神奈川Cスポ探索日記

神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

横浜税関資料展示室

 

横浜税関資料展示室は、横浜税関に関する資料を展示する室である

 

 

 

この横浜税関庁舎は、「クイーンの塔」と呼ばれている。

 

キング:神奈川県庁

クイーン:横浜税関

ジャック:横浜開港記念会館

 

昔は周りに高い建物が無かったので、これら3塔が横浜港に入港する際の目印になったようだ。

なおいまは(略

 

 

 

国家機関であるクイーンの塔は、神奈川県庁のキングの塔よりでかいらしい。

国の威信というやつであろうか。

 

 

 

とりあえず入場して順路通りに右に行く。

 

 

 

「今日の主役」みたいなタスキをかけているのが、カスタム君である。

まんまな名前だなあ

てか身体能力たかいな。

 

 

 

TVで流されているのは、(いつのだか分からんが)横浜税関が取り上げられたニュース番組。

 

 

横浜税関の歴史、的なコーナー

 

 

税関建物のうつりかわり

 

 

 

 

当時の倉庫についていた飾り物。

1923年の関東大震災のときに紛失し、2008年に発掘されたらしい。

奇跡の保存状態。

 

 

 

当時の輸出品目ランキング。

生糸最強時代もありました(シルクセンター)

 

 

 

突然暗くなる。

 

 

 

麻薬密輸に関するゾーンだった。

 

 

 

 

恐怖新聞のような字体で、我々の恐れを煽ってくれる。

 

 

 

ガラス張りの床下には、麻薬だらけ

 

 

 

実際の密輸手法の例。

ばかでかい石材の中に仕込んでいたらしい。

「その手があったか」とか言ってはいけない

 

 

 

 

 

カスタム君には色違いもいるらしい。

 

 

 

 

 

海外に抑留されていたなどで、いまだに旧札をもっている人に向けてのお知らせ。

該当する方はぜひ。

 

 

 

 

同じ言葉を繰り返すことで、海賊版買ってはいけないという暗示を客にかける手法

 

 

 

 

なんとワールドカップの海賊版まであるらしい。

 

 

 

輸入してはいけないものの例。

ワニとかカメレオンとか難易度高いな。

 

 

 

 

突然ですが、クイズです

 

 

 

 

わからんなぁ。

 

 

 

 

ショッキングな言葉を繰り返すことで暗示をかける方法を、この展示室では採用しているらしい。

 

 

 

税関の前身である運上所の門と思われるもの(とくに解説なかった)

手前のカスタム君まで年代物みたいになっている。

 

以上

 

 

【交通手段】日本大通り駅から徒歩5分

【入場料】無料

【滞在時間】20分

【混雑度】★★★(写真撮ると他人がうつる)

【URL】資料展示室のご案内 : 横浜税関 Yokohama Customs