神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

京王フローラルガーデンANGE

 

ここは京王多摩川駅おりてすぐのところにある、植物園。

この一帯は戦前には「京王閣」なる巨大レジャー施設があったところ。

 

戦後になると敷地をじゃんじゃん売り飛ばしており、その直接の跡地かどうかは知らんが、1956年に「東京菖蒲園」なる施設を開園している。

 

 

 

入場料は500円。

京王の運賃の安さと比べると、わりと高いね。

 

その東京菖蒲園、のちに「京王百花苑」と改名したが、入場客激減のため1993年休止→1997年廃園というコンボを決めている。

 

 

それが2002年に大幅リニューアルをして復活したのが、この施設。

 

なお戦前は楽しいレジャー施設だった京王閣は戦後に「京王閣競輪場」として転生した。

よって周辺は、ギャンブルな紳士淑女方が集まる“お察しください”な環境であることが想像されるので、少しでも彩を添えようという趣旨から開園されたと思われる(適当)

 

 

 

クリスマス期間と言うことで、イルミネーションが施されている。

通常は日中しか開園していないのだが、この期間は夜間も営業しております。

 

 

イベントホール。

1日6,500円で貸してもらえるらしい。

来年は、あなたがここでクリスマスライブをどうぞ。

この日は、ハンドベルとかバイオリンの演奏会をやっていた。

 

 

傍らにあるミニガーデン。

 

 

この辺もクリスマス仕様。

 

 

サンタの皆さん。

 

 

小屋の中では、こちらもクリスマスライブを開催中。

 

 

 

さて奥の方に進むと、急に殺伐としてくる景色。

 

 

園内を流れているドブ川。

クリスマス向けではなさそう。

 

 

反対側。

この川沿いにある花壇は「カナルサイドガーデン」と命名されているので、園内では運河認定されているようなのだが。

コンクリートの岸壁といい都市水路感が全力で出ているので、ちょっとどうにかなりませんかね(請願)

 

 

ゾンビに襲われた町の廃墟みたいになってきたが、季節的に仕方ないものと思われます。

 

 

そういえば前身の京王百花苑時代は、園内での流しそうめんが有名だったらしい。

時代を感じるなぁ。

 

 

洋風ガーデンの片隅に、ぽつんと石碑が建っている。

 

 

近くに説明書きもあったのだが、文字が薄れて読めなかった。

「井上篤太郎」という字があったが、この人は京王電鉄の創業者にあたるので、功績を讃えているものと思われる。

 

讃えるにしても、どうしてこの場所にしたんでしょうね。

スペースあるから?

 

 

だだっ広い芝生。

ポツポツと置いてあるのは、キャンドルナイト用の鉢です。

夜になると点火するってさ。

 

 

奥の方へ進んでいく。

 

 

この木、「サヨナラ」というらしい。

さよなら、さよなら(小田和正並感)

 

 

枯れ散っているローズガーデンなどを横目に進むと、明かりが見えてきた。

 

 

ここはBBQゾーンになっている。

こんな寒い時期にやる人いるのかと思ったら、普通にテント内でやっていた。

夏みたいに暑さや人でゴチャゴチャしてないから、逆に良いかもしれない。

寒くなければ。

 

 

夜になりました。

イルミネーションのはじまり。

 

 

うーむ、さっきの殺風景と変わってクリスマス感が出ているな。

暗くなったので、余計なものが見えなくなったということも、一因であろう。

 

 

キャンドルも付き始めた。

ただキャンドルは園内に大量にあるのだが、従業員の人がチャッカマンで一つ一つ点火しており、キャンドルの量に対して作業スピードが全然間に合ってない感じであった。

ちょっと企画部門、あとで来てもらって良いかな?

 

 

奥の廃墟ゾーン(直球)でもキャンドル点火されたのだが、写真を撮ったらこうなった。

なんだこれは(たぶん手ブレ)

 

 

以上

 

 

【交通手段】京王多摩川駅からすぐ

【入場料】500円

【混雑度】★★★★(すぐ横に人)

【滞在時間】40分

【URL】

www.keio-ange.info