神奈川Cスポ探索日記

Cスポット探索日記

観光地って言えるかどうか微妙なスポットを主に巡っています。市町村別カテゴリは最下段から。

長野県 - 小布施町

北斎館

栗菓子屋がたくさん並んでいて、観光客が最も混みあう地点に北斎館は位置している。 この時は割と空いてたんでこんな写真になっているが、秋は観光バスがんがん入ってまるで渋谷や原宿のような大混雑になったりする。 北斎が晩期に滞在していた、この小布施…

日本のあかり博物館

小布施には、灯火具を専門とする博物館がある。 この町に数少ない駐車場の近くに建っているので、人通りはとても多いところである。 1982年に開館。 明治末期の蔵、昭和初期の倉庫をつなげて改装した建物を利用している。 雰囲気がありますねぇ。 しかし内部…

髙井鴻山記念館

小布施は栗の他に、葛飾北斎が滞在していた町として売り出しているが、その北斎が小布施に来たきっかけを作ったのが、髙井鴻山(1806-1883)である。 鴻山の記念館がこちら。 髙井家は北信きっての豪商。 強力な財政バックアップのもと、鴻山は15歳で江戸や…

急須コレクション 茶俚庵

小布施のガイドマップに急須の資料館があると書いてあったので付近まで来てみたが、見当たらない。 いったいどこにあるんだろうか。 看板があった。 木で隠れていたから、一度思いっきり素通りしたでござる。 しかしもろ民家のようなんですが・・ 右手を見る…

小布施町歴史民俗資料館

小布施町の歴史民俗資料館に来ました。 案内板があるんだが、もはやその文字が見えないレベルで開館アピールをする貼り紙がされている。 小学校だった建物を利用しているそうです。 土日のみの開館で、入館料は100円。 古墳の石室の模型があるぞ。 古墳と言…

おぶせミュージアム・中島千波館

おぶせミュージアムは、小布施町に関係ある芸術家の作品や、町に置いてあった美術品を飾っている町立美術館である。 敷地は結構な広さになっていて、ミュージアム本館・中島千波館・蔵×2と建物たくさん。 敷地入口から2分くらい歩いて、ようやっと美術館に…

小さな栗の木美術館

ここは、小布施の和菓子屋である桜井甘精堂がやっている美術館である。 各種パンフレットでは「小さな栗の木美術館」とされているが、店の看板およびHPだと「小さな」が入らずに「栗の木美術館」となっている。 甘精堂としては小さくないつもりなのだろう。 …

中野土びな館

中野土びな館という場所ですが、ここは中野ではありません。 小布施です。 栗かの子で有名な竹風堂の一角にあります。 大型観光バスが次々に立ち寄るなど、おそらく小布施町で最も混雑している部分です。 しかし中には誰もいない。 みんな栗を食べにいってし…

小布施駅 ながでん電車の広場

長野電鉄の小布施駅には、「ながでん電車の広場」なるものがある。 ホームの向こうに見える車両置き場がそれ。 乗車券を持っている人はそのまま見れるけど、持ってない人は入場券を買ってホームに入りましょう。 ホーム後方に行けば良いのかと思いきや、ホー…