神奈川Cスポ探索日記

神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

源実朝公御首塚

 

 

源実朝公御首塚(みなもとのさねともこうみしるしづか)は、鎌倉幕府3代目将軍の源実朝首塚、とされている場所である。

 

 

 

バス停「中庭」から徒歩5分ということだが、あまりにも田園風景すぎて、本当に首塚が見つかるのか不安になる。

 

 

 

 

 

 

なんか建物あった。

 

 

 

 

この建物は「ふるさと伝承館」っていうらしい。

いちおうそば処が入っていて、地元の農産物も売っている模様。

道の駅みたいなもんか。

 

 

 

 

JA秦野のキャラクター。

左のぴーなマンは、好きな言葉が「地産地消」だったり、特技が「箱罠の設置」。

 

 

ちなみに箱罠は ↓ 

 

 

 

今日も害獣を退治し続けるぴーなマンである。

 

 

 

ふるさと伝承館のあたりは、「田原ふるさと公園」という。

とりあえずだだっ広い芝生ばかりなので、ボールとかで遊んでる家族連れや子供がちらほら。

 

 

 

 

んで、肝心の首塚がこちら

 

 

 

 

 

 

要約すると

 

1.源実朝公暁が撃破。

 

2.実朝の首が行方不明

 

3.武常晴という武将が偶然拾って、秦野の波多野氏のもとへ持って行き、供養。

 

 

 

そもそもなんで実朝の首が行方不明になるのか、とか

武常晴は三浦義村の家臣だったらしいが、なぜ三浦ではなく鎌倉から遠い波多野氏を頼ったのか、とか

波多野氏は源平合戦では平氏側についていたらしく、なんで源氏の大将の首を平氏側に持って行って、踏んづけるならともかく手厚く葬るってどういうことだ、とか

 

 

 

とまあ謎だらけである。

 

 

特に最大の謎として、上記の説明版に「右手の五輪塔首塚である」って書いてあるんだけど。

 

その右手には

 

 

 

なんもないじゃん。

 

 

 

 

石碑。

たぶん実朝の歌が詠まれてるんだろうけど、字が消えかけてて読めない。

 

 

 

 

五輪塔ってこれか?

右手というか、ちょっと離れたところにあったが。

あと五輪塔自体には特に実朝要素が描かれていないので、本当にこれなのか怪しんだりするが、まぁこれでいいや。

 

 

 

以上

 

 

【交通手段】秦野駅から「秦23 くず葉台経由藤棚行き」か、

     「秦26 くず葉台経由神奈川病院循環秦野駅行き」で15分

      バス停「中庭」下車。徒歩5分。

      1時間に1~2本程度。

【入場料】無料

【土日の混雑度】★(首塚あたりには誰もいない。公園にはちらほら)

【滞在時間】15分

【URL】秦野市観光協会-観光スポット情報【源実朝公御首塚】