神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

おぶせミュージアム・中島千波館

 

おぶせミュージアムは、小布施町に関係ある芸術家の作品や、町に置いてあった美術品を飾っている町立美術館である。

 

 

 

敷地は結構な広さになっていて、ミュージアム本館・中島千波館・蔵×2と建物たくさん。

 

 

 

敷地入口から2分くらい歩いて、ようやっと美術館に到達。

 

 

 

さっそく不気味な作品がありますが。

タイトルは『東へ』。

東へ行ったら、こんな化け物がいるんだろうか。

こわいなー、西へ行かせていただきます。

 

 

中庭。

 

 

回廊を抜けて、入館します。

500円なり。

 

 

館内は撮影禁止なので、画像は公式HPから借りてくるしかないわけですが。

ここは第一展示室。

写真で見る以上に、かなりの広さを持っております。

 

第一&第二展示室は企画展になっており、長野県・小布施に関係ある芸術家の作品を飾っていることが多い。

 

 

 

このときは千曲市に在住している韓国人版画家 朴再英の特集。

2つの展示室に、70以上もの作品が展示されていた。

これだけあると、見る方もだいぶ疲れたのである(老人)

 

 

千曲市に住むって物好きな外人だなと最初思ったが、そういえば戸倉温泉のあたりとかもはやコリアタウン化してたのを思い出し、納得したのだった。

 

deepannai.info

 

 

個人的にはモノトーンの作品が、凛として時雨の初期のジャケット感あってとても良かったのだが、ネットで探してもそれら作品が出てこないので、仕方なくカラーの作品を貼っております。

 

 

企画展を見終わったら、今度は中島千波館へ。

さきほどよりも広い空間に大きな作品が余裕をもって並べられている。

 

 

中島千波さんは小布施出身の日本画家です。男性です。

千波という名前から女性を想像していた諸君、残念。

まぁ私ですが。

 

 

 

中島千波の作品といえば、桜。

初期の頃は反戦的・社会的な画風だったらしいが、岐阜で名物の淡墨桜を見てドはまりして以降は桜ガチ勢になり、良い桜の情報を聞きつけると全国どこでも行ってしまうようになったとか。

 

 

 

「本物より本物らしく書く」が信条なので、絵も大きなサイズが標準仕様である。

 

 

人物画は女性対象で、男はほぼ出てこない。

「人間の元は女だと思うので、男はむしろ要らん」とまで仰せである。

 

まぁその女性もやたら鼻と口がでっぷりしているので、萌え路線で無い事は衆目一致であろう。

 

 

人物画では、人間の内面の愚かさ・悲しみ・喜びといったところを表現しているそうです。

そういうことね、完全に理解した(適当)

 

 

ミュージアム本館から中庭に出て、蔵の方へ。

 

 

どうみても従業員用倉庫なのだが、ちゃんと中に入れます。

 

 

ここでは祭りの屋台を飾っている。

 

 

これら屋台は江戸末期~明治にかけて製作されたもの。

当時の小布施では市が開かれるなど、北信地方では主要な経済都市になっていた。

そこの富豪が私財を投じたり、町民が少しづつ資金を出し合ったりして、各町で屋台を作ったんだとさ。

 

 

屋台は町ごとに創意工夫があるが、1Fは部屋のようになっていて中にお囃子隊が入り、2Fは吹き抜けていて踊る人用となっている点は共通している。

 

 

 

7つの町があったので、屋台も7台作られた。

これは六川町の屋台。

天井は市松模様になっております。

 

 

次は伊勢町。

 

 

天井には彫刻が施され、伊勢町民の本気度が伺える。

いろいろこだわり過ぎて、夏祭り寸前まで屋台が完成しなかったという本末転倒っぷりすら見せている。

 

 

 

これは中町。

 

とにかく「中町」を強調している。

ナショナリズムの強い町であった模様。

 

 

蔵を抜けると、もう1つの蔵であった。

 

 

福原町の屋台。

 

 

1F部分にも彫刻を施したり行灯っぽいのを付けたりと、これまでの屋台とは一線を画している。

福原町には職人が多かったそうなので、彼らの技術によるところ。

「1組に足の速い子が揃ったから運動会ではつよい」な感じであろう。

 

 

2Fにもがんがんに装飾を施しており、村の飲み会にライブドアの社長が出てきたような場違い感がしてならない。

 

 

あと横町の屋台があるんだけど、写真を撮り忘れたので、公式HPから借りています。

メンゴメンゴ。

しかし他の屋台に比べて、ちょっとお金ない感じがしますね(直球)

 

 

さて、これで屋台は5町/7町なのだが、あと2台はここにはありません。

その2台には、葛飾北斎が天井に装飾を施したので、保管環境の良い北斎館で展示されています。

福原町の屋台ですらライブドア感があったのに、それを上回るamazongoogleが存在したということだろう。

おや、横町が息をしていないようだぞ?

 

 

 

あと敷地の端の方に「木造館」なる、そのまんまの名前の建物があるのだが、こちらはイベント時にしか開放していないそうである。

 

ということでした。

以上。

 

 

【交通手段】小布施駅から徒歩12分

【入館料】500円

【滞在時間】1時間

【混雑度】★★★(どの部屋にも数人)

【URL】公式HP