wandercspotの日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています。

大磯町郷土資料館

 

大磯町郷土資料館は、大磯に関するいろいろを展示する資料館である。

 

 

 

吉田邸地区の対面にあるのが、城山公園。

 

 

 

 

 

 

 

涼味や華やいだ感じのある吉田邸地区とは打って変わり、鬱蒼とした感じをしている。

 

 

 

 

 

 

これが資料館。

吉田邸の方は観光客が結構いたが、こちらにその姿は見えない。

 

 

 

 

館内で撮影をするには、受付で申請する必要がある。

申請書に氏名や住所を書くだけで、すぐに交付してもらえた。

 

 

 

入り口をくぐると、いきなり目に入るのがこの三角頭の欄間である。

サイレントヒル2を思わせる。

 

 

 

このあたりは三井財閥でおなじみ三井家の別荘が建てられていた。

そのうち総領家が保有していた城山荘をオマージュして建築されたのが、この資料館。

確かに写真左の城山荘と、この資料館の外観は似ている。

 

 

 

 

この城山荘、全国の社寺の古材を利用して建築されたとのこと。

さっきの欄間も、そうして作られた装飾の一つである。

 

 

 

 

欄間には龍が彫られている。

意味は分からんが、良い感じ。

 

 

 

 

奥の資料室までの廊下。

 

 

縄文・弥生時代の土器?

 

 

短歌的なもの。

 

 

 

 

資料室はけっこう広い。

 

 

 

宗教・祭りゾーン

海に山もあるということで、それらへの信仰も強かったようだ。

 

 

 

 

別荘を持っていた人たちの図。有名どころがとても多い。

まぁほぼ跡形もなく消えてしまっていて、西園寺邸は悪の組織みたいな厳重ガード装甲で近寄れないし(居住者がいるのだろうか)、伊藤博文邸は大磯プリンスホテルの施設になっているようだが、近くを通ったら営業している感じが無かった。

 

 

 

三井家の別の別荘模型。

 

 

 

城山荘の骨組み模型。

どうしてさっきみたいな完成型でなく、骨組みだけにしたのだろうか?

 

 

 

展示品はバリエーションがあって、あとは横穴古墳とか

突然エモい骸骨だ。

 

 

 

サーフィンが日本で始まったころの、古いボードだとか

 

 

 

海洋生物のトロピカルな展示まで。

宗教から別荘から古代に生物まで、幅広く扱う資料館である。

 

 

 

館内は無料なうえに空いてるし、大磯観光で小休止としては良いポイントだなと思いましたとさ。

 

以上。

 

 

【交通手段】大磯駅からバス5分、「城山公園」下車。

【入場料】無料

【混雑度】★(誰もいない)

【URL】郷土資料館/大磯町ホームページ

 

 

広告を非表示にする