神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

箱根北原おもちゃミュージアム

 

箱根湯本に、北原照久のコレクションを飾ったおもちゃミュージアムがある。

 

 

 

箱根湯本駅から徒歩5分程度だが、この辺のスポットを回る無料バスもある。

駅からここまでは結構きつい上り坂なので、行きはバス利用の方が良いかもしれない。

 

2館構成であり、左側が①で右側が②。

 

 

 

どっちの館でも受け付け出来るけど、順路通り①から。

 

入館料は2館共通で1300円。

同じ北原照久シリーズである「横浜ブリキのおもちゃ博物館」は入館料200円であり、けっこうな差があるが、観光地ということで多少はね?

 

 

 

鉄人28号がお出迎え。

 

 

 

受付を通って最初の展示室へ。

予想通りの、ブリキのおもちゃコレクションである。

 

なお相変わらず逆光しまくりの写真ばかりになってますが、申し訳ナス。

 

 

 

まずは明治~昭和までのブリキのおもちゃたち。

おもちゃミュージアムは写真撮り放題なのが嬉しいところである。

 

 

 

アメリカ人の額にハチが乗っている「好人物」。

ハチは日本を表しており、ちっぽけな日本が暴れたところでアメリカは気にしないという風刺であるらしい。

 

 

 

時代を感じさせる兵隊さん。

 

 

これまた時代を感じる近未来もの。

 

 

 

小田急もしっかり宣伝しています。

 

 

部屋の真ん中にあるバイク。

 

 

これだけはおもちゃでなく、本当にバイクだった

 

 

 

 

2Fへ。

 

 

ダンボではなくて、マンボ。

これならディズニーは気づかないと思ったのだろうか。

 

 

 

お馴染みの、シンバルもった猿

 

 

昔のミッキーは、中国も驚きのクオリティである。

 

 

ハチミツ食べるどころか、ハチミツに浸かっているプーさん。

 

 

 

みなさん、だいぶお変わりになられたようで。

 

 

 

大量の人形(焦燥)。

 

 

白い人たちだけでなくて、アフリカンな方々もいます。

 

 

やけにいかつい赤ん坊たち。

 

 

「忠実なる犬」

忠実要素はありましたか(すっとぼけ)。

 

 

 

フロアの真ん中あたりに、北原照久氏のインタビュー映像。

 

ブリキのおもちゃ集めが高じて横浜山手にミュージアムを作ったのが、大ヒット。

全国に同様のミュージアムを開設し、好事家があっという間に実業家になってしまったのだと。

 

 

 

2F奥の方はアメコミなど海外作品もの。

 

 

 

サンダ~バ~ド~。

 

 

 

蛍光灯では無くて、ライトセーバー

 

 

 

1Fに降りたら、お土産コーナー。

 

 

ウナギイヌのケース。

 

 

でも中に置いてある商品は全然違った。

 

 

 

2館目へ。

 

 

 

こちらは企画展であり、このときはミニチュア展だった。

 

 

 

舞台は、昭和や大正など、昔懐かしな時代が多め。

クリエイターらによる展覧会である。

 

 

 

原稿を散らかしているのは、江戸川乱歩らしい。

左側の編集者に追われているというネタ付き。

 

 

 

とにかくミニチュアハウスが続くので、以下だらだら貼ります。

 

 

 

豆腐屋

 

 

店番の婆さんは爆睡中。

 

 

 

路地裏。

 

 

 

 

正統派ドールハウスげなやつ。

 

 

 

 

ニューヨークの廃墟じみた高層ビルの間にぽつんとある北原おもちゃミュージアム、という設定。

 

 

 

こちらも仮想ミュージアムだが、横浜のおもちゃミュージアムと似ている。

 

 

 

これは実在の、北原照久の別荘である。

 

 

 

もとは宮家の所有であり、8億円もしたそうだ。

おもちゃって儲かりまんなあ(小並)。

 

 

 

映像コーナーでは、機械仕掛けで動くおもちゃの展示。

 

 

このおもちゃでは、右側に女性が横たわり、その左側に電気ノコギリがある。

機械が動くと、女性が電ノコの方に流されて処刑されるという、だいぶろくでもない展開。

 

 

 

最後のゾーン。

 

 

まずは巨大なキューピー。

なにか企んでいる感じの目をしている。

 

 

 

昔のレコードやCDがずらずら。

 

 

 

古い人も居れば、まだ現役の人も居ます。

 

 

 

レコードで埋まらなかったスペースには、おもちゃを敷き詰めている。

 

これにて2号館もおしまい。

 

 

 

想像以上にボリュームがあるので、観光地設定の入場料でもまぁ納得というところ。

しかし同様のミュージアムを全国に建てているので、北原氏のコレクションの多さには呆れる驚くばかりである。

 

以上。

 

 

【交通手段】箱根湯本駅から徒歩5分

【入館料】1300円

【混雑度】★★★(一部屋に数人)

【滞在時間】60分

【URL】箱根北原ミュージアム/トップ