神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

蕨市立歴史民俗資料館分館

 

蕨の歴史民俗資料館には分館がある。

 

 

 

 

 

蕨市長の旧宅であり、また織物の商家でもあったところだそうだ。

 

 

 

なかなか広い庭園があり、これを通って反対側の道路へ出られる。

 

 

反対側からみた風景。

 

 

ちょうど庭師みたいな人が園内を清掃しているところだった。

わりと蕨市さんサイドとしては気を使っている模様(失礼)

 

 

建物内へ。

入口は狭まったところにあるので、少し迷ったりする。

 

 

玄関。

 

 

玄関の正面には書庫。

 

 

郷土史的な、時代を感じる本がどかどかと。

立ち入り禁止だったが屋根裏部屋もあるようで、そこも倉庫として使っていたのだろうか。

 

 

館内図。

 

この日は貸し切り客がいて、建物の右半分の方で団らんしていたので、そちらには入れなかったでござる。

 

 

なので左半分のみの見学。

 

しかし公式HP見ても、部屋レンタルについては特に記載がない。

彼らはどういうルートで部屋を借り切っていたのだろう。

もしや単に地元民が集まって使っていただけなのか。

 

 

縁側。

 

まぁ他に客の姿は全くないし、地元民が使っているだけ良いのかもしれない(負け惜しみ)

 

 

 

縁側から見る庭園はグリーングリーンで爽やか。

 

 

 

池まである。

良い土地もってるなあ蕨市長(ゲス顔)

 

 

 

お部屋。

 

 

至る所にひな人形がある。

とっくに3月は過ぎているが、ご好評につき期間延長しているのだろう。

 

 

ひな壇の隣に「○○家」というように、ご提供元の家名が表示。

これは蕨市のもの。

 

 

稚児と言うか、お子ちゃまチックな人形。

 

 

さいたま市は大人な感じ。

政令指定都市のプライドである。

 

 

 

お目目ぱっちり。

 

 

 

庭の端っこに東屋っぽいのがある。

 

 

「特選知事賞受賞」と書いてあり、なんのこっちゃと思ったが、地元の高校生が3人で1年かけて作ったものらしい。

ほこらしい蕨(余所者並感)

 

 

 

分館について検索してもあまり情報が出てこなかったので、内容の薄い記事になってしまったが、あとは写真を見てご歓談ください。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】蕨駅から徒歩10分、戸田駅から徒歩15分

【入館料】無料

【滞在時間】20分

【混雑度】★(貸し切り客を除けば)誰もいない

【URL】

www.city.warabi.saitama.jp