神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

大洗カジキミュージアム

 

大洗町にあるカジキミュージアム

2017年開業と、新しい施設。

 

 

大洗の目の前に広がっている鹿島灘黒潮親潮がぶつかり合うところで、水産資源が豊富である。

カジキの釣り場としては国内有数の地であるらしいのだが、そんなこと地元民ですら知らないので、「カジキの町」として知名度を上げようという試みから、この施設をNPOが立ち上げた。

 

って、パンフレットに書いてある。

 

 

入館は無料です。

はいるといきなり、この大きな機械に出くわす。

 

 

 

カジキ釣りのシュミレーターだと。

面白そうだけど近くにスタッフいないから、いいや(適当)

 

 

カジキ関係と思われる展示品。

 

 

表彰状らしきもの。

施設の運営側が受賞したものだろう。

釣りコンテストなぞは世界各地で開催されていると思うが、大洗でも「ビルフィッシュトーナメント」なるカジキ釣り大会をやっている。

 

 

一緒にポコポコ置いてある魚たちはコンテストのトロフィー的なものです。

最初オモチャかと思っててすみませんでした。

 

 

釣ったところの写真。デカい。

カジキって全長4m以上あるそうな。

 

そういえばカジキって「カジキマグロ」って言い方されるけど、カジキとマグロって全然ちがう種族なので、この表現の仕方は誤りだそうだ。

共通点は多いらしい。食べると旨いこととか(雑)

 

 

カジキをデザインに使った切手たち。

 

 

キーホルダーもあるよ。

これらはさすがにオモチャと言って良いだろう。

 

 

ハードロックカフェって、ロゴにカジキあしらってたか?

限定品だろうか。

 

 

奥に行くとやたら頑丈そうな扉があります。

 

 

どうみても銀行の金庫なのだが、この施設が出来る前は銀行が建っていたのだろうか。

 

 

内部はギャラリーとなっております。

 

 

この辺も、大洗ビルフィッシュトーナメントの表彰写真のようである。

 

 

大会を毎年開催して、それで毎回カジキをみんな釣ってくるのだから、それなりの生息数があるのだろう。

トキワの森ピカチュウくらい?

 

 

カジキ釣り上げシーンを撮影したもの。

 

 

おもいっきり口にルアー引っかかっててマヌケな風景であるが、4mもあるカジキだとルアー掛けてからが凄まじく大変そうである。

 

 

こんなお写真も。

目と口の半開きっぷりが憐れさを漂わせますね。

 

 

この辺はヘミングウェイの写真。

著作『老人と海』で、巨大カジキvs老人のバトルを書いているので、それ繋がり。

 

 

パンフレットには「貴重な写真!」って載ってるんだけど、これら写真個々について特に解説は無いので、結局どういうシチュエーションなのか分からないのであった。

 

 

カジキだらけの写真に混じって、こんなのも。

 

 

こんなのも。

うーむ、私はいったいどうすればいいんだ。

 

カジキの解説でもあるのかと想定していたのだが、それ以前に説明らしい説明は一切ないのであった。

まぁ大洗の風潮を肌で感じろということだろう、きっと。

 

 

館内には食堂もあります。

 

 

なんと土曜日は、小学生の食費無料である。

児童福祉施設としての役割も担っているようだ。

 

 

というわけで館内の客は、私たちを除いて、ほぼ全員が地元のお子様たちであった。

10人くらいでワイワイガヤガヤとゲームしてたな。

カジキのシュミレーターには誰も興味なさそうだったが(哀)

 

 

カジキのホットドックを注文してみた。

200円なのでかなり侘しいものを予想してたら、とてもしっかりしたものが出てきた。

普通ならこのサイズで500円、観光地なら600円はボッてくるだろう。

すごいぞカジキミュージアム

 

 

 

以上。

 

 

【交通手段】大洗駅から徒歩10分

【入館料】無料

【混雑度】★★★(ちらほら)

【滞在時間】30分

【URL】

www.umi-no-warabe.com