神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

旅行&学習ブログです。記事はたまにリバイスしてます。地域別カテゴリは最下段から。

八街市郷土資料館

 

 

八街市郷土資料館に来た。

八街駅から徒歩で20分ほど。

 

大きくて立派な資料館ですねえ。

 

 

 

 

あれ、ここじゃない?

資料館は奥の方にあるようだ。

 

 

これが資料館。

どうみても物置です本当にありがとうございました。

 

 

気を取り直して入場。

観覧無料だから我が儘は言わない(自戒)

 

 

 

けっこう奥行きはある。

 

 

小学校の体育館前にあった木の年輪。

使い道ないけど、とりあえず飾っておく的な感じだろう。

 

 

展示は時代順に並んでおります。

毎度恒例、まずは古代から。

 

 

 

貝塚ってふつう表面を面として切り取って飾るけど、ここは塊として持ってきたんですね。

 

 

こう見えても肉食であるツメタガイ。

他の貝を捕らえて、酸を出して相手の貝殻を溶かし、舌で穴をこじ開けて身を食べてしまう。

 

貝同士で共食いかよ、というお笑い種で済まないようで、現在でもこいつがアサリ等を食い尽くす漁業被害を起こしている模様。

そしてツメタガイ自体は不味いので、あまり食用にはならない無能っぷり。

 

 

 

天空の城みたいなノリで貝が浮いていますが、平成18年の資料館展示ポスターです。

 

 

モデルはこいつ。

こっちは旨いらしい。

有能。

 

 

 

手作りの解説展示。

けっこう気合入ってますね。

 

 

粘土に縄文土器の紋様をつけてみようコーナー。

これ他の資料館でも見たな。

 

 

当時のイメージ画像も各資料館によってまちまちである。

むさい画風が多い中、ここは割と萌え系と言えるかもしれない。

 

 

 

床に番号が振られているので、たぶん順路を表している。

展示ばかりみてないで、足元をちゃんと見ろということかもしれない。

アンチ坂本九

 

 

説明パネルのところどころにキャラクターが居ますが、このキャラ自体の説明は無いので、いったい何者なのかは不明です。

 

 

 

色違いが何人かいるようです。

 

 

弥生時代の遺跡は発掘できていない模様。

まぁ笑顔で言う話じゃないけどな。

 

 

 

ふくろうの顔をした土偶の展示ですが、アゴ欠けてるんだよなぁ。

 

 

 

突然、光り輝く展示が。

 

 

これは奈良・平安期の「郡印」。

役所の印ですね。

「国」が都道府県としたら、「郡」は市町村的なノリで理解しておけばいいだろう(雑)

 

 

郡は8世紀には600弱もあったが、郡の印が保存されているのは僅か4か所。

11世紀頃には花押が一般的となり、郡印は廃れてしまったので、その影響が大きいだろうか。

 

4つ残っている印のうちの一つが、この「山邉郡(やまのべ。大網白里市あたり)」のものであり、国の指定重要文化財になっている。

 

 

その郡印、押印体験ができるとのこと。

まぁハンコ押すだけですが。

いちおう国の重文だし、有り難がってもらってもいいのよ?

 

 

石の棺桶。古墳時代のもの。

 

 

こんな感じで埋まってました(こなみ)

 

 

遺体を埋葬するイメージ図。せまそう。

 

石はわざわざ筑波山産のものを使用したらしい。

この古墳で埋葬されている主はけっこう財力があった模様。

 

 

 

鎌倉~戦国時代の八街の様子は、遺跡があんまり見つかっていないので、謎状態。

根古谷城という城があったそうだが、ほとんど記録が残っていないので詳細は不明とのこと。

 

千葉氏の家臣が所有していたとされており、その千葉氏は北条氏と婚姻関係を結んでいた。

豊臣秀吉によって小田原城が陥落された1590年に、根古谷城も落城したという記録が残っている。

千葉氏はその際に所領をボッシュートされたので、大名としての活動は終焉しております。

 

 

だから、笑顔で言うことじゃないんだよなぁ。

 

 

江戸時代。

東金が将軍の鷹狩場になっており、そこへ行くまでの道路が必要になった。

その道路が「御成道」。

 

佐倉城土井利勝が工事の責任者となったが、鷹狩の時期まで時間がなかったのか、97の村から人々を徴収して3日3晩の突貫工事で道路を完成させたという話。

工期順守は重要ですからね(白目)

 

 

んで家康が、この御成道を通って東金に向かうときのこと。

昼ごはんで休憩するとき、女中が近くの川で杓子を落としてしまったのだが、その杓子が下流に流れつくと芽を出して大樹になったという。

ちょっと何言ってるんですかね(真顔)

 

その大樹、もう枯れて無くなったらしい。

とりあえず現地には代わりに石を置いてあります。

 

 

 

御成道の道中にあった松で、臼をつくってみました。

 

 

模型。

千葉県北部・下総の周辺には「牧(まき)」という、馬の放牧地が多数設置されたので、それのこと。

 

放牧といっても、現在のような家畜化ではなく、ほぼ野生状態にしておく意味であったらしい。

 

 

「捕込(とりごめ)」は、放牧している馬を捕まえる時に、追い込める場所。

野生状態に置かれている馬なので、笛とか吹いても来てくれないから、捕まえるしかないのである。

 

捕まえた馬のうち、売りに出すのは「為込」へ。

まだ放牧させておくのは「払込」へ入れる。

 

 

 

 

放牧している馬を捕まえる時の、ドタバタを描いた図。

 

 

馬は見分けを付けるため、尻に焼き印を付けるが、そのシーンである。

痛そう。

 

 

 

印は、牧ごとに種類が分かれている。

最初のうちはどれも同じような印を使っていたのだが、区別が付かなくなったので、異なる紋様に変えたらしい。

行き当たりばったり感があって、大変よろしい。

 

 

 

この馬の捕獲は年1回行うが、かなりドタバタしているので、庶民たちの暇つぶし道具になった様子。

 

 

 

農具コーナー。

 

 

ざる。かつては八街の名産で、江戸にじゃんじゃん販売していた。

その後需要がなくなって衰退し、技法も失われてしまった。

かなしいなぁ。

 

 

産業としては、茶が多かった。

防砂防風林として茶の木が植えられたのだが、いつのまにか市域全体に拡大。

ただ19世紀末になると千葉県全体で養蚕業が流行りだしたので、八街も便乗して蚕カイコしていたんだと。

 

 

戦時の展示だと一瞬でわかる旗。

八街市域には飛行学校があり、敵情視察訓練がガンガン行われていたと思われる。

 

 

床の順路シールにバッテン貼ってあるけど、なんなんでしょうね。

戦時の話題は自粛ということだろうか。

 

 

ようやく落花生の展示。

千葉県は国産落花生のうち8割近くを生産しており、八街市は生産量日本一である。

 

まぁ国内生産量1万トンに対し、輸入9万トンなんですがね(2015年当時)

 

 

育て方。

4~5月に種を撒きます。

 

 

 

黄色い花をつけるのが、6~7月くらい。

 

 

花はすぐ萎れて落ちてしまうのだが、受粉していれば地面に向かって、残った茎が伸びる。

伸びた部分を「子房柄(しぼうへい)」と呼び、これが地中に刺さるようにして潜る。

 

 

潜って、9~10月で実がなります。

花が落ちた先で、実が出来るので、落花生というらしい。

なるへそ。

 

 

実がなった落花生は地面から掘り起こして、乾燥させる。

このときの落花生は半分程度が水分なので、それを減らす。

 

 

 

1週間経ったら、さらに円筒状にまとめて頭に藁をのっけて、1か月程度干す。

こうすることで糖が生成されて甘みが増すんだそうな。

 

この干し方の事を「ぼっち」と呼びます。

頭の藁が、ぼっち笠というものに似ているらしい。

 

 

 

あまった落花生で、人形をつくっております。

 

 

絵も描いています。

ぼっちでデート。

これもうわかんねぇな。

 

 

女の子のキャラはずっと真顔だけど、ツンデレ設定なのだろうか。

 

 

 

駅前にも落花生おいてあります。

 

なお落花生生産が始まったのは明治時代になって、南米から種子が輸入されてからのことらしい。

 

 

あとは八街の近代史について書いてあるけど、どうして字体が恐怖新聞なんですかね。

 

 

f:id:wandercspot:20180823013031j:plain

 

八街には牧が複数あり、地名としては牧単位で呼ばれていたので、総合的な名称は無かった。

明治時代になって、周辺地域一帯の牧を農地として開墾していったが、八つ目の開墾地だったので、八街という名前になったという。

テキトーっすねぇ。

 

 

戦後の自治体大合併時期に、隣接の川上町や山武郡の一部を併合しております。

検索しても特に事件とか出てこなかったので、合併時によくある住民紛争・地名どっちにするんだ紛争は発生しなかったのだろうか。

 

人口が5万人を超えたので地方自治法の規定により、1992年に市に昇格している。

おめでとうございます。

 

 

 

最後に、地域の祭祀行事。

「かやかや馬」という、旧暦七夕(8月7日)に行うイベント。

 

農作業に欠かせない馬を労うために行われるもの。

藁などでこんな馬をつくり、これを連れて近くに草を刈りに行き、刈った草を馬に載せて帰宅。

そしたら草を降ろしてあげて、馬を庭先や台所に飾るらしい。

 

ここまでは良いのだが、そのあと馬を屋根に向かって放り投げたり、川に流したりと、労わるどころか虐待行動をしてイベントは終了である。

動物愛護団体からの訴訟不可避。

 

 

以上。

 

【交通手段】八街駅から徒歩20分

【入館料】無料

【滞在時間】40分

【混雑度】★★(館内に他に2~3人)

【URL】郷土資料館 - 千葉県八街市ホームページ