神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

かつうら海中公園

 

この公園では、海中に塔が立っていて、海底から海を眺められます、っていうのをやっている。

鵜原駅から徒歩15分程度。

 

 

予想通りですが、お子様連れが大半ですね。

 

・・ていうか、観覧料かかるのこれ。

千葉県の博物館がすぐ隣にあるから、てっきり行政施設で無料かと思っていた。

 

 

見ての通り天気は悪いのだが、海を見てテンションが上がったのか、波打ち際まで戯れる人々。

さすがに泳ぎだす輩は居なかったな。

 

 

ひとまず券を買いましたが、なんと640円。たっか!

でも公式HPをみると、大人960円と言う、それ以上に強気な価格となっております。

 

千葉県はデフレ脱却を強く推進しているのかな?

しかし公式HPと実際の価格でなぜ違っていたのだろう。

 

 

トンネルをくぐって、展望塔を目指します。

 

 

トンネル内部。

時代を感じさせる塗装である。

壁には、この辺で見られる魚の写真が貼られています。

 

 

トンネルを抜けました。

お魚さんがお出迎えです。

 

中国人グループにもお出迎えされました(この辺たむろってた)

こんなところにも入り込んでいるのか、というかよくこの場所みつけたなぁ。

 

 

工事中みたいな足場がガンガン付いている橋を通っていきます。

 

 

後ろを振り返る。

あの山を、トンネルくぐってきたわけね。

 

 

塔への道が開かれました(RPG

 

 

また後ろを振り返ってみるのだが、向こう側に先ほどチケットを買った売り場がある。

 

あれ、これトンネル掘らなくても、あの桟橋からここに直接通路を通せば良かったんじゃないの?

余計な工事費と維持管理費を生じさせた可能性が微レ存。

これはバブルでやってしまいましたね。

 

 

さて、展望塔に入りますか。

 

 

ここで入館チケットを見せることになるので、購入直後に魚の餌にするなどは止めて、ちゃんと取っておこうね。

 

 

螺旋階段を下りていきます。

 

 

壁には、昔の鵜原海岸の絵画だろうか。

時代が分からないが、せいぜい平成ひとケタ代ではないか。

この賑わい具合はいったいどこへ行ったのでしょう。

 

 

海中公園の広告ポスター。

 

 

人間に食われるという自虐ネタをかましてくるシマアジ君。

弱そう。

焼きそばパン買ってこさせられたあとに、焼き魚にされそう。

 

 

 

ご当地キャラのぬいぐるみもあるそうですが、どうしてラージサイズしかないんですかね。

 

 

ポスターに載っている写真は、平成ひとケタ代を感じさせる趣である。

 

 

さかなクンがポスターに落書きしている。

そんな昔からいたっけ?と思ったが、たぶん古いポスターにサインしたってだけだろう。

 

 

そうして最下層におりましたとさ。

 

 

潜水艦チックな窓が幾つも備えられていて、ここから海中が見れますよ。

 

 

しかしここは水族館ではなく、普通の海中なのだ。

だからお魚さんが来るかどうかは完全に彼らの機嫌次第。

なかなか来てくれないときも当然あります。

 

 

海藻は良く見えますけどね。

 

魚が集まってくる窓もあるのだが、そこにはお子様がすぐに駆けつけており、あっという間に人だかりが出来てしまう。

がらすきの窓には一向に来ませんね。

 

 

魚が現れるまで待とうかと思ったが、人がだんだん増えてきてしまったので、混雑嫌いな私は3分ほどで諦めたのでした。早いよ。

まぁ魚以上に展望塔自体の方が興味深かったし、そっちをジロジロ見れたので良しとしよう。

 

 

階段をあがって、上に戻ってきました。

こちらは普通に展望塔で、海が悪天候で荒れ狂った様子が見られます。

 

 

というわけでした。

しかしこれで640円ですか・・

正規料金の960円だったら入らなかったな(断言)

 

以上

 

【交通手段】鵜原駅から徒歩15分

【入館料】640円(960円?)

【滞在時間】20分

【混雑度】★★★★(すぐ横に人)

【URL】

www.katsuura.org