C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

プリンス&スカイラインミュウジアム

スカイライン専門の自動車博物館が岡谷市のやまびこ公園にあります。

展示台数は30台以上。初代から代々のスカイライン、レース用車両、プリンスの軽トラなど多種多様。スカイライン愛好家だけでなく車好きなら垂涎モノのミュージアムです。

f:id:wandercspot:20200724224242j:plain

やまびこ公園は岡谷ICから10分ほど。公園の無料駐車場に停めればいいです。そこから結構な階段を上るので、日ごろの運動不足がバレます。

岡谷駅からシルキーバスも来ているようですが、1日4本です。徒歩だと50分くらい。山の上だからね。

f:id:wandercspot:20200724224257j:plain
f:id:wandercspot:20200724224313j:plain

階段を上り終えると、スカイラインっぽい塔と建物(適当)が見えてきます。塔は展望台になっているので後で登りましょう。先に博物館に入ります。

入館料は1,000円。たっか!まぁ自動車収集なんて金がいくらあっても足り無さそうな趣味なので価格インフレしているのかもしれません。または「1,000円程度を払えない不届き者にスカイラインを拝む資格は無い」という足切り要素。

公式HPに200円割引があったりします。

さて館内では写真撮り放題なので、ずらずら並んでいる圧巻のスカイラインくん達を舐め回すようにフィルムに収められます。こんな高価な車の大群、普段は見られないので1ミリも余さずご覧ください(貧乏人)。

しかしSNS等に載せるのは禁止。なので画像はありませぬ。公式Twitterの埋め込みでご了承ください。

f:id:wandercspot:20200724231339j:plain

(画像はwikiより 日産・スカイライン - Wikipedia

初代のスカイラインくんはこれ。1957年発売で、価格は90万程度。このときの大卒初任給が8,000円程度だったそうなので、現在価値だと2,200万か。家建てられるじゃないか。

f:id:wandercspot:20200724231345j:plain

(画像はwikiより 日産・グロリア - Wikipedia

プリンス・グロリア。今の上皇陛下が結婚した際に、それを祝して「栄光」を意味するラテン語グロリアが名付けられたそうな。皇室ご用達車だったそうですが、そんなのも展示されています。ありがたやぁ~(農民並感)

なお現在の皇室車両はトヨタ センチュリーですが、2,000万します。皇室気分を味わうには、家1軒諦めるくらいの覚悟は必要なのです。

f:id:wandercspot:20200724233144j:plain

他にもプリンスは軽トラや作業車両を製造しているんですが、それも何台か展示されています。私も、飛騨高山の生コン歴史資料館で見たことがあります。それが上の画像ですが、資料館があまりにも狭すぎて正面から撮影すると顔面ドアップ不可避。このようにプリンス車には勢いがあります。

f:id:wandercspot:20200724224331j:plain

ミュージアムを見終わったら、隣にある展望台を見に行きます。

そういえばこの記事のタイトルが「ミュウジアム」になっていますが誤記ではありません。”プリンス&スカイラインミュウジアム”が正式名称なのです。

f:id:wandercspot:20200724224346j:plain
f:id:wandercspot:20200724224402j:plain

中に入ると、最初におむつ交換のベビーベッドがあるのでした。思いっきり客の動線上にあるんですが・・

そしてまさかの階段。もうやめて!駐車場→博物館までの階段でライフはもうゼロよ!

f:id:wandercspot:20200724224416j:plain

100段くらいあったかどうかは分かりませんが、最上階までくると諏訪湖を眺められるのです。まぁ思いっきり土砂降りの日でしたが。

晴れの日の眺めはよさそうで、博物館がこの地に建てられたのも「スカイラインという名称に合っている」と思われたからです。天気予報をちゃんと見てから来館してどうぞ。

 

おしまい

 

【滞在時間】60分

【混雑度】★★★(ちらほら)

【URL】プリンス&スカイラインミュウジアム|prince&skyline Museum