神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

吉兆庵美術館

 

吉兆庵美術館は、和菓子店である源吉兆庵が開いている陶磁器等の美術館である。

 

 

 

吉兆庵は1947年創業の歴史ある和菓子店であり、その菓子の器として蒐集された品を展示している。

 

 

 

入館券は600円。

なお吉兆庵は岡山で創業した企業であり、岡山にも美術館を持っている。

ここで入館券を買うと、その券をもって岡山の美術館にも入れるのである。

(距離的に)たまげたなあ

 

 

 

主な展示品は、北大路魯山人の作品である。

この人は北鎌倉に星岡窯を所有しており、晩年は鎌倉で暮らしたという。

 

 

 

魯山人は癖のあり過ぎる人物だったが、それは出生からである。

明治維新後の士族没落期の士族に生まれてしまい、実親に捨てられ、最初の里親にも捨てられ、次の里親は父が行方不明になって母も病死。

その里親の子夫婦の元で一時期育てられるが夫が早くに死亡、妻の実家に行くと虐待されて、次に養子に行ったところでようやく落ち着く。

 

このとき魯山人6歳だが、そりゃこんな風になりますわ(遠い目)

 

 

 

館内は撮影禁止ですので(以下省略)。

この美術館、3Fまであるので、ゆっくり見ていると案外ボリュームがあったりする。

 

 

 

魯山人先生は、食器を「食事の着物」に例えており、自分でメニュー考案してその器を自分で作っていた模様。

器だけでは飽き足らず、他の食器から部屋の行灯や机など、もはや空間全体を自らの作品で彩っていた。

 

 

魯山人の言葉として、「1日3食それぞれすべてに心血を注ぎ、1食ごとに快哉を叫ぶようでなければ生きているとはいえない」みたいなのがあるらしいと館内の展示。

生きるために食べるのか、食べるために生きるのか、これもうわかんねえな。

 

 

 

箸置き。

 

気難しい魯山人先生だが、食事中にテンションが上がると、割りばしで即席の筆を作って作品をその店に置いてあげたりもしたらしい。

 

一方で風呂上りにベストなタイミングで冷えたビールが出てこないと、それだけでブチ切れてしまうという。

ビール瓶で殴られてしまうのかしら(時事問題)。

 

 

 

展示品は魯山人以外の作品もある。

特に吉兆庵は岡山創業なので、備前焼

 

備前焼は釉を使わずに焼き固めるので赤みが強く、土の感じがかなり残って素朴な味わいがあるとか。

また「窯変」という、窯のどの辺に置いて焼いたかで模様も色も変わるという現象があり、よってどの器も違う個性を持つんだってさ。

 

 

 

一風変わったものもあり。

これはボンボニエールといい、砂糖菓子入れ。

糖尿病まったなし(危機感)。

 

 

 

あとは宮川香山の眞葛焼きも展示されるときがある模様。

宮川香山は横浜だからね、眞葛ミュージアムもあるし。

 

 

 

 

以上。

 

 

【交通手段】鎌倉駅から徒歩10分

【入場料】600円

【滞在時間】40分

【混雑度】★★★(一部屋に数人)

【URL】

www.kitchoan.co.jp