神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

C級スポットを主に巡るブログです。C級スポットとは、「メジャーな観光地(A級スポット)・ちょっと変わった観光地(B級・珍スポ)ですらない、楽しめるかはその人次第の場所」という意味です。と言いつつ、普通の観光地にも行きます。地域別カテゴリは最下段から。

東急 電車とバスの博物館

 

 

 

東急田園都市線宮崎台駅の改札すぐ外にあるのが、電車とバスの博物館である。

 

 

 

 

廊下を通って館内へ。

 

 

 

入場口はやっぱり改札の形。

ただ切符を入れるのではなく、入場券に印字されたQRコードをかざすという、飛行機システムが何故か採用されている。

 

 

 

改札を通ると、ここは3F部分。

とにかく子供連れが多い。

 

 

 

最初はお土産コーナー。

案外高いバスの降車ボタン。

 

 

 

 

東急の歴史と、車両の変遷。

 

 

 

お決まりのNゲージ

中に立ち入っている人がいるが、これは店員さんが修理をしているからである。

 

 

 

 

古い駅舎。

 

 

旧駅舎の模型もある。

 

 

 

 

クイズコーナー。

予想以上に難易度が高かったりする。

 

 

古いのだけじゃなくて、新しいのもあります。

 

 

 

Nゲージを運転できるジオラマ

 

 

 

 

Nゲージ視点での走行風景が見れる。

 

 

3Fは見終わったので、下の階へ。

 

 

 

2F部分にあるのは、こういう機材と、車両を模した休憩所だけ。

 

 

 

1Fに降りる。

 

 

 

この階は、シミュレーターと旧車両の展示らしい。

 

 

 

通称「いもむし」と呼ばれていたという車両。

 

 

 

駅名表示だが、随分でかいのでどこに置いてあったんだろうか?

 

 

 

 

バスの中にはシミュレーター。

電車のシミュレーターはよくあるけど、バスのは初めて見たな。

 

 

 

電車のシミュレーターは、田園都市線東横線の2種類があるが、田園都市線の方は有料&予約制。

この日は午前中に行ったにもかかわらず、すでに予約完売であった。

 

 

 

東横線の方は予約なし&無料。

大の大人が子供に混じってやってみたけど(錯乱)、下り勾配のときブレーキが全然効かないというリアルさもあり、結果非常ブレーキに頼らざるを得なかったでござる。

 

 

 

少し並ぶので、その間は列の近くに貼ってあるステッカーを見てお楽しみください。

 

 

 

 

バスの行先表示板を動かすスイッチ。

 

 

 

ちなみに、バスジャックされた時にそなえて、こんな表示もあるのね。

(画像は東急バスHPから)

 

 

乗り物好きには楽しいスポットだけど、写真の通り人が多すぎて大変なのでした。

 

以上

 

 

【交通手段】宮崎台駅からすぐ

【入館料】300円

【滞在時間】60分

【混雑度】★★★★(たくさん)

【URL】電車とバスの博物館|東急電鉄