神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

旅行ブログです。地域別カテゴリは最下段から。

小布施駅 ながでん電車の広場

 

長野電鉄小布施駅には、「ながでん電車の広場」なるものがある。昔の車両を展示しているのです。左奥にかすかに見えるのがそれですね。

 

乗車券を持っている人はそのまま広場に入れるけど、持ってない人は入場券を買いましょう。

 

 

この広場、入り方が難しい。

なんとホーム(長野寄り)から線路に降りろという。

 

 

というわけで指示通りに線路に降りました。・・いいのか、コレ。

ただ線路にマットは敷かれていて、歩道っぽくなってはいるのよね。

いちおう進んでみますか。

 

しかしホーム上に居る他のお客さんは私のことを見て、「あいつ線路に降りて何してんの」と変人扱いしていたに違いない。

 

 

マット通りに進んできたはいいけれど、思いっきり道が車両に塞がれてるよ!

どういうことなの・・

 

 

脇をすり抜けるほかありませんな。

せまいせまい。 

 

 

色んな難儀を経て、ようやく到着しましたよ。

 

 

ここに飾られているのは「りんご電車」として長電の顔になっていた2000系である。1957年から運用開始され、2012年で引退した。

今では東急からもらった車両や成田エクスプレス小田急ロマンスカーが走っているが、ちょっと前までの長野電鉄といえばこの車両だったのじゃよ。

 

それにしても稼働期間は半世紀以上かぁ。ちょっとこき使いすぎましたね。

 

(反対側からのお写真)

 

製造にあたっては、当時の最新技術をじゃんじゃん投与したそうな。

「長野の片田舎にこんな優等列車が!」と人が思ったかどうかは知らないが、長野電鉄イメージアップには間違いなく寄与し、スキーリゾートである志賀高原へ高度経済成長期な男女を運び続けるなど地元の活性化に多大な貢献をした車両と言えるだろう。

 

 

なんと中に入れるそうです。やったね!

 

 

と思ってドアを開けようとするが、あかない。

引っ張ってもびくともしないのである。

 

 

隣の車両に行くと、わずかな隙間が空いている。

「なんだ、ここから乗るのか」と安堵しつつ手をドアに掛けて開けようとするが、やっぱり開かない。

 

 

 

仕方ないのでとりあえず隙間からカメラを差し込んで撮影するという、怪しさ極まりない行動をとる羽目に。ホームにいる乗客からはますます奇異の目で見られたことだろう。通報されなくてよかったね。

 

繰り返しになるがこちらは正しい手順を踏んでいるのであって、問題はながでん電車の広場さんサイドに帰するのである(被告弁護団の会見)。

 

 

運転室は窓の外から撮影。

これにておしまい。

  

車内に入れずちょっと残念な結果になってしまったが、私が広場に到着したのが17時前くらいだったので、もしかしたら店じまい後だったのかもしれない。そもそも駅員さんすら駅舎に居なかったからな。

もっと早い時間に来てたら、中を見られたかも?

 

というわけで行きたい人は、17時より前に訪問したほうが良いかもしれませんね。

 

おしまい

 

 

【滞在時間】10分

【混雑度】★(誰もいない)

【入場料】乗車券があれば不要。

【URL】公式HP無し