神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

旅行ブログです。地域別カテゴリは最下段から。

神流川と三波石峡資料館・下久保ダム

 

群馬県と埼玉県の境にある下久保ダムと、そのダム管理所に併設されている「神流川と三波石峡資料館」に来ました。

 

群馬藤岡駅新町駅からバス1時間で来れるけど、そのルートでこんな山奥までダムを見に来るモノ好きなんているんだろうか。

まぁバスは1~2時間に1本ペースなので、思ったよりは本数ある感じ。

  

 

館内は1Fが展示室になっていて、2Fはダム管理所なのでSTAFF ONLYです。

にしてもこの怒涛のパネル、あぁ読むの疲れるなぁ(読まなければ良い)

 

 

 

上の方見ると、なにライダーか知りませんがサイン色紙が幾らか並んでいます。

撮影でこのダム使ったのかな。どの辺を?

ダムの堰堤から下に向かってダイブするシーンとか?

 

 

ずらーっと並んでいるのは塗り絵です。館内に置いてあるので自由に出来るのですが、その優秀作品でも貼っているようである。

 題材にされているのは某ダム漫画です。お子様というより、大きなお友達が喜びそうな系列ですね。

 

konomanga.jp

 

 

 

そういうわけでその漫画が載っている雑誌ごと置いていたりします。

ずいぶん画期的な展示ですねぇ。

 

 

ダムカードならぬダムカルタなんてのも置いてます。

 

 

どのダムも大きさや役割の重要性を誇る内容になってますが、丸山ダムだけ余命宣告されて悲しい記載になっています。ダムダムダム~ダム~(ドナドナのリズムで)

 

 

神流川流域民の水争いを伝える新聞。石のぶつけ合いは申し訳ないがNG) 

 

せっかく来たのでパネルを読みますか。

下久保ダム神流川(かんながわ)という河川にあるのだが、これは利根川に注いでいるので治水や貯水面で首都圏に影響を及ぼし得る河川なのだ。

 

この神流川、水が出ないときは出ないが、出る時はドバっとでるケチャップ川であり、洪水か渇水の2択という面倒くさい川であった。河川界の本田圭佑

沿川住民は利用しづらい水を我先にと奪い合う、エクストリーム我田引水を頻繁に執り行い、あげく喧嘩になって石をぶつけ合っていたという。イスラム国みたいなことはやめなさい。

 

 

 

ただでさえ厄介な状況であったが、戦後になると経済成長に伴い人口とカッパが増大した首都圏では水不足に陥ってしまった。

特に東京オリンピックの1964年の夏は凄まじい渇水。プールは閉鎖、トイレの個室も使用禁止、給水車から水を貰うために会社を休む人々、カッパピアの閉鎖。

 

というわけで荒れる神流川の制御と首都圏への水確保という目的のもと、下久保ダムが作られたそうです。カスリーン台風とか細かい話についてはダム専門サイトをご覧ください(転嫁)。

「それはごもっともだが俺の考えは違った」というダム予定地の地権者もいたので立ち退き交渉は難航したそうだが、1959年から事業が始まって完成したのは1968年でしたとさ。めでたし。

 

 

ということで資料館はおしまい。

そういえばダムカードは平日なら資料館2Fの事務室に行けばもらえます。

休日は事務室やってないので、右手の守衛棟にせがみましょう。

 

 

 

さて、肝心の下久保ダムへ向かいます。

堰堤は道路になっているので、車はそのすぐ手前にある駐車場に止めて歩いていくよ。

 

 

ダム湖である神流湖は、春はソメイヨシノが咲きほこる花見場所、また釣りの名所となっているが、この日は暑すぎたのでだれもおりませぬ。

しかし景色は良いな。そりゃダム作るくらいのド田舎だしな(直球)

 

 

このダムL字型しているので、けっこう堰堤の距離が長いんですよね。

端から端まで往復するとなると1kmくらいあるかもしれない。

 

 

距離が長いので飽きさせないためか、資料館にあった塗り絵が展示されています。

優秀作品みたいですね。

 

 

皆様の考えた「さいきょうのダム」を楽しむことができます。

このダムは万国旗並みにカラフルですが、一体どんな化学薬品を流しているんでしょうね。

 

 

これ塗り絵なんだけれど、君はどうして切り絵にしてきたのかな。

 

 

 

 

さて、放流ゲートのあたりに着きました。

ちょうど埼玉県と群馬県の県境になっているのね。

 

ただしダムカレーは群馬県で提供されているようですので、私はこの記事を群馬として分類しております。

 

ダムカレーは ↓ で食べました。関連記事PR。

 

lovingcspot.hatenablog.com

 

 

 

ではゲートを覗きます。なんとナイスタイミングで放流をしていたよ。常にやっているわけでないからラッキーですね。虹まで掛っていて完璧だな。

なお対岸に見える建物は発電所のようです。ダムカレーでは唐揚げが扮装していました。

 

 

結構な急斜面で、ダイナミック滑り台をしたら一発で往けそうである。

 

これにて下久保ダムもおしまい。

 

 

最後におまけ。三波石峡に行ってみた。三波石という観賞用石の採取地で、景観地帯としてプッシュされています。

ここは本当にバスとかないので、車ない人は諦めよう!

 

しかし休日だというのにこの人の無さよ。野球できるくらい駐車場にスペースありまっせ。秋になるともう少し人は来るのだろうか。

 

 

峡谷に行くには、もろに民家の横を通っていかねばなりません。

飼われている犬に吠えられないかビビりながら進みます。

 

 

階段を下りて岩場到着。

向こうに見えるのは、まさに下久保ダムだ。逆光でイマイチな写真になっているのが残念だな。

 

川に足を入れてみたら、恐ろしく冷たくて死にかけた。

ダム湖に貯められた水のうち底のほうにあるのを流してきてると思うんだが、下部に貯められている間は太陽光が届かないので水温がめちゃくちゃ低いのだ。低すぎると下流の魚がマヒって死んでしまう恐れがあるので、そうならないよう調整はされているはずなのだが、このときはとにかく冷たかった。冷え~

 

 

 

三波石峡はここから下流の方までハイキングコースみたいになっているようです。やりませんけどね(疲労)。

 

 

おしまい

 

 

【交通手段】新町駅群馬藤岡駅からバス1時間

【入館料】無料

【滞在時間】全部合わせて90分

【混雑度】★(だれもいない)

【URL】

www.water.go.jp