神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

東洋文庫ミュージアム

 

東洋文庫はアジア全体を対象とする東洋学の研究所・図書館であるが、そこが2011年にミュージアムをオープンしております。

駒込駅から徒歩10分。六義園の近くである。

 

 

 

もとは三菱財閥3代目の岩崎久弥の膨大な文庫コレクションによる。

静嘉堂につづいてまた岩崎家オッスオッス。

 

 

三菱財閥らしい高級な雰囲気を出している館内。

手前はお土産ショップになっており、ミュージアムは奥の部屋から。

 

 

受付で入場料900円を払うと、シールを渡される。

これが入場券代わりになり、カバンとか目立つところに貼って「料金支払い済み」アピールをすることになる。

 

 

館内は撮影可能。

おなじ三菱財閥というのに静嘉堂は撮影禁止だったな。

東洋文庫を見習ってどうぞ。

 

 

 

1F。

静嘉堂は三菱の2代目と4代目が携わっていて、「3代目どこ行ったんだ」と思ってたら、この文庫に携わっていたらしい。

ニクいねぇ、三菱(2回目)

 

 

撮影可能と言うことはそれだけ写真の枚数も増えていくわけですが(疲労)

 

中国に関する膨大な文献を、アーネスト・モリソンという豪州人から岩崎久弥が買ったことが、東洋文庫のキッカケとされる。

その後は中国以外にもアジアの文献を広く収集。

岩崎久弥が惜しみなく費用を支出したので、珍しい書物をみつけた人達がこぞって購入をもちかけてきて、おかげでコレクションが増える増える。

 

 

なので展示品も書籍だらけ。

まずこれは古事記の英訳本。

1882年に、バジル・チェンバレンという英国人が刊行したもので、彼は日本文化大好きすぎて30年以上滞在し東京帝大で教鞭も取っていたという。

 

 

たしかに「ko-ji-ki」と上段に書かれている。

 

 

源氏物語がフランス語訳されている。

 

 

これはシーボルトが、自分の集めた日本書籍の目録として作成したもの。

本のリストがもはや本になっている。

こんなたくさん持って帰ろうとしたら、幕府につかまりますわな。

 

 

新渡戸稲造の『武士道』。

新渡戸本人がサインしたやつを、岩崎久弥へプレゼントしたそうな。

本物。

 

 

PCが置かれている。

 

東洋文庫所蔵本に掲載されている様々な画像を組み合わせて、オリジナルポストカードを作ろうというもの。

 

なんかここだけバブル臭がするなぁ。

地方のさびれた観光施設にあるメダル製造機を思わせる。

 

 

完成ポストカードの例。これで1枚です。

AKB並に登場者が多くて、もうこれ分かんねぇな。

 

 

 

17世紀後半の江戸の地図だそうです。

あなたの家はどこかな?

 

 

 

おなじような文字ばかり書かれていて、さっぱり区別がつきませんがね。

 

 

中国の書籍 山海経に載っている妖怪たちを紹介しています。

 

 

きたない(確信)

 

 

妖怪というより、ギャグマンガ日和に出てきそうな人物である。

 

 

そいつらが大挙する世界。

ぜったい行きたくない(真摯)

 

 

階段下にもいろいろ敷き詰めている。

 

 

よくわかりませんが、グッドデザイン賞ほかいろいろ受賞。

 

 

学校の図書館にあったやつ。

 

 

流れているBGMは、なんと東洋文庫オリジナルだそうだ。

岩崎久弥も歌ったのかもしれない(適当)

 

 

上を見ると映像投影されていてシャレオツ。

やっぱさっきのバブルポストカードやめた方がいいのでは(提案)

 

 

2Fへ。

 

 

突然現れる巨大な文庫。

これがミュージアム最大の目玉である。

 

岩崎久弥が購入したモリソンの書籍は、2万4千冊もあったらしい。

現在の価値にして70億。

やはり財閥は違うのだよ財閥は。

 

 

いくつかの特徴的な図書は開いて展示されている。

 

 

 

四庫全書という、清の乾隆帝の時代に作成された叢書(多くの書物を1冊に編纂したもの)がある。

 

中国に伝わる名書籍を片っ端から集めてまとめたもので、学者400人を動員して対象となる文書をリストアップし、4000人に全文手書きで筆写させた。

結果、3万6千巻を超えるシリーズになってしまったが、さらにそれを8セット作らせて分散して保管させた。

 

んでここにあるのは、四庫全書+四庫全書に収まりきらなかった書物を集めた、まさに完全版である『四庫全書存目叢書』。

こちらは後世に作成され、完成したのは1997年のこと。

いったい何冊あるんでしょうね、考えたくもないですが。

 

 

まだまだコレクションはつづくよ!

 

 

これはかのフランシスコ・ザビエルの伝記。

本人の死後に書かれたもので、ヨーロッパでわりとベストセラーになったらしい。

 

 

我々の知っているザビエルと違った風貌のようにみえますが。

 

 

うーむ、でもカラーにするときっと同じなんだろう。

神は二物を与えた毛ず。 

 

 

なんだか分からないと思いますが、アラビア語の契約書です。

子羊や子牛の皮をつかっており、ちゃんと上質紙だそうです。

 

 

なに書いてるか全然わからんけどな。

 

 

これも文書です。

清では功績を上げた高官へ爵位を授与するときに、絹製の巻物にその人の功績を書いて渡すんだとか。

 

 

確かに文字が縫い込まれている。

難易度たかすぎ。

 

 

日本昔話がドイツ語訳されているそうな。

まぁこっちもグリム童話よんでるしな。

 

 

桃太郎。

絵はまんま和製であった。

 

 

 

中国王朝の覚え方。

世界史履修者は必見です。

 

 

らーんららのところに大量に詰め込んでいるところがミソですな。

 

 

ここから企画展要素。

このときは悪人特集だった。

 

 

悪人とされている人をリストアップしてエピソードと、それを掲載している文献を紹介している。

 

 

痛い目にあった人たちのコメントも紹介。

 

 

いきなり暗くなった。

回顧の道、と名付けられている。

反省しろ、ということか。

 

 

床には橋があるので、それを渡ります。

こんな形のお菓子があった気がするが、名前が思い出せない。

 

 

暗いのでろくな写真になってないが、三国志です。

右が孔明で左が周瑜

 

 

やっぱ周瑜死んでるなぁ。

 

道を抜けました。

 

 

順路は矢印通りです。

 

 

則天武后だ。

 

 

古文書の絵とまったくおんなじ。

 

 

藤原道長も悪人扱いされています。

まぁ権力者はだいたい悪いことしてるからね、きっと。

かの「望月の歌」は『小右記』という書物の中で、道長が詠んだものとされている。

 

 

 

左のページの右から2行目下段に、そのへん書かれております。

 

 

暴れ過ぎた信長さんも、『信長記(しんちょうき)』で取り上げられている。

信長のエピソードは、元部下である太田牛一の書いた『信長公記』に寄るものが多いが、その本をベースにしてハチャメチャ要素を脚色したのがこれであり、内容の2/3は嘘だとまで言われている模様。

 

なお上の写真では3冊の本が写ってるが、どれが信長記だったかは忘れた(小並)

 

 

 

石川五右衛門がゆでられるところ。

あまり熱くなさそうですね。

 

 

井原西鶴の『当世女容気』という小説に八百屋のお七という女性が登場する。

火事に遭って避難した先であった男に一目ぼれし、「火事になればまた会える」というメンヘラ気質@江戸時代風を発揮して自宅に放火し、その罪で処刑されたという実話をもとにしている。

 

 

この辺は刑罰の絵。

 

 

中国での首枷の刑。

30kg弱の木製の首枷をつけて、3か月過ごさないといけない。

食事が超ハードモードだし、なにより横になって寝られないのがきつそうである。

 

 

 

そんな残酷な刑罰も、J-CASTニュースは舌なめずりで報道するそうです。

 

 

企画展の最後は妖怪大戦争をして終了。

1Fにもどります。

 

 

庭園があるよ。

 

 

一番奥はカフェテリアになっていて、そこまで道が続いている。

 

 

ところどころ色んな言語でことわざが書かれているのだが、そもそもこれ文字なんですかね(困惑)

 

 

アルファベットばかりが外国語だと考えている我々の常識を打ち破ってくれる。

頭からなにか生えてる彼は大丈夫かな?

 

 

庭園。というより中庭か。

 

 

カフェテリア。

お高いので尻込みしました(貧困)

 

そういえば、東洋文庫は岩崎久弥が豪州人からコレクション買い取ったところからスタートしたって上で書いたんだけど、その買取は岩崎久弥の意思というよりも周囲に依頼されたからという点が大きいようで、さらに東洋文庫の運営に岩崎本人はあまり関わっておらず、ただお金は出していた模様。

実はあんま興味なかったんすかね(衝撃)

 

 

以上。

 

【交通手段】駒込駅千石駅から徒歩10分

【入場料】900円

【混雑度】★★★★

【滞在時間】90分

【URL】ミュージアム - 公益財団法人 東洋文庫