C級スポット探索日記

C級スポット探索日記

各地の資料館・博物館・珍スポを回り倒すのが趣味です。車が無いので公共交通機関利用で粘っております。転勤族(神奈川→埼玉→長野)

信楽寺 坂本竜馬の妻おりょうの墓

坂本竜馬の妻である楢崎龍(おりょう)の墓が横須賀のお寺にあるのです。竜馬って土佐の人なのに、なぜ横須賀?と不思議に思いますが、一通り見て行きましょう。

 

 

復習

そもそも、おりょうって?

下記はWikipediaで読んだ知識です(こなみ)

1841年京都生まれ。父は富裕な医者だったけれど安政の大獄で捕縛されたのちに病死。一家は貧窮に陥り、尊王志士たちの通う旅館で働いていたところを竜馬と出会いましたとさ。おりょうは美人だったので、竜馬側がベタぼれだったそうです。

なお、おりょうの写真は↑だと長年言われていましたが、どうも違うらしいと読売新聞が2014年に報じております。

 

なぜ横須賀に墓が?

竜馬の死後、おりょうは竜馬の実家に引き取られましたが、そりが合わずに3か月で出てしまったそうです。それから妹の嫁ぎ先→京都→東京と知人を頼って転々とし、神奈川宿の料亭で働いていたとき、呉服屋の若旦那 西村松兵衛と再婚して横須賀に移住しました。

 

しかし竜馬の妻なのだから、横須賀なんぞに行かんでも手を差し伸べてくれる人がいくらでもいると思うわけですよ。↑このへんとか(左は勝海舟です)。

おりょうさんはどうも性格が悪かったらしい。海援隊の志士からは「竜馬を笠に着て威張ってやがる」、おりょうの妹婿からは「品行が悪く、面倒などみたくない」とボロクソの批評をいただいております。

(晩年のおりょう。この写真は本人だそうな)

横須賀に来たおりょうさん。50代の頃にはアル中になっていたそうで、「私は坂本龍馬の妻だぞ」と再婚相手に悪がらみしていたらしい。面倒くせぇ・・

そこへ夫に先立たれたおりょうの妹が転がり込んできたのですが、なんとこの妹とおりょうの再婚相手(西村)がデキてしまい出奔!取り残されたおりょうは、ひとり狭い貧乏長屋で晩年を送りましたとさ(完)

 

お寺の概要

意外にも胸くその悪い話でしたが、気を取り直して信楽寺を見たいと思います。

京浜急行京急大津駅から徒歩10分です。住宅街の中にあり、分かりづらいかもしれないのでグーグルマップと相談して来ましょう。 

入場料は掛かりません。普通の寺院であり、観光地仕様ではありません。

勤王志士の皆様におかれましては墓参りの方々の迷惑にならぬよう、穏便にご来場いただきたい。境内での尊王攘夷は法律で禁じられています。

 

おりょうのお墓

寺院に入って左奥、これがおりょうのお墓。

横に付いている説明板によると、葬儀はささやかに行われたそうな。 

石碑には「贈正四位 阪本龍馬之妻 龍子之墓」と書いてある。墓碑が建てられたのは、おりょうの死から8年後のことで、有志の政治家らによる資金援助のもと、おりょうの妹&西村松兵衛が主体となって建てたそうです。

お前ら、おりょう見捨ててたやろ!内幕がひどすぎて笑ってしまう。

 

それに、おりょう死去時の苗字は西村なんですけどね、坂本として墓碑が刻まれてますね。まぁこの方が分かりやすいし、何より西村松兵衛さんが嫌がったのかもしれない。

そんなわけで横須賀はおりょうにとって不憫な晩年の土地なのですが、知ってか知らずか、大津の街では「おりょうさん祭り」を毎年秋にやっております。おりょうの怒りを鎮めるには良いかもしれませんね(適当)

 

おしまい

 

【滞在時間】10分

【混雑度】★(だれもいない)

【URL】13.信楽寺(浄土宗)・坂本龍馬の妻龍子の墓|横須賀市