神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

旅行ブログです。地域別カテゴリは最下段から。

長野県 - 松本市

松本市時計博物館

そごうでも三越でもありません。時計専門の博物館です。 松本駅から徒歩10分。入館料は310円なり。 駐車場は無いので、車勢はその辺の有料パーキングに停めてきましょうね。 本田親蔵さんという方が生涯をかけて収集したコレクションを松本市に寄付したのが…

松本市美術館

得体のしれないオブジェが立ち並んでいるのは松本市の市立美術館。 水玉模様で分かる人は分かると思うが、草間彌生が松本出身なので、この人の作品を多く展示している。 草間だけを大きく扱った常設展があるし、ほとんど毎年ペースで拡大展も行われている。 …

窪田空穂記念館

くぼた うつぼ と読むらしい。 歌人。早大教授。若い時に期間限定で短編小説も書いていた。 建物の入り口がどこか分からない。 石畳っぽいのが奥の方に続いているけれど、見た感じ物置な気がするなぁ。 物置じゃなかった、入り口だった。 暗くて遠めからじゃ…

日本浮世絵博物館

大規模な城下町 松本にはお金持ちも一杯いたわけで、そういう豪商が趣味で浮世絵コレクションしたのを、この博物館では展示しています。 オーナーである酒井家は18世紀から収集を始め、19世紀には浮世絵鑑定業に乗り出し、さらに浮世絵専門雑誌の創刊・国際…

松本市歴史の里

松本市周辺にある文化財的な建物をまとめてここにぶっ込みました、ってのが歴史の里です。5つの建物と1つの展示棟という、かなりのボリューム。 広い土地が必要なせいか、松本駅西口からコミュニティバス「タウンスニーカー」で25分とだいぶ偏狭なところ…

松本市 旧制高等学校記念館

旧制高等学校というのは今の大学1~2年生にあたるそうです。 卒業生は帝国大学に進学し、そのあと官僚とか財界に就職して上級国民となるのだ。 なのでここに集まってくるのはエリートの卵。 松本にもその学校がありました。松本市は自らを「学都」と称して…

松本旧司祭館

国宝となった開智学校のすぐ横に、旧司祭館がある。 松本のカトリック教会に勤めていた司祭たちが住居として使っていた建物です。 1889年に建築され、県内では最古の西洋館だそうな。 入場は無料です。 さて、最初の部屋は当時事務室として使われていた…

旧開智学校

松本城の近くにある旧開智学校です。 国宝に指定されるという話が最近決まってタイムリーな記事になってしまった。 マイナーな観光地だったのにこれで有名になると嫌だな(人混み嫌い並感) 開智学校っていうのは1873年開校した小学校ですね。 いまでも…

松本民芸館

壺とか家具とか小道具とか、そういう民芸品のコレクション博物館がこちら。 丸山太郎さん(1905-1985)という方が生涯かけて集めた品々だそうです。 その数なんと6,000点。晩年にぜんぶ松本市へ寄贈されたそうだが、その多さだと松本市の窓口も呆然とするし…

松本市はかり資料館

松本市にある、はかり専門の資料館です。 この辺りは善光寺街道が通っていて古くから街が発展しておりますが、1888年の大火事で片っ端から焼けており、そのあと防火対策で片っ端から土蔵造りにしたので、こういう雰囲気ある建物がゾロゾロしております。 松…