C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

人間国宝美術館

 

人間国宝美術館は、人間国宝の作品を展示する美術館である。

 

 

 

人間国宝とは、正式な用語でいえば「重要無形文化財保持者」。

工芸技術・演芸技術のうち、非常に高度で重要だと文部科学省により認定されるものであり、後継者を育成するよう年に200万円の補助金が給付される。

 

この美術館は、工芸技術をもった人間国宝さん達の作品を展示する場所である。

 

 

 

 

入館料には、抹茶&菓子代が含まれていて、展示室を見終わった後にそのサービスを受けることができる。

ただこの時は閉館が近い時刻に訪問したので、先にお茶を飲むことに。

 

 

 

 

 

受付にショーウインドーがあって、そこに茶器が飾ってあるのだが、「どれで飲みますか?」と店員さんに質問される。

なので、この器を選んでみました。

 

 

 

 

すると、この器の製作者プロフィールが渡されるので、読みながら待つ。

この人は人間国宝ではないようだ。

 

 

 

お茶が出てくる前に、こんなものが出てきた。

これなに?箸置き?

そんな馬鹿な。

 

 

おろおろしてたら抹茶が出てきたので、10年以上前に聞いたっきりの作法を記憶から引っ張り出す。

とりあえず3回まわして少し飲み、この箸置き(仮)を意を決して食べてみたら、普通に美味しい砂糖菓子でした。

 

 

抹茶を飲み終わった後に先ほど茶器が置いてあったショーウインドーを見てみると、「50万円」って書いてあった。

そんな高価な器で飲んでたのか。飲む前にそれ知ってたら危なかったな(貧並感)

 

ていうか、その茶器をそのまま客に出すこの美術館、太っ腹だなぁ。

 

 

 

 

 

4F建ての建物なので、まずは4Fまでエレベーターで上がり、1Fまで下りていく順路。

館内は撮影可能である点も、太っ腹でレベルが高い。

 

 

 

 

 

 

 

興味深い作品ばかりなので、貼っていくとキリがなさそうだ。

作品の種類は陶器から絵画から、様々な工芸作品である。

 

 

 

 

クイズ要素のある作品もある。

 

 

 

 

コミカルなものもあるんだな。

 

 

 

 

階段にも作品が飾ってある。

 

 

 

価格表示のあるやつは購入できるらしい。

まぁ展示品はすべて人間国宝の作品というわけではなく、なぜかルーベンスピカソの絵とか、ミャンマーの品もあったりした。

 

 

 

 

ちなみにミャンマーは3万円だった。

彼らの国では数年分の年収じゃなかろうか(適当)

 

 

 

千利休の道具だって。

本物かしら。

 

 

 

なんと細川護熙 元首相はいまでは湯河原で陶芸家になっているらしい。

その展示ブースもあった。

 

 

 

 

こんなかんじ。

 

細川家は先祖を辿ると、古くは源義家・戦国時代の細川藤孝につながり、明治時代には侯爵になっている。

文化財を家に保有しているらしく、その影響で芸術品にも馴染みが深いのであろう。

すごいっすねー(ひがみ) 

 

 

 

そんなんで1Fまで下りると、突然カジュアルな物販。

 

 

 

すごいとげとげしいイス。

 

 

 

作品表示板からして本気である。

 

 

 

その中に何故か混ざる不動産情報。

 

 

というわけで、様々な種類の工芸品が見れて、お高い器でがくがくしながら抹茶も飲める、楽しみ方いろいろな美術館でした。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】湯河原駅から徒歩15分

【入館料】1000円

【滞在時間】45分

【混雑度】★★(他に2~3人)

【URL】

www.nikobi.com