C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

諏訪高島城

上諏訪駅から徒歩15分の距離にある、1598年に建てられた城です。諏訪藩の役所。

建築当時は諏訪湖の水がここまで来ており、水に囲まれた「浮城」なんて雅な名前が付けられていた。まぁ江戸時代初期に干拓したので僅かな期間だったようですが。

今でも水堀は整備されていて景観的には乙である。

作ったのは豊臣秀吉配下の日根野高吉くん。湖や河川を防御や交易に使えると考えて、この水辺の土地を選んだそうな。7年の歳月をかけて完成させた「日根野家史上最高の傑作」であるが、関ケ原で家康が勝つと日根野家は栃木に飛ばされてしまい、家康配下の諏訪家に取られてしまった。悲しいなぁ。

入館料は310円です。トイレは城外にしかないので、あらかじめ済ませてくるように!

そして冬場なのに暖房があまり効いてなくて辛い。戦国時代の雰囲気を味わおうという趣旨かな?マフラーましましで来られることをお勧めします。

(3Fから2Fをみたところ)

館内はパネル展示が多いですね。文字ばっかりや。歴史ものはそうなるか。

2Fは諏訪藩関係の古文書・武具がありましたが撮影禁止なのだ。おかげで写真が撮れず書くことがありません。

1Fと3Fは写真撮れるんですけどね。なんだこの違いは。2Fの展示品は諏訪市に所有権が無いのだろうか。

諏訪藩の具足には金色の「〇」が描かれており、諏訪藩オフィシャルのものに思えますが、現時点では「よく分からん」のだそうです。誰か答えクレメンス。

また諏訪市では「諏訪姫」なるキャラを売り出しており、グッズが城内で購入できます。ひとつ700円って諏訪大社の御守りより高いのではないか。檀家からもオタクからもお布施を取っていく、人口減少社会の知恵です。

3階は展望室になっていて、周囲一面を見渡せます。写真だと分かりづらいですが、実際には諏訪湖も奥の方によく見えます。

 

おしまい

 

【交通手段】上諏訪駅から徒歩15分

【入館料】310円

【混雑度】★★(他に2~3人)

【滞在時間】40分

【URL】諏訪高島城