神奈川Cスポ探索日記

神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

山手234番館

 

山手234番館は、外人向けアパートとして1927年に建築された。

木おおいな!

 

 

 

なぜ「234番館」なのかというと、ここの番地が山手234-1だからである。

 

 

壮観な建物であり、山手西洋館の一群をなしているのだが、

なぜかGooglemapでは観光スポット扱いされていない。

 

 

 

 

 

建物は2階建て。

アパートだったこともあり、左右シンメトリーで部屋数は多め。

 

 

 

 

 

玄関入って左手はリビングとしての展示。

レコード機器が置いてあって、頼めば使わせてもらえるらしい。

シックですな。

 

 

 

 

食器棚かと思いきや、建物の破片とかも羅列されているのであった。

 

 

 

 

 

 

 

逆光のせいで暗くなってしまったが、キッチンは現代的。

 

 

 

 

この建物自体は、1980年代まで実際にアパートとして利用されていたこともあり、

他のアンティークな西洋館と比べて現代的・機能的な感じ。

 

 

 

 

 

第一展示室。昔の備品とか置いてある。

山手資料館の詰め込み具合を見た後で来ると、けっこうスペースに余り感がある。

 

 

 

 

第二展示室は、模型とパンフレット場。

 

 

 

 

 

玄関まで戻って、今度は右側に行くと

インフォメーション&ショップコーナー。

 

 

 

 

大きな蓄音機が存在感を発揮。

 

 

 

 

奥の廊下には、234番館の歴史。

 

さらに奥に行くと、殺風景な事務室しかないので引き返し。

 

 

 

 

事務室の近くには自販機もあります。

 

 

 

 

 

階段で2階へ

 

 

 

 

2Fはギャラリー&会議室。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真展&絵画展という感じ。

 

 

 

 

奥はまた殺風景な事務室。事務室多くないかなあ。

 

 

 

 

建物中央には吹き抜けの中庭があるけど、

広さが中途半端なので、当時の住人はこのスペースを使えていたのだろうか。

 

 

 

西洋館というにしては、アンティーク家具が少ないのと内装が現代的なので、

どちらかというとギャラリー要素を強く感じるのであった。

外観は好きだけどね。

 

 

以上

 

 

【交通手段】元町中華街駅から徒歩10分

      桜木町駅からバス15分「元町公園前」バス停下車すぐ。

【入館料】無料

【土日の混雑度】★★★(写真を撮ると他人が映り込む)

【滞在時間】15~25分

【URL】

www.hama-midorinokyokai.or.jp