神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

さいたま文学館

 

さいたま文学館は、埼玉県内の文学について扱う資料館である。

 

 

建物自体は桶川市の市民ホールを使っている。

 

 

 

文学館は入口の右手にある。

 

文学館の開館は1997年なのだが、この市民ホールの改修が2016年に行われたので、めちゃくちゃ新しい施設になっている。

桶川市ほこらしい。

 

 

まぁメイン機能は市民ホールの方で、コンサートホールで河村隆一がライブやったりしている模様。

 

 

券売機で入場料210円をはらい、受付に渡して入館。

やたらハイテクな機器が並んでいる。

 

 

延々と季節の風景と文学ワードを写し続ける機械。

 

 

この機械もおんなじような感じだが、こっちは操作可能。

 

 

埼玉県の模型。

 

 

ゆかりの土地に、文学者の名前が建っております。

 

 

調べたい地域や文学者の名前をここで打つと、模型上の該当部分が光る仕様。

 

 

下の階へ。

 

 

灯りのところにこれまた文学ワードが書かれている。

 

 

(写真はHPから)

んで肝心の下の階は撮影禁止。

 

展示内容は、さいたまゆかりの文学者たちの所蔵品であったり、初版の本など。

それらがずらずら並んでいる、だけ。

 

文学者や作品に関する細かい説明とかは殆どなくて、本当に広く極浅に、作家の概要と作品名を紹介しているという感じ。

なのでこちらもあまり突っ込めるところがないんですが(困惑)

 

 

 

というわけでほぼ何も書くことがなく、出口まで来てしまいましたメンゴメンゴ。

まぁとにかく綺麗な施設だし、冷房効いているので涼しかったよ。

それだけ。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】桶川駅から徒歩5分

【入館料】210円

【混雑度】★★(他に2~3人)

【滞在時間】20分

【URL】さいたま文学館