなみに、じじじいちゃんは居ないようです。たぶん墓の中です。

f:id:wandercspot:20200812225007j:plain
f:id:wandercspot:20200812225111j:plain

展示作品だけは撮影禁止ということで、別の所だけ撮りました。

おそらく数百冊の絵本が館内に置かれており、自由に読むことができます。座って本を読むスペースも結構あります。入館料がちょっと高かったので、10冊くらい読んで元を取っていきましょう。

f:id:wandercspot:20200812225021j:plain
f:id:wandercspot:20200812225041j:plain

セルフサービスで紅茶とクッキーも頂けます(別料金300円)。

お茶を楽しみながら、昔読んだ絵本をもう一度手に取り、のんびり懐かしんではいかがでしょうか。お茶を本にぶちまけないように気を付けましょう。

f:id:wandercspot:20200812224921j:plain

展示品は定期的に変わるようですが、このときはばばばあちゃんの原画でした。作者メッセージが掲示されており、「武蔵野の自然は大変豊かで、わたしはずっと愛しているのです」など書かれていた。、、ここ武蔵野じゃありませんよ?

さとうさんは東京出身で、現在は長野に移住しているらしい。メッセージ、なぜ長野について触れなかったんですかね?倒錯した愛。

 

写真が無いので短いですが、おしまい

 

【滞在時間】45分

【混雑度】★★(他に数人)

【URL】岡谷本館のご案内 - 小さな絵本美術館