神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

道の駅 上州おにし

 

群馬県藤岡市にある道の駅おにしである。

 

「おにし」とは、鬼石と書く。

2006年に藤岡市に吸収されたが、それまでは鬼石町であった。

 

 

譲原小学校跡地に建てられたが、校舎はなぜか取り壊されずに残っている。

 

 

おそらく大したメンテなどされていないと思うので、まぁまぁボロボロ。

それでも廃校後40年経っている割には、良い状態である。

 

 

 

譲原小学校で検索すると廃墟探索系サイトがいっぱい出てくるので、廃墟マニアたちの格好の標的にされている模様。

 

 

となりに頑丈そうな建物が。

六角堂かな(適当)

 

 

縄文時代の住居あとらしい。

 

 

 

1933年に小学校の敷地を造成しはじめたら、それ以降ぽろぽろ古代の品が発掘されたそうな。

この住居跡は1937年に見つかったもので、床は石を敷きならべて隙間に粘土を入れて固めてある。

決して猫のトイレ跡ではない。

 

 

 

壁には盛大な絵が飾ってありますが、予算の出所が気になるところです。

 

 

より詳しく知りたい人は、置いてあるペーパーを読むと良いよ(丸投げ)

 

 

しかしここまで強固な造りにする必要があったんでしょうか(難題)

 

 

さて、道の駅にはいります。

 

 

入口にあった案内。

さっそく道の駅の名前が違うんですが・・

 

 

なんと3D映画が上映中である。

すごいぞ!

 

 

 

期待(大嘘)を胸に入館。

 

 

3D映画館、故障中だった。

 

 

右手には木工細工コーナー。

土曜の昼ですが、とくに誰もいないようです。

 

 

そのとなりには資料室っぽいのが。

 

 

薄暗いなぁ。

 

 

石が並べてある。

三波石(さんばせき)という特産品。

 

 

三波石は観賞用として、石マニアには有名であるらしい。

様々な鉱物が含まれており、緑黒白ピンクなど、色とりどりなんだとか。

まぁこの写真だと全然わかりませんけどね。

 

 

海底に砂・礫・動物の死骸・泥など様々なものが堆積して形成されて出来た。

それがなぜ地上にあがってきたかは現在でも不明である。

 

 

 

この近くを流れる三波川でたくさん見つかったので三波石と名付けられた説が濃厚。

 

なお中央構造線という断層の南側で見つかる石も三波石とされているのだが、中央構造線は九州から諏訪湖まで1000km続いているため、三波石も広い範囲で採取できる。

なんか簡単に手に入りそうっすね。

 

 

 

見つけたのはこの人。えらいえらい。

 

 

というわけで資料室の半分は石の話。

その次は縄文時代になったけど、ありがちなのでスルー。

 

 

鬼石町の年表。

聞いたこともない城の設立や、板碑の設置が書かれていて、もうこれ分かんねえな。

 

 

そして突然の西欧絵画だが、これは近所の人が持っていたのを貰ってきて展示しているので、由緒とかあまり関係無さそうである。

 

 

 

三波石の模型。

手作り品かと思ったが、このあと同じ品を幾つか見かけることになるので、いくらか生産したのだろう。

 

 

 

三波石狭という峡谷があるが、そこにある石を「三波石48石」として一つ一つに名前を付けているらしい。

みんな48って数字、好きですねぇ

 

 

しかしいきなり「1-A」「1-B」「1-C」って、1番が3つもあって、すでに48個オーバーするんですが。

全部好きすぎて、どれか一つに絞れなかったのだろうか。

 

 

2Fはお土産売り場&食堂になっている。

 

 

お目当てはダムカレーである。

ここから車で10分程度のところに下久保ダムがあり、そのダムカレーをここで販売している。

 

 

これ。

 

 

なんとラーメン版もある。

はんぺん?に「放流注意」とご丁寧に書かれているし。

しかもダム湖になっているのはカレーである。

ラーメンにカレー。

 

 

 

ダムカレーきました。

下久保ダムはL字型をしているので、米もL字になっております。

 

 

 

左側は野菜や唐揚げが適当に転がされているように見えるが、これらはそれぞれ「下久保発電所」や「三波石狭」「冬桜」など役割を与えられて、ちゃんと計算されてそこに配置されているのである。

まぁ結局ダム湖に沈むことになりますが。

 

食べ終わって、道の駅おしまい。

 

 

 

外の駐車場に出ると、やたらデカいコンクリの水桶がある。

水桶じゃなくて、小学校だからプールなんだろうか。

まぁ今泳いだら間違いなく病院送りになりそうですが。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】本庄駅からバス40分「神泉総合支所」下車、徒歩25分

【入館料】無料

【滞在時間】60分(昼食込み)

【混雑度】★★

【URL】上州おにし 関東「道の駅」