神奈川Cスポ探索日記

神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

海上保安資料館 横浜館

 

赤レンガ倉庫やワールドポーターズなどサレオツでお馴染み、みなとみらいの新港地区に似合わない無骨な倉庫が、海上保安庁の資料館である。

 

 

 

2004年に開館したようだが、建物自体はもっと古い気がする。

 

 

 

 

 

2001年に鹿児島南西沖で発生した工作船事件について展示している。

 

工作船事件のあらましを雑に書くと以下の通り

 

1.海上で不審船が発見され、海保の巡視船と航空機が追尾

 

2.停船命令に従わないので威嚇射撃を行うが、止まらない不審船。

 

3.挟み撃ちにしようとしたところ、不審船からなんとロケットランチャー

 

4.銃撃戦の末、不審船は自爆。海保が救助用浮き輪を投げたにもかかわらず、乗組員は拒否して溺死。全員死亡したと思われる。

 

5.死体鑑定の結果、乗組員は朝鮮人。というわけで犯人は北朝鮮

 

 

 

 

で、その不審船がこれ。

でかすぎて写真に収まらない。

 

 

 

船は中国との経済水域付近に沈没したため、中国と北朝鮮に配慮する(!?)声もあったようだが、時の小泉政権は引き揚げを決定。

その際に協力金として、中国政府に1億5千万円ほど支払われたとか。

 

 

 

海保が行った威嚇射撃の跡。

あくまで威嚇なので、人がいない部分を狙う紳士っぷり。

 

 

 

上映されているビデオでは、まさに銃撃を行う様子が見られる。

ただTVすごい小さいんだよなぁ。

 

 

 

 

船から見つかった遺品の数々。

大量の銃のほかミサイルまで搭載しており、しかも海保の装備より高性能であるらしく、防弾チョッキや巡視船の外殻ぶちぬくレベルらしい。

 

 

 

電子機器も多く、いろいろ陸上へ発信したり、他の通信を傍受していたんだろうか

 

 

 

 

自爆したので、船内スカスカ。

 

 

 

船の反対側の図。

 

工作船の役割は、日本国内の暴力団への覚せい剤密輸であったようで、これより以前の密輸事件で使われていたことが発覚した。

遺留品である通信機器のメモリから、暴力団関係者との繋がりが浮上したとのこと。

 

 

 

 

船を上から見た図。

あのレールっぽいのにミサイル載せるらしい。

ほんと、一介の漁船じゃないな。

 

 

 

自爆したからボッロボロ

 

 

 

あと船内からは、北朝鮮人民がみんな付けていると言われる金日成バッチとか、製造元が平壌のお菓子も見つかった。

ここまでくると、むしろあからさまな気がするが。

 

 

 

 

不穏な展示物だらけなので、ゴール地点は海保グッズで穏やかに。

 

 

 

というわけで、みなとみらいの平和ボケした土日に危機感と防衛意識を叩き込む、異色の施設なのでした。

 

 

なお工作船事件の詳細は ↓ から。

九州南西海域工作船事件 - Wikipedia

 

 

以上

 

 

【交通手段】馬車道駅から徒歩8分

【入場料】無料

【滞在時間】20分

【土日の混雑度】★★★★(たくさん)

【URL】海上保安資料館横浜館-Japan Coast Guard Museum YOKOHAMA-