神奈川Cスポ探索日記

C級スポット探索日記

旅行ブログです。地域別カテゴリは最下段から。

岡山県 - 倉敷市

倉紡記念館

倉紡記念館は、倉敷の紡績企業クラボウのミュージアムである。 美観地区の中にあるアイビースクエアの一角。 もとはクラボウの工場があったところである。 クラボウという社名は通称であり、正式名称は倉敷紡績。 結論から言うと、倉敷の発展は倉敷紡績が大…

倉敷考古館

倉敷考古館は、文字通り考古学的なものを扱う資料館である。 江戸時代の倉を改装した建物で、1950年開館のため歴史があり、美観地区の中でも知名度の高い施設となっている。 郷土資料館だからと言って、侮るなかれ! まぁそんな良い待遇を受けている郷土資料…

日本郷土玩具館

日本郷土玩具館は、江戸~昭和ころの昔のオモチャをひたすら集めている博物館である。 建物の入り口付近は民芸品ショップとなっており、博物館は店内奥の方に進んだところにある。 入館料は400円。 店内には多くの観光客が居るのだが、博物館部分は有料とい…

倉敷貯金箱博物館

倉敷の美観地区を南へ抜けた辺りに、貯金箱博物館なるものがある。 ・・なんだ、この大量の犬たちは。 店先も品物がごろごろ並んでいる。 美観地区の壮麗な建物群を目当てに来ている客は、まずこの外観に恐怖感を覚えて回避するであろう。 この手のキワモノ…

いがらしゆみこ美術館

みなさんは、いがらしゆみこさんを知っていますか。 私は知りませんでした。 その美術館が、倉敷の美観地区にあります。 見て一瞬で分かる通り、昭和~平成前半の少女漫画である。 1968年デビューし、少女雑誌『なかよし』を中心に『キャンディ・キャンディ…

加計美術館

倉敷の美観地区を歩いていたら、加計美術館なる施設があった。 まさに絶賛炎上中である、あの加計学園グループが運営する美術館である。 すっかり愛媛のイメージが強い同学園だが、学校法人としての創設は岡山市で行われており、倉敷にも倉敷芸術科学大学を…

倉敷物語館

倉敷の美観地区に入って一番最初にある施設が、倉敷物語館である。 江戸時代に建築された屋敷を利用した、観光案内所。 入口の門をくぐって右手に、蔵。 二松学舎大学の特集をしている模様。 なぜ? どうも二松学舎の創立者である三島中洲という人が、倉敷の…

桃太郎のからくり博物館

岡山県倉敷にある、桃太郎のからくり博物館である。 名前からしてキワモノ臭ただよう施設だ。 入場料600円。 わりとたかいが、観光地価格なので仕方なし。 案内役の従業員さんが来るまで、入り口で待機する。 施設のテーマとしては、江戸時代から存在するカ…