神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

田淵行男記念館

 

田淵行男(1905-1989)は安曇野に在住していた山岳写真家であり、チョウチョ研究家です。

その記念館がこちら。

柏矢町駅から徒歩20分かかるけど、安曇野市はレンタルサイクルが充実しているので、穂高駅あたりで借りればいろいろ周遊できると思うよ。

 

 

この人はもともと富山や東京で教師をしてたんだけれど、戦争で安曇野疎開して以来ここに住みついて、周囲の豊かな自然を撮影し、東京の会社に細々と販売していたそうな。

 

だが趣味で作っていた山岳写真アルバムが余りにもレベル高いので、知人が朝日新聞社に持ち込んで、写真家としてデビュー。

45歳と遅咲きのキャリアである。

 

(『双六岳より槍ヶ岳』。公式HPより)

 

デビューしたのは1951年のことで、まだカラー写真が普及する前だから、このとおり写真はモノクローム

ただカラー写真登場後も、モノクロで撮り続けていた。

 

カラー写真だと色鮮やかになるが、モノクロだとゴツゴツザラザラしてパワフル。

一歩踏み外せば永遠にバイバイキーンな山岳環境の厳しさを、ドンと突きつけてこられる感じである。

本人も若い時、八ヶ岳で遭難しかかっていますからね。

経験者は語る(震え)

 

 

記念館に入るけれど、ワサビ畑か何かの上に建てられているご様子。

さすが、安曇野名物。

隙あらばワサビ耕作である。

 

(館内の様子。安曇野アートラインHPより)

 

館内は残念ながら撮影禁止。写真の著作権の関係であろう。

壁には田淵の撮影した写真が貼られ、展示ケースには本人の使用していた登山道具が置かれている。

広さは画像の通りでそこまで規模はなく、ゆっくり見ても20分程度だろうか。

 

田淵は文字通りの山岳オタクで、毎年のように山登りに出かけていた。

教師をやっていた時も、「引力に逆らって登ることに向上があるんだ!」などとだいぶむちゃくちゃな理由をつけて、生徒たちを片っ端から山に連行。

そのため登山好きの生徒をやたら輩出したが、一部の生徒からは「海だって楽しいじゃない」と怒られていた模様。

 

ギフチョウ。公式HPより)

 

ドはまりしていたのは登山だけでなく、昆虫研究もであり、特にチョウチョについては研究書まで出している。

スケッチも沢山しており、ギフチョウの絵は本物と見紛うレベルで細かく、羽の模様も色彩も正確に表現されており、とても素人レベルではない。

 

 

一方で標本はさほど持っていなかったらしい。現地で調べてしまうから、持ち帰る必要が無かったのかしら。

むやみにチョウチョを殺すことにもなるしな。 

というわけで、館内にはあまり標本がありません、残念。

どうしても見たい人は、建物の周辺に適当に飛んでるから、それでも捕まえれば良いんじゃないかな。

 

 

館内は2F構造になっていて、上の階が常設展示、下の階が企画展で、現代の写真家の作品を扱ってたりするよ。

ここは1Fの視聴覚スペースです。

さっきのワサビ畑が目の前に見える。

 

ということでした。

 

※参考文献

安曇野ナチュラリスト 田淵行男』近藤信行 著 山と渓谷社 出版

 

 

以上。

 

【交通手段】柏矢町駅から徒歩20分

【入館料】300円

【混雑度】★★(他に2~3人)

【滞在時間】30分

【URL】

azumino-bunka.com