C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

軍事関係の資料館(飛騨高山)

観光客で賑わう飛騨高山の街を歩いていると・・なんなんだこの建物は。

DIY感あふれる改造ガレージに旭日旗マークが掲げられており、明らかに周囲のオシャレ系観光施設と雰囲気が違う。軍艦マーチとか流れ出しそう。

古い町並みを楽しむ人々と需給ギャップありすぎやしませんかね。

気になって入ってしまいました。 

外観の通り、戦時中&ミリタリーグッズがぞろぞろ並べられている。あぁ・・これはマジモンや・・

入場料は入口に設置されている箱にいれるそうです。金額は自分で決めて良いらしい・・そういうの一番困るんだよなぁ。とりあえず100円にしました。

硬貨を投下すると、展示室の奥の方から「ありがとうございます!」と声が。中に館員さんが居たのだ。全然気づかなかったので、めちゃくちゃビビった(貧弱) 

さて展示を見ていきますが、至る所に旭日旗が飾られている。飛騨高山って外国人観光客多いんですけどね、センシティブなご時世に堂々とよくやりますな(中立的な意見です) 

入口の上部にある棚には日本酒が奉納されている。

その名も「靖国」。エンジン全開ですねぇ。靖国神社の御神酒で、澤乃井と同じ酒造が作っているようです。あの酒造、そういう思想だったんか・・

もう一本「太平洋」を持ってくるセンスに笑ってしまった。よほど鬼畜米英が許せないのですね。 

陸上自衛隊 偵察隊のバイクです・・が、自作だそうです。説明板に「自衛隊は払い下げしないので自分で作りました」と書いてあった。

確かに軍事機密だからバイク払い下げなんてしないと思いますけど、にしても自分で作るかね。設計図はどこで手に入れたのか気になるところ。  

陸自ご用達!幻の白いカレーだそうです。そんなメニューあるのかと思って検索してみたのだが・・なにもヒットしなかった。

陸自の間ですら幻と言われているらしい。 本当に存在するのだろうか。隊員が空腹の余りにシチューと見誤ったのではないか(名推理)

トップガンの帽子。米海軍の戦闘兵器学校のことだそうですが、たぶんトム・クルーズなイメージが強いかと思います。しかしさっきまで打倒 鬼畜米英なノリじゃなかったっけ。急な方針転換は草が生えてしまうので控えて欲しい。

天井から何かぶら下がってると思ったら、潜水艦の望遠鏡でした。外を歩いている敵性外人の様子でも見れるのかな?発見され次第、全員さるぼぼにされてしまうかもしれない。 

 

ここまで入館後10分くらいなんですが、タバコ臭の充満っぷりが凄まじい。たぶん館員さんが館内で吸ってる。展示室は20m×10mくらいと広いんですけど、2m四方の屋内喫煙所かってくらい臭いが激しかった。私はダウンしてしまい、屋外に一度退避して呼吸をリセットしてから、また室内に戻りました(戻るんかい)

戦時中に木製の軍用機を製造していたそうです。 その模型。通常の軍用機をつくる物資がもはや無いので、飛騨の木工会社に命じて作らせたのだが、実践で飛ぶことは結局なかったそうだ。

実践投入されたところで、被弾1発どころかマッチの火で燃えてしまうのではなかろうか。 

最後に「海軍軍人ご用達 闘魂注入棒」です。これで尻を叩いて闘魂をぶち込みます。ただのケツバットである(呆れ)

 

というわけでした。古い町並みが売りの高山で、まさかの異色系大日本帝国資料館であった。

この施設、ネットで調べても出てこないんですよね。資料館側がHP作ってないし、高山の観光協会も特に宣伝する気ないのだと思う。妥当。 

グーグルマップ上の位置を下に記しましたが、「たしかこの辺・・」程度なので違ったらスミマセン。

 

おしまい

 

【交通手段】高山駅から徒歩20分

【入館料】あなた次第

【滞在時間】15分

【混雑度】★(だれもいない)

【URL】なし

 ※場所はたぶんその辺、って程度です。