神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。地域別カテゴリは最下段から。

西村京太郎記念館

 

西村京太郎記念館は、西村京太郎のあれこれを記念する館である。

 

 

 

 

 

 

 

外観がものすごいクリニック感だしてて、最初素通りしたでござる。

 

 

 

入るといきなり西村京太郎人形

 

受付で入館料を払って2Fへ。

1Fはカフェになっており、館内を回った後に戻ってくると、コーヒーや紅茶などのサービスを受けられる。

 

 

 

最初の部屋はビデオブース。

ちなみに館内では撮影可能。

 

 

 

ドラマのワンシーンと思われる写真たくさん。

 

 

 

このときは、西村先生が取材旅行でブルートレインに乗り九州に行く、というビデオだった。

ちなみに車内での朝食はカップ麺だった。節約中だったのだろうか。

 

 

 

メインの部屋。

 

 

 

アシモ君みたいなのがいる。

 

 

 

アシモじゃなくてエノンだった。

西村作品をまったく読んだこと無いので知らんのだが、これも作品の人物にちなんだ名前なんだろうか。

全然違ったら笑えるが。

 

彼は記念館の紹介や、西村先生のメッセージをしゃべっていた。

 

 

 

 

これまでの作品いろいろ。

 

 

 

原稿など。

 

 

 

 

ところどころパイプや黄金銃があるが、とくに説明は無し。

熱狂的な西村ファンなら分かるのだろうか。

 

 

 

 

 

十津川警部が起こした、じゃなくて出くわした事件の場所一覧。

被害を免れている県の方が圧倒的に少ない。

 

 

 

たくさん事件を解決したので、表彰もたくさんである。

 

 

 

 

 

Nゲージ

ブルートレインを事件の舞台にしてもいるし、西村先生は電車好きなようである。

 

 

 

 

でも、だいぶ物騒なジオラマだった。

 

 

 

よく死んでるなあ(感心)

 

 

 

 

 

 

模型もいろいろ。

きっと原鉄道博物館に行ったに違いない(確信)。

 

 

 

小さいジオラマもあったが、電車はいない模様。

 

 

 

 

 

 

なんと西村先生にメッセージを送れるという。

「殺人の無い世の中になりますように」とお祈りしておこう。

 

 

 

 

2Fを見終わって1Fのカフェに戻ろうと、階段の隙間から下を見たら、まさかの死体発見。

 

 

 

 

よくみると階段に血痕がついていた。

ぶっそうな記念館だなあ(確信)

 

 

以上

 

 

 

【交通手段】湯河原駅から徒歩15分

【入館料】820円

【滞在時間】40分

【混雑度】★★★★

【URL】西村京太郎記念館