神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

東京湾フェリー久里浜港

 

東京湾フェリーは、横須賀市久里浜から千葉県富津市金谷を片道40分で結ぶフェリーである。

 

 

 

京急久里浜駅から久里浜港まではバスで10分弱。

徒歩だと25分くらい。

 

 

 

こちらが東京湾フェリー株式会社本社。

屋上の看板が大変な昭和臭を感じさせてくれる。

 

 

 

 

湾内には漁船がいろいろ。

 

 

 

本社の横にはパチンコ屋。

どうみても廃墟にしか見えないのだが、店内から爆音がきこえてくるので営業している模様。

 

 

 

となりの中華屋は営業している感じはしない。

 

 

 

ターミナルはこちら。

 

東京湾フェリーは1960年から就航を始めており、千葉と横須賀をつなぐ貴重な足であった。

しかし1997年にアクアラインという強敵が開通。

当初のアクアラインは通行料4000円とかアホな値段でやっていたが、次第に減額をしたため東京湾フェリーの客足がそちらに取られてしまう。

 

 

 

フェリーも3隻で回していたが、2010年に「くりはま丸」の運行が終了。

写真の「かなや丸」と「しらはま丸」の2隻運行になっちゃった。

運行本数は1時間に1本。

 

 

 

ターミナルの中。

見た目にたがわずレトロな雰囲気。

 

 

 

 

お土産売り場と食事場。

 

 

 

搭乗口へはこの階段を登る。

 

 

 

徒歩で乗船する場合は、この道を直進。

車の人は待機列に並び、乗船開始になったら係員の誘導で乗ることになる。

 

 

 

通路を歩いて改札口で切符を見せる。

 

なお車は片道2,360円から、徒歩の人は720円。

アクアラインが800円なのを考えると、多少はね、では済まないクラス。

 

 

 

乗船。

 

 

 

このスペースはゴルフバッグ置き場らしい。

たしかに房総の方にはゴルフ場多いと思うが、スペースの広さからバブリーな感じを禁じ得ない。

 

 

 

客室入口。

 

 

こちらは前面部分。

久里浜港は前向き駐車なので、船の頭から港に突っ込んでいる。

出港するとバックしてUターンして千葉方面を目指すことになる。

 

 

 

上の階にも客席はあります。

 

 

 

 

売店スペース。

駅のキヨスクくらいのレベル。

 

 

 

バーカウンターみたいな構えだけど、繁忙時は使っていたのだろうか。

いまはTV置き場になっている。

 

 

 

カウンターテーブルっぽいのもあるし。

 

 

 

窓向きの座席。

 

 

 

大人数でくつろげるラウンジっぽいゾーンも。

 

 

 

甲板に出る。

 

 

救命ボート。

 

 

 

ここにもカウンターがあるので、繁忙してた頃は(以下略)

 

 

 

階段を上がってみると、上はビアガーデンみたくなっている。

奥の船室は操縦室である。

 

夏場はナイトクルージングとかイベントやっているので、そのとき使うのだろう。

 

 

 

操縦室の手前にグリーン車ならぬグリーン室があった。

1室3000円。

ゴルフ帰りのおっさん達が使うことを想定しているようだが、片道40分で3000円はやっぱりバブリーな気が。

 

 

 

階段を下りて船室へ。

 

 

 

そして40分すると、金谷港に到着である。

 

 

 

 

反対を見渡すと、かすかに神奈川が見える。

 

 

 

下船。

このとき切符を回収されるので、乗船中は保管必須である。

 

 

 

 

 

金谷港ターミナルのお土産売り場。

久里浜よりも本気出している感じ。

 

 

 

ターミナルの外から見た風景。

これから船に乗る車が待機している。

 

 

 

港の周りには、新しめな商業施設が。

やはり久里浜よりよほど頑張っている感がある。

 

まぁ千葉県知事はアクアラインを相当推してたからね。

その反動で金谷港周辺有権者から叩かれちゃまずいからね(すっとぼけ)。

 

 

 

恋人の聖地とかいう、ありがちな鐘。

恋人の聖地は、恋人じゃない人たちにとっての死地でもあると思うの。

 

 

まぁしかしフェリーでの移動は良いものですな。

金谷港の最寄りの浜金谷駅は1時間半に1本しか電車ないけど(白目)。

 

 

以上。

 

 

【交通手段】久里浜港京急久里浜駅からバス10分

      金谷港:浜金谷駅から徒歩10分

【乗船時間】40分

【混雑度】★★★(船内にちらほら)

【URL】

www.tokyowanferry.com