神奈川Cスポ探索日記

神奈川Cスポ探索日記

神奈川県内の観光スポット、って言えるかどうか微妙なスポットを巡っています

横浜市立博物館と大塚・歳勝土遺跡

 

横浜市の歴史を、古代方面へパラメーター割り振って説明しているのが、横浜市立博物館である。

大塚・歳勝土遺跡は、その隣にある弥生時代の遺跡。

 

 

 

 

 

センター北駅からは歩いて5分。

館内はフラッシュ焚かなければ撮影可能。

 

 

 

1階の受付を済ませて、2階の展示室へ。

左右にどかどか置いてあるのは、埋蔵文化財調査の最近の結果。

細かすぎてよくわからないのでスルー。

 

 

 

展示室は、真ん中にギリシャ神殿みたいな柱(適当)で囲まれたパソコンリサーチゾーン。

それを囲むようにして展示ブースがある。

 

 

 

入口すぐ左手では、歴史劇場と題した映像コーナー。

 

 

 

最初の展示ブースは、縄文時代である。

博物館のおなじみコース。

 

 

 

相模原にもいたマンモス君。

 

 

 

この博物館ではいたるところに問題が掲載されている。

ぼーっと展示を眺めるのではなくて、問題意識をもって見ろという博物館側からのメッセージであろう。

 

 

 

絵画まで用意するあたり、縄文時代に対する意気込みを感じる。

 

 

 

さらに各コーナーには、けっこう本格的な解説ペーパーも。

観覧者をストイックな方面に追い立ててくれる。

 

 

 

わかりやすい映像資料も豊富。

 

 

縄文土器といえば様々な紋様が特徴だが、急須まであるとは。

 

 

 

お次は弥生時代

縄文時代では横浜付近に人はそこそこいたのに、弥生初期の頃にみんないなくなってしまって、中期頃にまたぞろぞろ集まってきたらしい。

 

 

 

弥生土器といえば、シンプルで飾りのないスタイル。

 

 

 

 

と思ったら、全然違うのもあった。

 

 

 

これが弥生時代特有の方墳周溝墓。

方墳真ん中の高い部分に一家の偉い人を葬って、周りの溝に家族を葬る。

 

 

 

3番目は古代~平安

縄文と弥生は、横浜の郷土史的なことをかなり強く出してたけど、ここからはだいぶ全国一般論要素が強くなりだす。

 

以下は、横浜的要素が強い展示を抜粋。

 

 

4ブース目。

鎌倉時代に北条家のもとで発展した、金沢区六浦港の黄金時代。

当時は日本屈指の港だったが、今はもはや海に面してすらいない。

こういう時代もありました。

 

 

 

5ブース目。

これは吉田新田。

もともと入江だったのを、江戸時代に材木商である吉田さんが埋め立てて、陸地として使えるようにした。

それが現在の関内や伊勢佐木町のあたりなんだってさ。

 

 

 

6ブース目。 

明治時代、伊勢佐木町にオープンした横濱館は、多様な店が館内に構えるデパートの先駆け。

 

 

こんな感じで、全部で6ブースあったけど

 

1つめ:縄文

2つめ:弥生

3つめ:古代~平安

4つめ:鎌倉~戦国

5つめ:江戸

6つめ:明治~現代

 

と、圧倒的に古代に重きを置いているのが分かる。

 

まぁ江戸末期に開港されるまで、ただの漁村だったもんなぁ。

主張することが古代に大集合しているのは、地方の博物館あるあるだ。

 

 

博物館おしまい。

 

 

 

3階まであがって外に出ると、大塚・歳勝土遺跡まで歩いて行けるデッキ。

 

 

 

この辺りを開発する際に、いろいろ掘ってたら見つかったのがこの弥生時代の遺跡なんだと。

発掘されたのが1972年で、珍しく大規模な遺跡であるため、公園として保存されている。

 

なお博物館は1995年からなので、この遺跡あってこその博物館といえる。

だからあれだけ古代押しなのね。

 

 

 

くねくねした山林を登っていく。

 

 

 

 

公園部分ではランニングする人とか、子供たちとか。

 

 

これが大塚遺跡。まんまムラ。

 

 

 

弥生時代といえば環濠集落。

その溝である。

 

 

 

発掘調査の跡を放置したもの。

穴のところには柱が立ってた。

奥に付いてる細いのは、通路らしい。

 

 

 

オーソドックスな竪穴住居。

 

 

 

まっくら。

けっこう涼しい。

 

 

 

難易度の高い階段である。

 

 

 

 

もしものときの消火器。

藁もえてるときに、ここまで取りに来るのキツイ気がするが。

 

 

 

 

 

 

 

おなじみの高床式倉庫。

いうほど高くないね。

 

 

 

こちらもおなじみのネズミ返し。

これくらいなら登ってこないかなぁ。

 

 

あといっぱい竪穴住居あったけど、中身ほぼ一緒だから見なくていいか。

 

 

なぜ使用禁止なのだろう?

 

大塚遺跡おしまい。

 

 

 

もう一つは歳勝土遺跡。

 

 

 

こちらは大塚遺跡の住人たちのものと思われる、墓地である。

大塚遺跡と違って住居とか立ってないけど、べつに復元する金が無いとかではなくて、墓だからである。

 

 

 

真ん中にあるのはベンチではなくて、墓である。

方墳部分の断面図的な展示らしい。

方墳の真ん中に四角い凹みがあって、そこに棺桶いれてましたってこと。

 

 

 

 

で、遺跡から出てくると目に入ってくるのが、このゴリラ。

「都筑まもる君」とかいう名前だったと思う、確か。

 

 

 

守るというより、交通違反者かたっぱしから粉砕しそうな構えである。

まぁ近くに墓あるからいいのか(不謹慎)

 

 

以上

 

【交通手段】センター北駅から徒歩5分

【入館料】400円(博物館の常設展。遺跡は無料。)

【滞在時間】1時間15分

【土日の混雑度】博物館 ★★★(写真撮るとインカメされる)

        遺跡  ★★(他に2~3人)

【URL】

www.rekihaku.city.yokohama.jp

 

 

徳富蘇峰記念館

 

徳富蘇峰記念館は、ジャーナリストの先駆け的存在でありながらA級戦犯容疑者でもある徳富蘇峰を記念する博物館である。

 

 

 

 

 

 

二宮駅から、閑静な住宅街を1kmほど歩く。

 

 

 

近くまで行くと、ところどころに案内看板が。

 

 

 

到着。

 

 

 

そもそも徳富蘇峰って誰?ということだが、

明治のジャーナリズム勃興の時代に、20代にして『国民新聞』(今の東京新聞)を始め幾つかの雑誌を創刊。

坂の上の雲』の時代である。

 

 

 

当初は平民からの視点で報道していたが、日清戦争後の三国干渉で日本国の力の無さに悲憤し、国粋主義に転じていった。

戦前にあっては政権寄り、戦時中は軍部と結んで軍国主義の思想を喧伝し、この時代の言論の中心を成した一人といえる。

 

ばりばり左傾化してる今日の東京新聞と全く違うのは、この時代の反動からだろうか。

 

 

 

そんなわけで大戦が終わった後は、「いろいろ搔きまわしてくれたな」とGHQからA級戦犯容疑を掛けられる。まぁ高齢ってこともあって不起訴になったから、A級戦犯にはなっていない。

 

ただそのあとは病気もあり、表立った活動はなく、熱海に移って静かに執筆活動に勤しむこととなる。

 

 

 

門を抜けていくと、いきなり無機質な巨大施設が登場して面食らう。

 

 

 

 

ぽつんと佇む入口。

 

 

 

 

 

いきなりドアを開けようとしてはいけない、カギかかってるから。

チャイムを押して、中の人にあけてもらう。

 

 

 

 

記念館は1階の常設展と2階の企画展。

撮影可能。

 

 

 

徳富蘇峰先生のお写真。

 

 

 

 

まずは蘇峰の紹介ビデオを鑑賞。

20分くらい。

 

 

 

 

つよそう(こなみ)

 

 

 

常設展の展示品は、半分近くが蘇峰の蔵書であり、あとはその他所持品。

蔵書は付箋だらけである。

 

 

 

作家の徳富蘆花実弟である。

なんか仲悪かったらしいが、その後和解して、全集までそろえちゃった。

 

 

 

あと徳富蘇峰といえば、『近世日本国民史』。

戦前の56歳の時から書き始め、晩年の90歳で完成させ、全100巻。

読む方の身にもなってくれというレベルの大著である。

 

 

 

2階は企画展で、蘇峰の友人たちからの手紙や贈り物など。

 

 

 

 

戦前の論壇を沸かせた人物として、さすがに交友関係がめっちゃ広い。

この記念館には蘇峰宛ての手紙4万通以上が保管されているとのこと。

そんな大量の手紙、生前はどこにしまっていたのだろう。

 

 

 

読売新聞社長として有名な正力松太郎による書。

 

 

 

すっかりイメージがハードゲイになってしまった同志社に在学していたけど、学生運動のごちゃごちゃで中退している。

それでも記念式典に出席しているのは、大学の創設者である新島襄を深く尊敬していたからだと思われる。

 

 

 

 

ちなみに、この記念館は二宮にあるけど、徳富蘇峰は別に二宮に住んでたわけじゃないらしい。

蘇峰の秘書をやっていた塩崎彦市氏が、蘇峰から大量の遺品を預かっており、それを自身の邸内に展示したとのこと。

 

 

 

蘇峰の記念館は、ここを含め全国で6か所ある。

記念しすぎである。

凄まじい影響力だな。

 

 

 

2013年には、くまモンも来館している。(写真は記念館HPから)

彼は熊本に関係なくどこにでも出てきてしまうので「またかよ」感があるが、

蘇峰は熊本出身なので、今回は的を得ている。

 

 

 

あと敷地内には梅園もあって、「神奈川花の名所100選」に選ばれている。

ひょっとしたら記念館よりこっちの方が有名なのかもしれない。

 

 

でも入館料700円はちょっと高いよなー

 

以上

 

 

 

【交通手段】二宮駅から徒歩15分

【入館料】700円

【滞在時間】40分

 【混雑度】★(だれもいない)

【URL】

www.soho-tokutomi.or.jp

 

広告を非表示にする

相模原市立博物館

 

相模原市立博物館は、宇宙大好き相模原市が良く分かる博物館である。

 

 

 

宇宙科学研究所の対面にある。

淵野辺駅から徒歩15分程度。

 

 

 

 

やたらめったら木が生えていて、もはや埋もれている。

 

 

 

 

 

プラネタリウムが館内に備わっているのが特徴。

天体を紹介する番組がそこでは上映されており、作品数も季節で替わりつつ常時4種類くらいあるようだ。

他に、映画館の10倍ほどの大きさのスクリーンで映し出し、ストーリー性もある「全天周映画」も。

これらが500円で見られるっていうので、お金持ってるんだな相模原市という感じがする。

 

 

 

しかし県央部あたりの自治体は片っ端から、いきものがかり人気に乗っかっている感がある。

 

 

 

 

 

常設展は無料。

 

 

 

 

これが相模原のゆるキャラ「さがみん」

ゆるキャラグランプリでは語尾に「ミン」をつけて話すキャラだったが、ここでは特にその設定はない模様。

 

 

 

 

だいたいどの郷土資料館も、最初は古代史から入ってくる。

というので、マンモスっぽい骸骨の掲示。

 

 

 

ありふれたマンモスよりも、端っこに置かれていたこっちのシカの方がインパクトある気がする。

角、怖え。

 

 

 

古代や地質・土器については1部屋以上使うなど、かなり真剣に扱われているが、そのあと弥生~江戸までは1コーナーでまとめて終わるなど、メリハリはっきり。

 

 

 

 

土器については、ホログラムまで作り出す念の入れ方である。

 

 

 

平安や鎌倉は一瞬で飛ばされて、江戸で停車。

 

 

 

 

 

当時の小屋を2つ再現し、農具展示ゾーンも設けるなど気合の入れようである。

たぶん平安や鎌倉時代の遺構や化石があんまない一方で、江戸と縄文時代のはいっぱい見つかったのだろう。

 

 

 

修正する前は、何が書かれていたのだろう。

 

 

 

 

 

 

江戸時代を抜けると、とつぜん大自然ゾーンである。

けっこう巨大なジオラマでびっくりする。

 

 

 

キノコの展示がなぜかやたらあった。

気持ち悪くてイイ感じ。

 

 

 

続いては昭和時代の展示である。

あれ、明治は?

 

 

 

相模原市周辺は陸軍に収容されており、現在も相模原駅前に米軍施設があるわけだが、そんなんで日本軍の所持品も埋まっていた模様。

上は工具箱で、下は弾薬箱。

 

 

 

 

都心に近いってこともあって人口は増えていき、商業も発展。

でも肥料おおすぎだな。

 

 

 

 

昭和の家財を見て、おしまい。

 

 

 

展示室を抜けた中庭。

入り口からどこもかしこもグリーングリーンな博物館だ。

 

 

 

 

となりに宇宙科学研究所があるから、宇宙関係の展示もあるけど、ほとんどお隣さんと被ってるんだよなぁ。

 

 

 

この辺はもはや食傷気味である。

 

 

 

 

 

そしていきなり蚕の飼育所。

たしかに養蚕で発展した街だと展示してあったが、リアルに蚕飼ってるとは。

右上のでかいやつはかなりグニグニ動いてて、きも面白かった。

 

こんな小さなケースの中じゃきついだろうなぁ。

でも土の中でも、そんながんがん動くわけでもないか。

 

 

 

大半の宇宙展示物が宇宙科学研究所と被る中で、こちらにしか無いのが、この宇宙食である。

500円~、チキンライスやたこ焼き、さらにショートケーキまである。

 

どれにしようか迷ったけど、迷いすぎて面倒になって買いませんでした。

めんごめんご。

 

 

他のお客さんは、子供連れ率が高かった。

おそらく隣の宇宙科学研究所からついでに来たと思われる人や、プラネタリウム目当ての人がいたのかな。

いずれにしろ、館内を子供たちが元気よく走り回って親御さんに注意される様は、宇宙科学研究所と同じ風景である。

 

 

以上。

 

 

 

【交通手段】淵野辺駅から徒歩15分

【滞在時間】30分

【土日の混雑度】★★★(写真撮ると他人が映り込む)

【入場料】無料。プラネタリウムは別料金。

【URL】相模原市立博物館

 

 

 

広告を非表示にする

宇宙科学研究所

 

相模原市にある宇宙科学研究所宇宙研)は、JAXAの組織として宇宙研究を行う機関である。

 

 

 

 

組織時代は1964年に東大の宇宙航空研究所として始まり、相模原に移転したのは1989年のこと。

2003年にJAXAの一機関として改組され、大学と連携のもと宇宙研究・衛星等の開発打ち上げまで行っているようだ。

 

 

 

 

 

入り口手前の守衛所で入館証をもらう。

見学は無料。

 

 

 

 

敷地自体は広大だが、見学者が入れるのは一部のみ。

この建物が研究棟で、1階部分が見学コーナーになっている。

 

 

 

左手には職員用の宿泊所・食堂があり、平日であれば見学者も食堂を利用できるようだ。

 

 

 

 

さっそく入館しましょう

 

 

 

 

 

入り口の左側が見学コーナー。

 

 

 

 

右側は研究棟として立ち入り禁止。

 

 

まず目立つのが、惑星探査機として世間をにぎわせた「はやぶさ」。

逆光で見えづらくなってしまったが。

 

 

 

宇宙に関する知識がまったく無いので、Wikipediaで調べた程度なのだが。

はやぶさ」は小惑星イトカワを観測・試料採取する探査機として2003年に打ち上げられ、2010年まで運用された。

 

 

 

 

これが小惑星イトカワ

ナメコみたいな形であり、形状が判明したときに科学者たちもビビったんだとか。

ちなみに名前は日本のロケットの父である糸川英夫氏から取られているが、別に糸川さんが発見したわけではない。

 

 

 

 

はやぶさ自体は実験機としての扱いであり、このイオンエンジンの搭載だとか・・

 

 

 

採取した試料をカプセルに入れて、大気圏突入させて地球に送るなど、世界的に前例のないことをやってのけたそうだ。

なおカプセルは無事生還して貴重な資料は得られた一方、はやぶさ自体は大気圏突入時に燃え尽きて最期を迎えた(涙)

 

 

 

 

はやぶさを組み立てたときに使われた台車。

実物とのこと。

 

 

 

 

はやぶさが2010年に結果を残してから4年後の2014年に、その後継機である「はやぶさ2」が運用開始。

はやぶさ2計画については早期から存在したが、JAXA内での予算紛争や、民主党による仕分けのため、当初は計画挫折に向かっていたらしい。

 

しかしはやぶさの成功で一気に世論が沸き立ったので、それに乗っかってはやぶさ2の予算が付いたんだと。

民主党による熱い手のひら返しに対し、読売新聞は「それってどうなの」と疑問を呈したようだが、まぁはやぶさ開発チームにとっては良かったね、という話。

 

 

 

 

これは、はやぶさ2との通信画面。

波打ってるので、大丈夫そうですね(こなみ)

 

 

 

 

展示品は、基本は探査機or人工衛星だった。

これは太陽光を拾って機械を動かすというイカロス君。

 

 

 

月面観測機の「かぐや」。2009年まで運用されていた。

クレーターや月の裏側を観測したらしい。

月の裏側では重力異常が起こってるらしいが、なにそれこわい。

 

 

 

かぐやは月面着陸まではしなかったので、計画されている次号機ではこの月面着陸ロボを搭載し、さらに詳細に調査するようだ。

カニとかクモっぽいな。

 

 

 

この「あかり」は、電波天文衛星。

赤外線をもって天体を広くスキャンするように写し取り、5年にわたって膨大なデータを取得し続けた。

 

 

 

こちらの「はるか」も8年にわたり、宇宙空間の電波を観測し続けた。

当初は3年で寿命のはずだったが、8年にもわたって運用され、まさにはるかに(以下略)

 

 

 

宇宙研ではできる限り本物にこだわって展示しているようだ。

でも「触れると良くありません」とは、やんわりとしながら痛烈な拒絶ワードである。

 

 

 

 

オーロラを観測するのに運用中の「れいめい」。

これも試験モデルとはいえ、ガラスケースもなしに展示できるとは。

 

 

 

狭いスペースに、これでもかというくらい衛星がドガドガおかれている。

カラフルなので、ぱっとみゲーセンに見えなくもない。

 

 

 

ノーズフェアリング自体が分からないんですが。。

 

 

 

 

日本における初代衛星の「おおすみ」の部品。

なお、おおすみは打ち上げ翌日に通信不能になり、そのまま終わったと知って、失礼ながら笑ってしまった。

 

 

 

こんな感じで衛星や探査機など、人の乗らない機械ばかりであるので、他に置き場のない宇宙服である。

 

 

 

 

映像コーナーもあります。

 

館内についてはおしまい。

 

 

 

外に展示してあるのは、衛星を打ち上げる際に使われるロケットである。

でかい。

 

 

 

Wikipediaの情報を切り貼りするばかりの文章になったので、ここらで終わり。

 

展示品がら、ほとんど子供連れだったと思う。

で、あまりスペースが無い中を子供たちが元気に動き回るものだから、展示品と子供たちにぶつからないよう立ち回るのが結構忙しかった(笑)

 

しかし「れいめい」の試験モデルにぶつかって壊したらどうなるんだろうね。

数百万じゃ済まない気がするけど。

 

 

以上

 

 

【交通手段】淵野辺駅から徒歩15分

【入館料】無料

【滞在時間】30分

【土日の混雑度】★★★(写真撮ると他人が映り込む)

【URL】

www.isas.jaxa.jp

広告を非表示にする

観音崎自然博物館

 

観音崎自然博物館は、観音崎の自然と動植物を片っ端から紹介する博物館である。

 

 

 

 

京急バスに乗って終点の観音崎で降り、徒歩10分程度。

トンネルをくぐり、

 

 

 

坂道を下り

 

 

これである。

 

見るからに昭和の行政施設という感じがして、わくわくする。

 

 

 

受付で入館料を支払い、入場。

館内はフラッシュを焚かなければ撮影可能。

 

 

 

まずは観音崎の植物コーナー

本物を置いているようで、植物の匂いがすごい漂ってくる。

 

 

 

となりにあるのは昆虫コーナー

 

 

特に説明もなく置かれているハチの巣。

 

 

 

生き物も普通に飼育されている。

 

 

 

 

ここからは海洋生物。

養殖漁業の方法などが詳細に掲示されているが、細かすぎるので本気で読んでると、退館まで数時間かかりそう。

 

 

 

突然あらわれるイカのホルマリン漬け?

目がすごい不気味だし、一番右とかでかくなりすぎて怖い。

 

 

 

タイも漬物になっている。美白。

 

 

 

動物ゾーンでは、ペット色々。

最後のカメは、箱のガラスに甲羅ガンガン当ててて、常にその音が響いてた。

 

 

 

熊とかワニも登場。

なんでもありだな。

 

 

 

いきなり脳が出てきてびっくりする。

 

 

 

文字がすごいチープで、昭和っぽさを感じる。

 

 

 

 

突然の暗闇ゾーン

 

 

 

深海ゾーンだった。

この巨大ガニはボス戦で出てくる気がする。

 

 

水族館要素もあり。

ほんとにいろいろあるな。

 

 

 

でもやっぱりホルマリン漬けは好きらしい。

 

 

最後は船ゾーンでおしまい。

 

 

というわけで展示の種類がやたら豊富なうえに、普通に生き物が動いているので軽い動物園や水族館要素も楽しめたのであった。

観音崎では遊泳客が多いけど、ここは空いてるし。

なにより昭和っぽい建物がイイネ

 

以上

 

 

【交通手段】横須賀駅京急大津駅等から京急バス観音崎」行。終点「観音崎」から徒歩10分

【入館料】400円

【滞在時間】30分

【土日の混雑度】★★(他に数名)

【URL】観音崎自然博物館(横須賀市)

 

 

 

広告を非表示にする

信楽寺 坂本龍馬の妻おりょうの墓

 

横須賀市にある信楽寺(しんぎょうじ)の墓地には、坂本龍馬の妻であった楢崎龍が埋葬されている。

 

 

 

 

 

最寄りは京急大津駅

 

「龍馬は土佐なのに、なぜ妻は横須賀?」という話だが、

龍馬死後のおりょうは土佐や京都では居場所が無く、関東に来て呉服商の西村松兵衛と再婚した。性格が悪いので追い出されて関東に移ったという話があるが、真偽不明らしい。

 

 

 

 

再婚先の西村家もそのあとで事業失敗したのか、晩年は夫婦で貧乏長屋暮らしをしていたとのこと。

そこへ、旦那をなくして未亡人になっていたおりょうの妹が移り住んできたのだが、西村松兵衛とその妹がデキてしまい、おりょうを残して2人で出奔しよったんだと。

悲しいなぁ(小並)

 

詳しくはこち

楢崎龍 - Wikipedia

 

 

 

開いているのか分からない商店街を抜けていく。

 

 

 

とりあえず横須賀市も「おりょうの街」として売ってはいて、おりょうを忍ぶ祭りも秋に催されている模様。

 

 

 

いきなり現れる看板

 

 

 

 

住宅街を抜けて到達。

 

 

 

 

 

 

 

入って右が境内、左が墓地。

 

 

 

変わった賽銭箱だな

 

 

 

見返りに何かくれるのだろうか

 

 

 

 

おりょうの墓は最奥の高台にあるので見つけやすい。

 

 

 

埋葬後しばらくは、この墓碑はなかったらしいが、

龍馬のかつての知人・関係者らで資金を集めて建立したとのこと。

 

 

亡くなった時は西村姓であったはずだが、先述の通り西村さんに出奔されておるので、あくまで「坂本龍馬」の妻である。

 

 

 

 

掲示板ひび割れまくってますが・・

 

 

 

 

墓地のすぐ上は崖である。

こういうところが横須賀っぽい。

 

 

 

 

ちなみに駅前の行政センターは移転して、廃墟となっていた。

 

 

以上

 

【交通手段】京急大津駅から徒歩10分

【入場料】無料

【滞在時間】10分

【土日の混雑度】★(だれもいない)

【URL】13.信楽寺(浄土宗)・坂本龍馬の妻龍子の墓|横須賀市

 

 

澤田美喜記念館

 

澤田美喜記念館は、その名の通り、澤田美喜さんと彼女のコレクションを記念する館である。

ここ、すごい面白かった。

 

 

 

 

そもそも澤田美喜って誰?」ということであるが、

この人は三菱の創業者である岩崎弥太郎の孫娘にあたる。

クリスチャンの外交官と結婚したことでキリスト教に改宗し、海外生活をしていた際に訪問した孤児院の活動に感銘を受け、自らも国内で1948年から孤児院の経営を行った。

 

 

 

 

孤児の多くは、進駐軍と日本人女性の間に生まれながら放置された「GIベビー」であり、孤児院は周辺住民だけでなく日本政府・進駐軍からも当初は冷遇されて、経営は窮乏していたそうだ。

それでも澤田さんの頑張りにより、1955年には昭和天皇も来園されるなど、活動は実を結んでいった。

1958年には、NHK紅白歌合戦の審査員にも選ばれている。

 

 

 

 

その孤児院からはじまったのが、この入り口右手の「エリザベス・サンダース・ホーム」で、敷地内には学校も建つ。

記念館に行くには入って左手に進むのだが、間違えて右手に行くと警備員さんから怖い目で見られるので気を付けないといけない。

 

 

 

階段をのぼっていく。

 

 

けっこう険しい(大汗)

 

 

 

 

そしてどかんと現れるのが記念館。

こんな形をしているのは、ノアの箱舟をイメージしたんだと。

 

 

 

 

玄関への手すりが十字架だらけでびっくりする。

 

 

 

 

館内は澤田美喜さんについての展示というより、この人が持っていた隠れキリシタングッズが殆どだった。

 

 

 

まずは有名な踏み絵。

もともとは信者から没収したキリスト系グッズをもとに、右上のような紙に絵を描いて、それを踏ませていたらしい。

だが紙だとすぐぼろぼろになるので、その後は教科書で見られるように、十字架を板にはめ込んでそれを踏ませることにしたようだ。

 

 

 

 

隠れキリシタングッズはかなり面白い。

続いては、剣の鍔である。

禁教がされる前の鍔は、このように堂々と十字架をあしらったものになっているが

 

 

 

禁教後は十字架要素はなくなっている。

しかし写真だと見づらいのだが、鍔の中に人が描かれていて、その人の胸のあたりに小さく十字架が金で刻まれている。

こんな風に、目を凝らさないと分からない範囲で、十字架をこっそり書き込んでいる。

 

 

 

 

 

こちらは、正面から見るとただの地蔵だが

 

 

 

背中にはおもいっきり十字架。

仏壇とかに置いとけば、この背中を見られることはないからね。

 

 

 

 

その発展形が、この観音像である。

テレビのリモコンみたく背中が外れ、中に十字架をしまい込む。

匠もびっくりの荒技である。

 

 

 

 

極めつけはこれ。

家康の像なのだが、なんと首が着脱可能で、その首の下に十字架が彫ってある。

禁教令を出した家康自身の首に描くこと自体がすさまじいアイロニーであるし、像とは言え家康の首を引っこ抜いたら幕府の武士たちも首チョンパである。

まさに灯台下暗し。

 

 

 

紹介するとキリがないほど、隠れキリシタングッズがあった。

というか、よくこれだけ集められたな、澤田女史。

 

 

十字架グッズもすさまじい量である。

 

 

 

東方の三賢者とおぼわしき像。

ロウソク台になっちゃってるけど、いいのだろうか。

 

 

あと、期間限定で展示されているのは、魔鏡。

見た目は普通の鏡なんだけれど、光に反射させてみると像が浮かび上がって、あら不思議というもの。(上の写真は鏡の裏面で、表面は普通の鏡になってる)

京極夏彦京極堂シリーズで題材にされてたけど、実物をみれるとは思わんかった。

 

 

 

 

魔鏡に光を当てると、こういう像が浮かび上がる。

仕掛けを書くと長くなるので、Wikipediaをご参照ください(笑)

魔鏡 - Wikipedia

 

見た目は普通の鏡なので、幕府の武士たちもまさかキリシタングッズとは気づかないだろう。

こうまでして信仰心を守る隠れキリシタン、壮絶である。

 

 

 

ちなみに澤田美喜さんの経歴については、配布資料のように束になって部屋の隅に置かれている。

各自みといてくださいねーって感じ。

まぁ澤田美喜記念館というより、澤田美喜さんの隠れキリシタングッズ資料館になっているからね、仕方ないね。

 

 

 

2階部分は礼拝堂。でおしまい。

 

 

 

というわけで、思わぬ収穫を得られるマイナー資料館の鑑、といった場所であった。

あと(ほかに客がいなかったからだと思うけど)、スタッフさんが展示品について丁寧に解説してくれたのがありがたかったな。

大磯駅前にあるので、この駅で降りる際はぜひ寄って行ってもらいたい場所である。

 

以上

 

 

【交通手段】大磯駅から徒歩2分

【入館料】500円

【混雑度】★(だれもいない)

【URL】澤田美喜記念館

 

 

広告を非表示にする